HP「御神書」紹介

私の信仰の経路 昭和10(1935)年1月11日

 私の生まれたのは、浅草橋場で浅草観音様の裏のほうであって、明治前に私の曾祖父が武蔵屋喜左衛門といって、その界隈での幅利きで橋場から五、六丁離れた所の浅草町という所で質屋を営み、そうとうの財産家で義侠心に富み、いまの町長くらいの資格であり、人を助けることが好きで鳴らしたものであった。この浅草町に明治の初年まで営業を続けていたのであります。何年ごろか知りませんが、その当時浅草の観音様の御本尊を質に預けたものがありましたが、流れてそのままになったのであります。もっとも、観音は宮戸川へ流れて来ていたのでありますから、流れるのが因縁かもしれませんが、私の父の乳母が、私の家に御本体があったと言っておりましたが、父の義理の兄が失敗して御本体も人手に渡ったのかもしれませんが、いまはそれはありませんそうです。  私はその橋場で生まれたのであります。日本の艮(うしとら)は東京で、東京の艮は浅草で、そのまた艮にあたる橋場で生まれたのもなにかの因縁で、私が十五くらいの年までここにおったのであります。
 太陽は東から昇ると言われますが、東というより艮のほうから昇りますから、いろいろに因縁は深いわけであります。
 浅草の観音様の御本体は、明治時代になくなっているということは事実らしいのであります。元は本当の御神体は橋場の私の家の十軒ばかり先の長昌寺に安置してありまして、御開帳中は浅草寺にお移ししていたのであります。
 私の家の菩提寺は三河島の観音寺という寺であるのも深い因縁のあることであります。私も子供時代にこのように非常に観音様に縁があると思っておりました。今日におよんで充分わけが判ったように思います。
 私の幼時は平凡でありましたが、ただありがたいと思ったのは非常に貧乏であったことであると思っております。
 浅草の橋場の生まれでありますから、江戸っ子であります。浅草は東京の東、東京は日本の東、日本は世界の極東であります。私の生まれたのは浅草の観音様の裏で、観音様の東であります。
 当時私の両親は、古道具屋をやっており、浅草の観音様の境内で夜店に出ておったのであります。父が荷車を挽き、母は私をおぶって荷車の後押しをし、共稼ぎをしておりました。このような境遇のうちに育てられた私は、幼時から物を大切にしました。いまもって物を無駄にしないのは、心のうちに染み込んでいるからだと思います。
 小学校時代二年から三年を飛び越えて、四年に上がったのをみると他の人よりは優れていたのだと思います。なおまた、成績は優良のため、いつも一番で通したのであります。これは私は負けることが嫌いであったからだと思っておりますが、人々より優れていたことが解ります。このため八年の小学校を七年で卒業したのであります。
 私は美術学校へ入学を志し、中学程度の予備校へ入り、美術家となろうとしましたが、病気のために止めたのであります。この時代に絵筆の使い方を知ったのであります。十七、八歳から二十五歳までは、病気のためブラブラとしておりましたが、その間にいろいろな書物を読んだのであります。その本は商人になるように志し、さかんに読んだのであります。
 二十五歳のとき、小間物屋を始め、十年くらいで十五万円くらい儲けました。成功者として非常に評判になった。そのころ「朝日ダイヤ」を発明して、十カ国の専売特許が得られたのであります。アメリカへさかんに出して儲けましたが、そのうちに失敗して宗教生活へ入ったのであります。さかんなころ、資本金二百万円の株式会社とまでしたが、大正九年のガラでさんざんの失敗をしたのでありますが、この失敗が信仰生活に入った動機となったのであります。
 私はふつうの商人のように、決して我利我利亡者(がりがりもうじゃ)ではなかったのであります。苦学生を養ったり、苦学生に学資を送って学校を卒業させてやったり、救世軍やなにかにも寄付したり、慈悲善根を施し等しましたが、そのうち十五万円くらい損をしました。
 前の家内の四人の子供がみな亡くなり、家内もまた病気中流産をして亡くなるという大不幸続きで、私は、これほどよいことをしているにかかわらず、このように失敗や不幸続きは解らんと、なにか信仰に入ろうと、いろいろ調べたがそのころ新聞で大本教の広告のあったのを見て引きつけられて、信者になる動機を得たのであります。
