御教え集31号 昭和二十九年二月四日 立春祭御教え (人間が善とか悪とか決めるのは大変な間違い)

    二月四日(立春祭御教え)                                         

      今日は立春と共に旧の正月の元日になるそうです。何時も、立春というが、早いように思うのです。とに角今年は大いに意味があるのです。まだ発表はできませんが、 昨日、今日素晴しい事があったのです。いずれ話をしますが、それは神様の型です。

     それで、非常に目出度い事なのです。というのは、節分というものは“福は内、鬼は外”で、鬼の災いを避(ヨ)けるという、昔からの行事があるのです。そのために方々の神社仏閣で豆まきをやるのです。ところでこれは、前にも話した事がありますが、あべこべなのです。鬼というのは偉い神様なのです。艮の金神国常立尊という神様です。今日の御讃歌にも「常立の神」というのがありましたが、国常立尊の事を略して常立の神と詠(ヨ)んだのです。それからもう一つ「艮の神」という事も入れてありました。そういうようで、つまり事の起り始めは、これは神代となってますが、神代ではないのです。そう古いことでもないのです。尤も三千年という事になってますから、三千年前はやっぱり人間の世界です。この国常立尊という神様が世界的に支配していた時代があったのです。ところが非常に厳格な神様で、間違った事は許さないというために――大本教のお筆先などを見ると分りますが――つまりあまり厳しいので八百万の神様がとてもやりきれないというので、こういう喧(ヤカ)ましい神様は押込めなければ楽はできないというわけで、押込められたわけです。押込めた方の神様は天若彦神というのです。これはよく天邪鬼(アマノジヤク)と言いますが、天若彦というそれを後世天邪鬼と言って、つまり素直でない、何んでも横車を押すという性格の神様です。それで国常立尊という神様を、艮(東北)に押込めたのです。そこでそれを鬼門と言って忌(イ)み嫌(キラ)ったのです。尤も忌み嫌うわけです。人間の方が間違った事をすれば、そういう喧ましい神様を嫌うわけですから、どうしてもそうなるわけです。そうして鬼門除けと言って、いろんな事をやったのです。そういうわけで、三千年押込められたとしてあります。そうしてその神様が明治二十五年に大本教の教祖の出口直子という方に憑られて非常に怒鳴ったのです。出口直子刀自の口を借りて怒鳴ったのです。その第一声が「三千世界一度に開く梅の花、艮の金神の世になりたぞよ。梅で開いて松で治める神国になりたぞよ。日本は神国。この世は神がかまわなゆけぬ世であるぞよ。竹は外国であるぞよ」というそれが最初の獅子吼(シシク)です。それで、大きな声をして怒鳴るので、気違い扱いにされて警察に引張られて、二十日か三十日間勾留されたのです。それが大本教の始まりなのです。その艮の金神という神様は、押込められて肉体の方は無くなりましたが、霊は霊界に行かれて閻魔大王になるのです。それで閻魔大王というのは、善悪、罪穢れを裁く神様、裁く御役目です。閻魔大王というと非常に恐ろしがられたのです。それが、本当は至正至直(シセイシチヨク)の神様ですから、そこで霊界に行っても、悪い人間が見ると恐ろしい顔に見えるのです。これは霊がそういう事を言ってました。それから心の善い人がゆくと非常に柔和な慕わしい優しい神様のお顔に見えるのです。これは面白いです。というわけで、そこで大本教のお筆先に「艮の金神はこの世の閻魔と現われるぞよ」とありますが、“この世の閻魔”という事は、現界の審判をなされるという事です。今までは霊界の、死んだ人を審判されたが、今度は現界で生きた人間を審判される。“この世に現われて”というのですから、現界に現われて審判をするというわけです。「今までは蔭の守護でありたが、今度は表の守護になるぞよ」とありますが、凡て現界的になるわけです。では、それは何時かと言いますと、大体明治二十五年のは、霊界から現界に、つまり一段近寄ったわけです。霊界でも三段になっていまして、一段ずつだんだんと近寄って来るのです。それでいよいよ最後の段を済まして直接現界に現われるというのが今日からなのです。そうすると、今日は最後の審判の初日というわけです。恐ろしいですが、しかしそれはこっちに邪念があったり曇りがあったりすると怖いので、そうでなくてこっちが本当に正しく立派な心を持って居れば有難いのです。今まで悪い奴にいじめられたりしていた、それがいじめられなくなるから、善い人間には非常に結構です。