岡田茂吉 『文明の創造』科学篇「下半身の病気と痔疾」(昭和二十七年)   | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』科学篇「下半身の病気と痔疾」(昭和二十七年)  

 上半身の病気をかいたから、之から下半身の病気に移るが、先ず一番多い病気としては痔疾(じしつ)であろう。此病の原因は甚だ簡単である。つまり全身各局部に溜結している毒素が少し宛(ずつ)溶解して、最も都合のいい肛門から出ようとするので、言わば肛門は糞尿以外の汚物の排除口も兼ねているという訳で、神は巧(うま)く作られたものである。
 
 そうして痔疾の中で最も多いものは脱肛といって贅肉のようなものがはみ出る症状であるが、之も最初の内は訳なく押込ませられるが、時日の経つに従って段々大きくなり、押込め難(にく)くなる。そうなると非常に気持が悪いので、色々な手段を尽しても治らないので、煩悶懊悩(はんもんおうのう)している人が、世の中には割合多いようである。特に婦人が出産の折などイキミの為、脱肛になる人も実に多いが、之などは場所が場所だけに人には言えず秘しているので、猶更(なおさら)辛いであろう。元来痔疾の原因であるが此病気は先天性薬毒及び尿毒と、後天性薬毒との二種又は三種の混合薬毒が下降して、肛門の周囲に一旦集結する。之が脱肛の原因であって、脱肛にも痛むのと痛まないのとがあるが、痛むのは後天性薬毒がある為である。此病気は日本人に特に多いとされているが、之は全く便所の構造が悪いからであろう。今一つは便所で読書をする人がよくあるが、之が悪い。読みかけるとつい時間が長くなるからで、痔のある人は此点自省すべきである。私も若い頃随分痔で苦しんだものだが、此点に気が付き、必ず五分間以内と決め、仮(たと)え中途であっても便所から出るようにした処、それから自然に快方に向ったのである。

 次は痔核といって、肛門の淵に疣(イボ)が出来るものがあるが、之にも内痔核と外痔核とあり、前者は太っている為、後者は痩せている為である。之も放任しておけば、毒が溜るだけ溜って、段々大きくなり、遂に破裂して排毒され治って了うのである。又痔出血もよくあるが、之は毒血が肛門から出ようとし、一部に亀裂が生じ、常に排血するので、気持が悪く心配するものだが、本当は結構なのである。何となれば浄化の為の毒血排泄であるから、健康上非常にいいのである。何よりも出血後頭脳の悪い人や、首、肩の凝る人などは、必ず軽快になるものである。従って脳溢血予防にも大いに役立つのである。

  次に痔の病の中(うち)一番問題なのは痔瘻であろう。之は強烈な薬毒が、最初肛門の一部に固結するが、非常に痛むので、医師に診て貰うと、必ず切開手術を行うので一時快(よ)くなるが、例外なく其お隣りが又腫(は)れる。復(また)切る、復腫れるという訳で、遂に蜂の巣のようになって了い、耐えきれない程の痛みとなる。之は手術の度に新しい薬が滲透するからで、つまり痛みの原料を増やすのだから堪らない。従って最初から何もせず放っておけば、自然に排膿して、必ず治るものである。又痔瘻(じろう)を治すと肺病になり易いとよく云われるが、之は手術が奏効して、排膿が止まると毒素の出所がなくなるので、肺を目掛けて出ようとするからである。

  又駆梅療法の一種で昔から推奨されているものに、水銀を臀部へ注射する方法があるが、之は数十年経ってから痔瘻と同様の症状を呈する事がある。非常に固い楕円形の尖起状のものが出来、耐えられない程の激痛がある。之も放っておけば二、三週間で全治するが、手術をすると慢性痔瘻になり易いのである。今一つ始末の悪いのは、肛門掻痒(そうよう)症であるが、原因は勿論天然痘毒素及び薬毒であるが、之は放っておくも数十年かかる位で、浄霊でも数年は掛かるのである。

タイトルとURLをコピーしました