 昭和二年神憑りとなり、いろいろのお知らせを受けたのであります。何十万年前からの歴史および過去未来のいろいろのことを知らされたのであります。これから述べることは、このときにお知らせがあったのであります。
 大使命を知らされ、光明世界建設のことも、このときに知らされたが、最初私はこれを疑っておりましたが、その後たくさん奇蹟が続出したのであります。この状態が三月ばかり続きましたが、その後半カ年くらい後に、大本教へ行ったとき出口先生が神憑りで知らされた通りのことを言って、あなたは病気治しをすれば、なにほどでも治ると知らされたので、家に帰って病気治しをやってみると良く癒えるので、いよいよ神様から大使命のあったことを悟って、三年かかって商業をやめ、神様専門になったわけであります。

 近ごろの流行語にインチキということがたくさんあります。インチキ宗教とか、インチキ野郎とか、あれはインチキだとかいうように、馬鹿にはやっている。で、インチキという言葉は怪しげなものに対し、ピンとくる一番適当な言葉です。一番よく使われているのは宗教に使われるインチキ宗とか邪教とか、新聞雑誌などによく出ております。私はそのたびに思う。遠慮なく言えば、今日いかなる宗教もインチキでないものはない、全部がインチキであると断定できるんであります。
 インチキということは、他の言葉で言うと、インチキの言葉が一番よく表わしているんで他の言葉にいいのがない。古い言葉で言えばごまかしとか、贋物とか、まやかしものとかいう意味で、要するに本当のものではないという意味であります。
 そういう意味からいうと、宗教以外にたくさんあり、本当らしい顔をして本当でないものがたくさんある。
 新しい宗教を多くインチキインチキと言いますが、あるいはそうかもしれぬが、しかし観音会だけは絶対にその名称は当てはまらぬ。いかなる宗教でもなんでも、手前味噌は言うのですがこういう言い訳は効き目はないが、ここにおいでの方は判ってるが、世間ではまた味噌を言ってるように言う。
 先刻米沢さんが言ったように、観音運動は当然のことを行なうというのが観音運動の根本で、当然のことを行ないまた行なわなければならぬということは、いかに世の中の人が当然のことを行なわなくなってるかということになる。とにかく脱線が多過ぎるというわけになる。このことをしっかり判れば観音行は一番よく判るんであります。よく判るようにいろいろお話しているんで、いままでの世の中のこととはだいぶ違う。ともすればいままでの癖が出て観音行にならなくなるというのは、その前に観音運動の根本としては、人間個人をよりよくする、要するに人間らしい人間を造るというわけで、実際今日世の中を見渡して、人間らしい人間は実に少なくなった。見つけるに骨が折れる。それでは一般にたくさんの人間はありますが、だれかの歌に「人の皮着た獣なりけり」というような歌があったが、獣のようではないが、人間よりは以下になってる心や行いになっている。
 神が人間を造られた目的は、今日の人間のようなものでなかった。しかしこれも必要があっていままでそういうふうになっていた。で、今度いよいよ人間らしい人間を造るということになるんであります。それはなにかというと、人間として行なうべきこと考うべきことはちゃんと決まっている。それ以外に脱出しようとするために、いろいろ面倒が起る。病貧争の根本はそこにあるのでありますから、今日の人間はほとんど病人で、どんな方をみても本当に無病息災という人はない。ほとんどが病人で、身体はよくみえても心は本当でない。心と身体とは使うもの。お腹に虫が湧くのはなんのためかと聞く人があって、それはお腹が虫の湧くくらい腐っているからだと答えたのです。これは本当で、人間の身体には虫の湧くべきものではない。虫といっても蛆虫ですが、肚に蛆が湧くほどに肚が汚い、肚が汚いということは心が汚い、心がきれいならば肚に虫の湧く道理はない。では子供はどういうわけかと言うと、子供は親の分身であり枝ですから、枝が悪くなるのは、この根が悪いに決まっている。それくらいに人間が悪くなっている。ですからいつもいう通り、病気治しは血を浄めること、浄化することですから、私はおわい屋と埃とりと兼帯でしてるんで、人間の身体に湧いた塵やおわいをとるのと同じで、これは本当のことで、それほどに汚くなっている。それほど心が汚れてる。その肉体をきれいにし、心をきれいにし立派なものにする。それが観音運動で、肉体をきれいにするのは、健康にすることで、心の間違っているのは、心が病体なんで、心と肉体すなわち霊体を健康にすることはだれもしなかった。