それから「今度は善悪を立分けるぞよ」とありますが、これは私は始終書いてます。最近いろんな汚職事件が目茶々々(メチヤメチヤ)に現われて来ました。よくもそういった不正事件が出るという事は、今までに例がないように思います。これもいわゆる審判が近寄ったという事を現わしていると思います。それで、艮の金神様が表に現われるという事は、艮の金神様は火の系統の神様ですから、そこで非常に光が強いのです。やっぱり霊界が明かるくなるのです。だから今まで隠(カク)していたり隠蔽(インペイ)していたものが現われるのです。目に見えるわけです。そこでいろんなそういう事が出て来るのです。それから今年から又一段と病気が多くなります。それと共に薬毒がだんだんはっきりして来るわけです。以前も言ったとおり、恐怖時代の一歩に入ったわけでもあります。そうなると救世教というものの発展が著しくなり、大いに発展するわけです。

    その段階に入って来たわけなのですから、大いに働き甲斐(ガイ)があるわけです。今まで押えつけられていたのが、その押えつける力が弱るわけです。今まで十回も二十回も話をしなくては分らなかったのが、今度は五、六回で分るというような意味になるわけです。そうかといって、神様の事は急に目に見えるようには現われないものなのです。つまり何んとなくジリジリジリジリ進んで行くわけです。今年、来年、再来年というように、年々早くもなるし、それからはっきりもして来るのです。とに角今年から神様が表になったという事は確かなのですからして、そこで救世教というものは今年から世界的に非常に知れてゆくわけです。言わば、いよいよ舞台に上ったわけです。今までは楽屋でいろいろ支度していたのが、いよいよ支度ができたので桧舞台に上るという事になるわけです。やっぱり芝居と同じですから、序幕です。これはお筆先にありますが、「今度は三千世界の大芝居であるから、悪の役もあるし善の役もあるから」というのがあります。お筆先というのは実によく書いてあります。というのは、今まで随分教団の邪魔をしたり、いろいろ良からぬ人が入って来ました。ところがそういう人に“あいつは悪い奴だとか、あいつはいけない”とか言いながらも、結果においてはなかなか良い役をしてます。それは悪い人間でなければ出来ないような良い役をしてます。だから本当に御苦労様と礼を言いたいくらいです。これが丁度、今言った、善の役と悪の役と両方拵えてあるという事がはっきり分るのです。尤も芝居でも映画でも、ああいった脚本でも、善人ばかりでは芝居にならないので、悪人に善人が苦しめられるという、そこに一つの脚色ができるのですから、なるほど芝居という意味から見ると、悪の役も要り用だったわけです。そういうようで、神様がやられる事は実に深いです。ですから“あの人はああいう事をしているから悪い、間違っている”という事は、とても言えるものではないです。そう言っている人は、実はその人自身が悪い事をやっていて、悪い事を言われている人は良い事をやっているかもしれません。お筆先に「一生懸命、神のためと思い、間違うている事をしている人は、神も困るぞよ」というのがあります。“これが神様のためだ、これが本当だ”と言って一生懸命にやっている事が、案外神様のお邪魔になっているというわけです。そこで人間、特に信者は、善とか悪とか決める事は大変間違っているのです。又分るものではないのです。ただ、自分が良いと思う事をして居ればそれで良いので、人が善いとか悪いとか言う、それが一番危険なわけです。なにしろ世界人類を救うというのですから、開闢(カイビヤク)以来ない大きな仕事なのです。お筆先に「大きな器には大きな影がさす。だから器が大きくなければ神の仕事はできんぞよ」というのがあります。余程大きな器で、要するに大局的に見るというわけです。“大乗の善は小乗の悪であり、小乗の善は大乗の悪である”という事は何事にもあります。私はこの間も書いて、栄光に出ていると思いますが、日本の忠君愛国の、天皇のため日本のためという事が実は悪なのだから、日本のため陛下のためのみを思うから大東亜戦争のようなものを起こしたのです。その“ため”と思った結果、朝鮮も支那も、方々の国も、みんな酷い目に遭うわけです。そうしてみると、我欲、自己愛という結果になります。だから世界人類のためという事が本当なのです。私は最初から忠君愛国的の事は全然言わなかったのです。どうしてもそれでは結局悪なのです。そこで世界人類というところに目標をおけば、これは本当に正しい事なのです。