岡田茂吉 御教え集14号 昭和二十七年九月二十五日 秋季(主の型、太陽の黒点) | 岡田茂吉を学ぶ

御教え集14号 昭和二十七年九月二十五日 秋季大祭(主の型、太陽の黒点)

    九月二十五日

  神様のおやりになる事は凡て型でやつているのです。主(ス)の型です。チョンです。このチョンが段々拡がつて行くのです。世界に、戦争だとか思想問題とか色んな変り事がありますが、あれは行成(イキナリ)そういう事が起つて来るのではないのです。地球の中心――世界の中心に最初何かゞ出来るのです。何かと言つて――丁度、植物なら種です。それが拡がつていくのです。断えずそういう工合になつて、世界というものは変化して行くのです。では、そのポチですが、ポチの又ポチという様な、丁度太陽で言えば黒点の様なもので、太陽の黒点というのは太陽の種みたいなものですが、あれが十一年目に拡がるので、見えるのです。それが又斯う(狭く)なる。そういつた周期的にいつているものです。あれが太陽の中心で、それが太陽全体を、あれ丈の火の力を活動させている中心です。そういう様な工合で世界にも中心があるのです。で、中心というものは、今迄神様は人間に知らせなかつたのです。それが時節が来て、その中心が知れる様になつたのです。知れる様になつたと言つた処で、今の処中心が分るのは私丈なのですが、いずれは世界中に分る様になるのです。そうしてその中心は、この箱根の神山(カミヤマ)になるのです。之が世界の中心になるのです。今迄隠されていたわけです。丁度、夜の世界で、闇ですから見えない――まあ見せなかつたわけです。そこで神山のあんな高い処ではしようがないから、その麓の強羅が中心になつているわけです。ですから、この中心に神仙郷が出来たという事は、もう世界中が神仙郷になる様な時代が来ます。それが地上天国なのです。そうすると地上天国の模型が段々拡がつていくわけです。拡がつていくに就いては、之を拵えるにはどうしても――薮やでこぼこで石が其処此処に転つて、見る影もない汚(キタナ)らしさだつた。それを段々石を割つたり、余計な木や草を切つて、そうして綺麗にして了つたのです。斯ういう形に世界がなつていくのです。そうすると、世界には雑草もあるし、邪魔な木もあるし、割らなければならない岩もありますから、その大清潔法――大掃除が始るわけです。で、つまり地上天国の模型が拡がるのと、掃除するのが一緒になつているのです。掃除が出来た丈づつは色々な家を拵えたり、庭の形を作つたりしてやつているのです。最後には美術館なんていう綺麗な美しいものが出来るという事になる。ですから神仙郷が出来たという事は、兎に角地上天国がもう出来たのです。霊界ではドンドン拡がりつゝあるのです。それが今に現界に写つていくのです。そこでいわゆる破壊と創造が実現するという事になる。だから第三次戦争もあるでしようし、それから病気が非常に流行つてバタバタ人間が死ぬという事も出て来るでしよう。で、それがメシヤ教によつて救われるのです。救われると言つても、みんな救われるわけではない。譬えてみれば、この中で残つた木は立派に手入れをして眺める様になりますが、反つて邪魔な汚い木は伐つて了います。そういう――木としての犠牲ですが、そういう事も現われるのです。或いは伐られる木の方が多いかも知れない。で、神仙郷の事はそれ位にして置いて――。

タイトルとURLをコピーしました