ミニ体験談「実家の水神様の祀り跡を供養する事で子供の性的悩みも解消!」をアップ!

御教え集18号 昭和28年1月3日 ① (「二十八」の数字)

今年は二十八年ですが、「二十八」というのは数字から言っても大変いいのです。終戦になったのが昭和二十年ですが、この「二十」という数字は今までにも沢山ありましたが、特に良いという事は「昭和」という年号に対して、その文字に対しての二十というのが大変大きな意味になるのです。「昭」というのは日偏に召すという字ですが、この「召す」という事は「しろしめす」という意味になります。「しろしめす」という事は「統治する」という事です。よく何神様が世の中を統治遊ばされる、しろしめされる、と言います。天皇などの場合も、天皇がしろしめすと言いますが、そこで「日偏に召す」ですから、「日がしろしめす」という事になります。それは昼間がしろしめすという事です。それで昭和の時代に昼間がしろしめすという事です。それで「和」は「輪」で、「世界」ですから、昼間の世界という事です。それで「二」というのは「天地」で、「十」は「結ばる」という事です。それで霊体の結び、経緯の結びというわけです。ですから「二十」という数字は非常にいいのです。それから「十」は「経緯」です。それで十がもう一つ重なると井の字になりますが、この「井」の字がやはり二十と同じ意味になります。この「井」の字は「経綸」という事です。ですから姓名に、今井とか村井と井の字がつくのがよくありますが、そういった経綸の場合に井の字がよく使われているものなのです。そこで言霊から言っても、「井」の字と、片假名の「イ」もやはりそれと同じ意味です。この「イ」というのは「人」という事です。ですから「人」というのは霊と体ですから、やはりそういう意味になります。それで二十の五、六、七が済んで、つまりミロクが済んで今年から「八」で、いよいよ開くという意味です。ミロクの経綸が開くという意味ですから、今年から非常にいいわけです。それで又昼の世界がいよいよ開けるという時にもなるのです。そういう形になりつつあります。

それでこの「八」という字を解釈してみると、「八」は「八百万(ヤオヨロズ)」とかと、そういう意味の事によく言われますが、「富士山」の形になるのです。富士山は八の字の形です。ですから富士山は一名「八スの山」と言うのです。「八ス」という事は「ハス」という事です。つまり仏教的に言うと、「八ス」は「蓮の花」になります。それで、蓮の花は蓮華台という事です。蓮華台というのは、一番貴い山です。よく仏像などが立ったり、あぐらをかいたりしているのに、下に蓮の花があります。観音様の絵などにも、蓮の花の上に立たれているのがよくありますが、そういう様で蓮という事は非常に貴い神仏が乗られるという意味なのです。ですから富士山には兄の花咲爺姫がお祀りしてあるという事は、兄の花咲爺姫は観音様ですから、富士山は観音様の蓮華台という事になります。そういう様ですから「八ス」という事は蓮華台が出来るという事にもなります。とに角一番強い意味は開くという事です。又「八」は「ハ」で、「ハ」というのは「発する」という事で、開けるから、今年からそういう形になっていくわけです。

   二十ふたそ廻り 五六七ごうろくしちの年を経へて 開けゆくらめ八字はちじの姿に

タイトルとURLをコピーしました