この小乗的考え方が非常に難かしいのです。そこで、神様のために一生懸命になっていて実はお邪魔をしているという事は、やはり小乗的のためなのです。自分の小乗的頭で考えると、それはどうもいけなくなるのです。ところが大乗的というのは、要するに結果です。一人でも多くの人を仕合せにするというところに目標をおけば、別に難かしい事はないので、分るわけです。自分の家族の者でも、亭主とか女房とか親父とか娘とか伜とかが、どうも神様の事が分らない、何時も反対して困るという事は、或る程度は分らせたいと思ってもよいが、あんまりそれに固執(コシツ)するという事は、やはり小乗的考えです。それよりか、他人、世間の人間を多く分らせたいと思う事が本当です。そうして他人を一人でも多く救えば、その酬(ムク)いが自分に来るからして、自分の家族でも何んでも分るというわけです。よくお蔭話に“どうも自分の伜が分らない”とか、そういうような事がありますが、これはまだ本当の線に入ってないのです。だから自分の家族などは神様に御任せしておくのです。そうして何処までも世間一般の人を一人でも多く分らせなければならないという事です。それもこれも、その人によって分る時節がありますから、或る程度までは一生懸命にやっても、その先は神様に御任せするというようにしておれば、かえって結果がよいので、早く分ります。そこで、こういう事があるのです。今言ったとおり、艮の金神様を押込める方の総大将が天若彦尊とすると、天若彦尊という神様は天邪鬼的で、非常に素直でないのです。いわゆるケツ曲りで、何んでも曲るのです。それで、その一派がずっと世界を支配して来たからして、人間の心というものが、みんなそういうふうに歪(ユガ)んで来たのです。だから、どうも逆になるのです。良いと言って奨められると、ちょっとあべこべになって、“あんまり奨めるから……そんなしつこく言わなくても、オレだって分らない事はない”と言って、逆に変に反対になるのです。そういう癖が非常にあるのです。特に日本人には多いです。という事は天若彦尊の系統が多いわけです。そこで、お筆先に「素直が一等であるぞよ」という事があります。というのは、あまりに人間が素直でないからです。いろんな事で聞いたり見たりしても、アメリカ人などは非常に素直です。だから一致するのです。日本人というのは、その点においては実に変ってます。アングロサクソンの方は、政党でも二つか三つしかありません。とに角政党でも宗教でも、何んでも日本が一番多いようですが、これは又実に、反対な、素直でない、一致しない、というのは、日本人の性格です。ところが日本人というのは霊的に見ると一番高いのです。一番優秀なのです。だから、浄霊をするにも――今に世界中の人を浄霊するようになるでしょうが――日本人が一番治ります。それは霊が一番強いですから……。そこで日本という国は、邪神の方では一番に狙うわけです。ですから日本人が良くなると世界中が良くなるのです。世界の種みたいなものです。それを今の人は知らないから、かえって白人の方が良いと思っているのです。女の人などはアメリカの兵隊とか、そういったアメリカの人に惚れるのです。日本の青年の方が軽蔑(ケイベツ)されているのです。今の若い女性は、アメリカ人に身を任すという事を非常に喜んでいるようです。というのは一つの崇拝です。あっちの人が偉い、上等だと思っているのです。ところがナンゾ知らん、日本人が一番上等なのです。そこで、艮の金神様のお筆先にそういう事を非常に残念だという事が、よくお筆先にあります。

    ですから霊的レベルは、日本人は地平線より上にあるのです。日本人以外は全部下なのです。ところが日本人があっちの人を崇拝すると、やっぱり下に落ちてしまいます。ですから、これも――艮の金神様という最高の神様が下に落ちて、枝の神様が上にのさばって好き勝手な事をしている――「神も残念であるぞよ」という御言葉があります。それはそういう意味なのです。それがとに角現界で三千年続いたのが、いよいよ表に現われるという、その機関が救世教です。そこで救世教が今年からいよいよ世界的に知れて来るわけです。これは神様はチャンとそういうふうな仕組になってますから、そうなる事は分ってます。それが、いよいよ今日がその初日になったわけですから、そのつもりで見ているとよく分るわけです。それで今年メシヤ会館が出来るという事は、その現界的に変化をする、転換するという事がピッタリ合うわけです。

