『自観叢書』第3篇 「霊界叢談」 を掲載しています。 ▶️

全人類待望の炬光 大聖観音力の顕現 併而仏説の開扉 (東方の光三号 昭和十年二月二十三日)

      古来仏誕の国、印度に於いて面白い伝説がある。

      即ち正法千年、像法千年、末法千年であって、今日は正像の二千年が過ぎ、已に末法に入って六百年を経過してゐる訳である。尤も此の仏誕二千六百年説に就いては、仏学者間にも種々(シュジュ)議論は有るが、大体違ひない事は確かである。また、末法万年説も有るが、如何に釈尊と雖も、三万年後といふ如き、長年月先の予言を為し置く必要はある筈がないのであるから、常識に依っても判断され得るのであらふ。

      次に釈尊は説いて曰く、末法仏滅の世となれば、其の時弥勒出現して茲にミロクの世が成就するといふ。之は法滅尽経及び弥勒出現成就経等に詳しく出てをるから瞭(アキラ) かであるが、畢(ツイ)に其の時期が到来したのであって、其の弥勒の本体こそ之又観世音菩薩であられるのである。それで弥勒と称えても三弥勒在られ、昔から報身、法身、応身弥勒と申上げてゐるのである。報身は釈迦であり、法身は阿弥陀であり、応身は観音である。又日月地に配すれば日が観音であり月が阿弥陀であり、地が釈迦である。又地理的に配すれば日本が観音であり、東洋が釈迦であり西洋が阿弥陀なのである。又之を三尊の弥陀とも称へ基督教で三位一体と称へるのも此の事である。

    (三尊の弥陀に就いては孰れ詳しく解説する積りである)而して此の三位一体の力を独り具有され、大千世界の最後的救済を為さるのが、観世音菩薩即大弥勒神の御活動で被在(アラ)せらるるのである。

      次に又、一方現在の世界を通観する時、絢爛たる物質文化の発達に因って、世界は日に月に一単位に成らんとする形勢を睹(ミ) るのであらう、之を睹る時、創造主たる主神の御意図即ち、宇宙意識の帰趨が洞察され得るのである。何故なれば此の大文化を造らんが為、神は数千年の時と無数の人間の力を費して発達せしめたのであるからである。故に其処に流るる主神の一大御目的が判然と窺はれ、其の御目的こそ今や実現せんとする大光明世界でなくて何であらふ。

      次に、今一つの方面を観察してみる。全人類が永遠の平和を待望し、之に嚮(ムカ)って何千年間努力を続けて来た事であらうが、然し悲しい哉、今日に到る迄何等の効果を齎(モタラ) す事なく依然として、各々の国は平和の仮面の下に、絶えず、軍備と闘争に悃惑(コンワク)し、平和を愛好する我日本に於いてすら尨大なる軍備を要する程に、逐年国家財政の苦悩と不安を嘗めつつあり、夫れに由っても明らかな事である。さらば永遠の平和を招来する事は不可能なりや。果して斯の空想の如き世界が真実出現するものなりや、否や、之に明答を与ふるものは恐らく一人も非ざるべし。然るに吾人は、茲に確言するのである。斯の永遠の平和は近き将来に於いて、必ず実現さるると云ふ事である。それが此の観音運動の起因であり、生命であるのである。然らば、何故、世人が空想視するかといふと、それは、今日迄の歴史を覧(ミ)、夫(ソ)に捉はれる為めであって、世界は数千年の間、余りにも荐(シキ)りなる闘争、絶えざる弱肉強食、それが為に人は之を以て世の真実の姿と誤認し、之を基調として学問は構成され、宗教、道徳、政治経済、国際関係等、あらゆるものが形成されて今日に到ったのであるから、私の言ふ事は痴人の夢としか視られないのは寧ろ、当然な事であらう。然し無始無終、永劫の世界に対しての数千年は些々(ササ)たる時の経過でしかないのである。

       故に、其の歴史過程を標準とする結果、現在迄の人智学問に依るの外、考え及ばないのも無理からぬ事である。然るに、天運循環茲に人類の想像も及ばない観世音菩薩の妙智不可思議力の顕現となり、此の力と、前述の一単位的文化世界と相俟って、神霊の文化との一致結合を成し、茲に全人類は目醒めて闘争の文化は平和の文化と化し、弱肉強食は相互和協と化し、全世界は軈(ヤガ)て大家族形体に統一さるるのである。之等条件の遺憾なき具備と妙智力の活現とは、今や凛乎(リンコ) として、大旋回を捲き起さんとしつつある事を感得さるるのである。

       最後に今一つの方面を観察しやう。夫は仮に基督釈迦の時代、降(クダ)って空海、日蓮等の時代を考察してみても、是等の時代は交通、印刷、無線等文化施設は皆無と謂っていいのであるから、各宗祖等が苦難の一生を通じて、漸く一区域、一地方を教化されたに過ぎない。今日、仏耶の二大宗教が二千年以上を費してゐるにみても、思ひ半に過ぎるであらふ。故に主神は今日迄時代相応の聖者を出現せしめ相応の教化を垂れ給ふたのである。されば、総てが世界的となった今日、世界的救済力の顕現は毫(ゴウ)も怪しむに足らざる耳(ノミ)か、出づべくして出でたる迄の事である。而して各聖者達の足跡をみる時、此の事の予言警告の何れにかあるを識るのである。見よ、釈尊のミロクの世、基督の再臨と天国は近づけりの警告、猶太教の救主(メシヤ) 降臨(コウリン)、亜細亜民族の弥勒下生、大本教の地上天国、天理教の甘露台、日蓮の義農の世、其の他、黄金時代、東方の光の言葉等孰れも悉(ミナ)それでなくて何であらう。

      されば儻(モ) し、是等予言が適中せざらん乎、多くの聖者達の言は何を以て信ずべきや。聖典は修身書であり、宗祖は只の凡人に過ぎない事となるではないか。噫(アア)、全人類待望の大光明世界、来るべくし来たり現はるべくして顕はる。之に依って万教は帰一され、人は本然(ホンゼン)に立ち還り、真理は行はれ、善は栄え、悪は亡び、風水火の大三災、飢病戦の中三災、病貧争の小三災絶無の時代は来り、世界を打って一大家族的一丸となし、茲に初めて人類永遠の平和は確立され、歓喜幸福を享楽せらるべく、主神の最後の御目的たる大光明世界は完成さるるのである。

タイトルとURLをコピーしました