 心を治すのに宗教があり、肉体を治すのにお医者があった。宗教も三千年も前から、世界中にはいろんな偉い人が出て、生命を犠牲にするくらいにして人間の心を治そうとし、医者も何千年前からやっている。こうして一生懸命宗教家も医者もやりながら、人間はさっぱり精神肉体ともに健康にならない。かえって反対に病体によけいなりつつある。これはどこかに欠陥がなくてはならぬ。こんなにひどくなるとはおかしい。こんなにひどく不健康な人間ができたというのは、霊体ともに治すところの宗教や医学がみなインチキだったからで、もし本当のものができていたら、もっと結果がよくならなくてはならぬはずであります。しかし、まやかしものでもまるっきりまやかしものなら存在の価値はなくなる。いい点もたくさんある。もし今日まで、宗教や医学がなかったなら、もっと人間の健康はひどかったかもしれぬ。あるいはもっとひどくならずにすんだか、それは判らぬ。それは試してみなければ判らぬ。
 宗教はそうではないが、医学のほうは、もしなかったならばもっと健康は害(そこ)なわれていなかったと思う。観音運動は宗教や医学を本当のものにするんで観音様の思し召しもそこにあるんであります。本当の宗教と医術をこしらえて、人間を本当に健康にすれば、それでよいのであります。
 今夜の夕刊に大本教のことが出ていたということですが、国体変革の証拠あり、建物全部を破壊して根絶する方針とか出ていたんですが、これらも実に当然のことをしなかったためで、なんと言っても宗教は人の心をよくするもので、それ以外には宗教としての使命はない。しかるになんぞや、政治運動だの、国防運動だの、社会運動をするから、ぜんぜん宗教の埒(らち)外に出ているから、当然大鉄槌を喰うに決まっている。当然のこととは、宗教は宗教としての使命がある。商人は商人として、軍人は軍人としての各々するべきこと、すべからざることと判然とおのずから決まっている。これ以外のことをやれば滅びるに決まっている。今日の宗教は、社会事業をやっていますが、これが間違っている。そういう社会事業の背景となることはいいが、それを直接するということはぜんぜん間違っている。
 大きなことは、小さいことで一人一人個人個人よいことをすればよい。良い個人がたくさん寄れば政治なども完全になる。あえて政治などに嘴(くちばし)を入れなくていい。政治は政治家がやる。宗教は霊肉を完全にする。それだけやればいい。ところが人間を完全にするだけの力のある宗教はない。精神が健全なれば、肉体は健全になるに決まっている。行いが当然な行いをし、間違ったことをしなければ健全になるに決まっている。
 昔から「健全なる精神は、健康なる肉体に宿る」と言いますが、これはちっと疑問がある。ずいぶん大きな仕事をした人でも病体の人がある。有名な正岡子規など肺の初期になって、かえって大作を残した。石川啄木でも病院中で作った歌は実にいい歌がある。ですから「健康な肉体に健全な精神が宿る」と言えば、角力取りなど偉大な立派な精神を持ちそうなものです。しかし、健全な精神なら必ず健全な肉体を持つのは真ですから、根本は健全な精神で、健全な精神を作ることが根本で、あらゆる宗教をみて、病人のない宗教があれば、それは本当の宗教の使命を遂行してるものであります。しかしながら、いかなる宗教の信者も病人のない宗教はない。信者でも信者でない人も、健康状態は同じようなものです。それは力のないことを証明しております。ですから観音運動は宗教改革と医学の革命で、だいたいこの二つで世の中はよくなる。政治や経済などは、それは専門家に任せばそれでよい。宗教改革といっても、ルターのようなものでない、もっと大きい。
 今日はすべて世界的になってるから、世界的のものでなくてはならぬ。
 各宗教の間違った点は、阿呆文学で指摘する。こういうことをまじめに言うと、はなはだお気の毒ですから、かえって反感を持つといかんから、滑稽にする。最初に大本教の一番の欠点をやり、次に天理教をし、最初は屁の玉宗、今度は南無諦め宗というのを作りました。いま、読んでもらいます。

タイトルとURLをコピーしました