    何時も言うとおり、熱海は体の方ですから、つまり現界的に現われるわけです。地上天国が、今年は会館と水晶殿、来年は美術館というように出来るという事は、とに角それからが本当に世界的に知れて来るわけです。日本から知れるのが本当ですが、なにしろ日本中が今まで外国崇拝になってますから、神様はそれを利用して、外国から先に分らせるという事になっているのです。お筆先に「燈台下は真暗がり、遠国から分りて来るぞよ」というのがあります。一言にして実によく……寸鉄殺人的に書かれたわけです。そういうようなわけで、いよいよこれから面白くなって来たというわけです。そうして、それについて、地上天国は、芸術が救いの一つの大きな役目をするわけですが、それはどういう訳かと言うと、地上天国が出来ますと、それは見物人が大変です。少なくとも日本人の半分以上は見に来るでしょう。この間のアメリカの新聞記者のグリリという人と、もう一人は名前は忘れましたが――観光事業の方を専門にしている人です――この人達の話では“アメリカに来ればどうしてもナイヤガラの瀑布を見なければならない。それと同じように、日本に来れば熱海の地上天国を見なければならないという事になる。岡田さんはそれほどには思っていないだろうけれども、確かに僕はそう断言する”と言っているそうです。ところが、私はそれ以上に思っているくらいです。そうすると皆見物に来ますが、その見物に来た人は霊的にはチャンと神様の方に結びつけられてしまうのです。そうしておいて、結びついた人の中にも色々な人がありますから――結びついた人は因縁のある人ですが、因縁のある人の中にも上中下があるわけですから――つまり結びついた人は救われる候補者になったわけです。選挙民の投票の札を貰ったようなわけで、政治に対する容喙権(ヨウカイケン)を得たわけです。ところが、なにしろ長い間に穢されてますから、その資格に落第する人があります。だからみんながみんな救われるわけではないが、まず或る数は救われるわけです。ですから、要するに地上天国というのは、神様のメンタルテストみたいなものです。そうして救われる人と救われない人との立て分けという意味もあるし、それから又見に来た人はみんなそこで或る程度霊は浄められますから、そこで救われる資格に、一つの印(シルシ)をつけられるわけです。だから神様はどうしても見なければならないような物を造られて、そうしてそういう方法をとられるという事は、実にうまいと思います。これが、宣伝ビラとか講演とかいろいろなものもあるのですが、一ぺんに多くの人を寄せたり、知らせたりするという事は到底できるものではないです。こういう素晴しい、見なければならないような物を造るという事は、実に何んとも言えない巧妙(コウミヨウ)な方法です。そう長く かかってもしようがないから、三年や五年の間に何千万人も来るだろうと思ってます。それほど評判になるわけです。それで、とに角これは、アメリカの新聞記者も言ってますが、今世界で私のやっている仕事ぐらいの大規模な有意義な事をやっている人はない、と言ってます。これは私は予期したとおりですが、とに角アメリカの人がそれだけ認める、発見したという事は偉いと思います。それは到底日本人などは足下にも寄りつけません。それで非常に期待して、出来たら大いに世界的に宣伝するという事を言っているのです。だから大いに張合(ハリアイ)があるわけです。けれども、神様の方から言うと何んでもない話で、着々とそういう品物を造られているわけなのです。今行って見ても、かなり大規模に素晴しいのですが、私の設計ではこれからまだまだずっと変ります。それは到底今見ただけでは想像がつかないくらいの立派なものになります。ですから話したところで、ちょっと想像がつかないから、話をしてもしようがないです。この間もグリリさんが何処かの大使館に行って話したそうですが、そういうのは是非研究したいというような事を聞いたそうです。“僕は何も言わない、とに角行って見る事だ、それより外に言う必要はない”と言っていたそうです。そういう工合で、全く私としても喋りようがないくらいなものです。なにしろ神様の計画はまだまだ到底想像がつかないくらいなもので、規模も大きいし、立派でもあります。それで来年は美術館の建築にかかりますが、美術館は箱根とは全然違う様式です。大体はコルビュジエ式ですが、その外に支那風の所と日本風の所も取入れる事になると思います。これはあんまりケバケバしくなくて、あんまり新しがらない、ごく落着いた、西洋の中世的の気分、感覚を大いに取入れる考えです。そうして無論三階建ですが、三階の特別室などは、とに角日本美術としての代表的のような物を並べます。それで、アメリカあたりの知名の士を随分連れて来る そうで、ロックフェラーなどにも話しているようです。これは先の話ですが、無論アメリカにもああいう物を造りたいと言うに違いないですから、そうしたら私はアメリカにも設計して造ってやろうと思ってます。行くのは面倒くさいから、図面と話でやろうと思ってます。そうして無論美術館も、最初はそうはゆかないでしょうが、最初はあっちの相当な美術館を、今出来ているのか、さもなければ拵えるかしますが、そうして東洋美術の世界的の宣伝を本式にやろうと思ってます。去年やったような、巡回展覧会で各地を廻ったのでも相当刺戟はしたようですが、あのくらいでは、なかなか本当の紹介にはならないです。昨日或る人――文化財保護委員会の役員をしており、京都の人です――が、日本画が殆んど油絵になってしまって、日本画というものが無くなってしまったという話からいろいろ話したのですが、それについて横山大観などが、大いに憤激して、東京の池の端に家を建てて、日本画の復活運動をやるというような事を言って、結局岡倉天心に返れというような意味を主にしてやるようです。それについて私は言ったのです。つまり日本画家、特に若い画家が油絵になってしまうという一番の原因は、東洋の良い物を見る機会がないからです。又見ようと思っても見る機関がないからです。ところが油絵の方は、どんな物でも見ようと思えば直ぐ見られるのです。そこでみんなパリーに行きたがります。パリーに行けば、昔からの有名な絵は直ぐに見られます。日本の展覧会でも、西洋の絵なら今直ぐにも見られます。ところが日本の良い絵とか、支那の絵は、見ようと思っても見られないのです。では、博物館はどうかというと、私は何時も国辱(コクジヨク)だというぐらいなものです。本当の日本画にしても支那画にしても、良い物はそれこそ一割もないくらいで、百分の一くらいなものです。外の美術館にはないし、個人の美術館があっても、みんな油絵です。ですからつまり見せなければいけないので、見せて初めて“これは良い物だ、これを真似したい”という意欲が起こります。ですからそういう物がないから、油絵の方に走ってしまうのだ。そこで、そういう良い物を見せるという、それを私はこれからやるつもりだ。と言ったら非常に共鳴して、“是非やってもらいたい”と言ってました。ですから今言う東洋美術の良い物を西洋に紹介すると共に、日本人に見せなければならないのです。そうでないと、日本画は無くなってしまいます。この間栄光に書きましたが、展覧会に行って、私は最初入った時に――油絵は何時も後にあって、最初は日本画だったのですが――今年は油絵の方を先にしたと思ったのです。それで連れの者に“今度陳列が変ったのだね”と言ったところが、“これは日本画ですよ”と言うから、よく見るとなるほど日本画に違いないのです。絵具は日本のに違いないです。ところが絵を見たら油絵です。これは大変だというわけだったのです。しかし心ある者はそれを歎いているようです。ですからそれには本当に良い物を見せなければならないのです。私はそういう事を考えて、箱根美術館にも出さなかった良い物を相当とってあるのです。というのは、そういう物をやたらに出すといたむのです。特に絵はそうです。ですから絵は短期間でなければならないのです。ところが箱根美術館では時々陳列替えをするのは大変ですから、どっちかというと、それほどの物でもないような物を出していて、時々勝れた物を出すようにしていたのです。そういうわけで、本当のすごい物というのは熱海の美術館が出来たら本当に出すつもりです。特別室なども造って、ここは到底見られないというような物も見せます。これはアメリカの偉い人などが来た時に其処に招待して見せるつもりです。そうなると熱海の地上天国は無論世界的の話題になりますから、外国から来る人達も大変だろうと思ってます。そこで救世教というものが一ぺんに世界的になるわけです。アメリカの人は『箱根美術館』『熱海美術館』というのは本当ではない、『救世教美術館』とした方がよいと、非常に言っているのです。私もそうしたいのだが、なにしろ日本は新宗教というのは信用がないから、そうするとかえって天若彦的に考えられるから、そこで無事に、当らず触らずに『箱根美術館』『熱海美術館』としたのですが、いずれは『救世教美術館』という名称になるでしょう。もう暫らくはそこまではゆかないわけです。
これからの大体の動きをお話したわけです。

タイトルとURLをコピーしました