岡田茂吉 『文明の創造』科学篇「上半身の病気と中風」(昭和二十七年) | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』科学篇「上半身の病気と中風」(昭和二十七年)

  上半身の病気に就(つい)ては大体書いたが、未だ書き残したものがあるから、之からかいてみるが、先ず今日最も恐れられている病気としては中風であろうから、それを最初に説く事とする。

 今日、若い者は結核、老人は中風というように、相場が決まっているが、全くその通りで、誰しも老年になるに従って、最も関心を持つものは中風であろう。中風は勿論脳溢血からであるが、此病も医学では全然判っていないばかりか、判ってもどうする事も出来ないのであるから厄介である。先ず脳溢血から書いてみるが、脳溢血の原因は、頸(くび)の固結であって、特に左右何れかの延髄部に長年月を経て毒血が固まるのである。従って脳溢血の毒結を知るのは雑作もない。右の部を指で探れば必ず固結の有無が判る。それは右か左かどちらかが、必ず大きく隆起しており、押すと軽い痛みがある。処がそこに一度浄化作用が発(おこ)るや、固結は溶解され、血管を破って頭脳内に溢血するのである。溢血するや忽(たちま)ち脳を通過して、反対側の方ヘ流下し、手及び足の先にまで下降し、速かに固(かた)まって了(しま)い、半身不随即ち手も足もブラブラになって了うのである。重いのは腕も手も引っ張られるようになり、内側へ肱は曲り、指迄曲ったままで容易に動かなくなる。そうして拇指が一番強く曲り、四本の指で栂指を押さえる形になる。処が面白い事には、足の方は反対に曲らないで、伸びたまま足首などダラリとなって了う。それだけならいいが、重症になると舌が吊って、呂律(ろれつ)が廻らなくなり、頭もボンヤリして痴呆症同様となり、目までドロンとして、悪い方の側の眼力は弱化し、見えなくなる者さえあるというのが主なる症状で、全く生ける屍となるのである。

 処で、医学の最も誤っている点は発病するや何よりも急いで頭脳を氷冷するが、之が最も悪いのである。医学では之によって、溢血の原因である血管を、速く収縮させようとするのであるが、之が大変な間違いで、本来溢血は毒血が出るだけ出れば忽(たちまち)ち止血するもので、そうなるには数分間位である。従って止血させる必要などないばかりか、反って氷冷の為、溢血後まだ残留している頭脳内の毒血を、より固めて了う事になるから、頭脳内機能の活動は停止される以上、より痴呆症的になるのである。それを知らない医療は、氷冷を何日も続けるのであるから、其結果はどうなるかというと、頭脳を冷し過ぎる為、凍結状態となって了うのである。考えても見るがいい、人体中最も重要な機能を氷結させるとしたら生きている事は到底出来ないに決っている。此為生命を失う者の数は実に多いのである。全く角を矯(た)めて牛を殺すの類(たぐ)いで、之こそ病気の為の死ではなく、病気を治す為の死であるので、何と恐るべき迷蒙ではなかろうか。之は私の長い間の多数の経験によっても明かな事実であって、脳溢血だけで死ぬ者は滅多にないのである。

  茲で脳溢血に附随する種々な点をかいてみるが、医学ではよく転ぶと脳溢血が起り易いとされているが、之は逆であって、脳溢血が発(おこ)るから転ぶのである。つまり転ぶのが先ではなく、脳溢血が先なのである。よく転んだり、梯子(はしご)段から落ちたりするのは溢血の為の眩暈(めまい)である。そうして最初の脳溢血が幸にも、一時小康を得て歩けるようになっても、医師は転ぶのを非常に警戒するのは、右の理を知らないからである。又医学に於ては頭重や一部の麻痺、眼底出血、耳鳴等があると溢血の前徴として予防法を行うが、右の症状は医学のいう通りであるが、其予防法は滑稽である。それは身体を弱らせようとし、減食、運動制限等を行わせるが、之は弱らして浄化を発さないようにする手段である。又再発を予防する手段も同様であるが、之等も発病を少し延ばすだけで、何れは必ず発病もするし再発も免れないのである。又近来瀉血(しゃけつ)療法といって、発病直後にそれを行うのを可としているが、之も見当違いで、最早溢血の毒血はそれぞれの局所に固まっているのであるから、瀉血は何等関係ない処から出血させるので、其為貧血して、大抵は数分後死ぬので、此例は近頃よく聞くのである。

 今一つ注意したい事は、高血圧が脳溢血の原因とよく言われるが、之も甚だしい錯誤で間接には多少の関係はあるが、直接には全然ないのである。その訳を実地に就てかいてみるが、以前私が扱った患者に、六十歳位で、当時講談社の筆耕書を三十年も続けていたという人があった。此人の言うのは、自分は六年前血圧を計った処、何と三百あったので医者も自分も驚いたが、血圧計の極点が三百であるから、実はもっとあるのかも知れないと思った位である。その為医師から充分安静にせよと言われたが、自分は勤めをやめると飯が食えないし、自覚症状もないから、毎日此通り休まず勤めているが、別に変った事はない、というので私も驚いたが、よく見ると左右特に右側が酷く、顎の下に鶏卵大に盛上がっているゴリゴリがあったので、ハハァー之だなと思った。というのは此筋は腕へ繋がっているので、血圧計に表われた訳であるが、本当の脳溢血の原因である固結は、最初にかいた如く、延髄部の毒血であるから右は見当違いである。処が中風といっても、斯ういう別な症状もあるから知っておくべきである。それは左右何れかの頸部淋巴腺に固結がある場合、之が浄化によって溶解するや、頭脳の方とは反対に其側の下方ヘ流下し、中風と同様の症状となるのであるが、之は脳には関係のない事と、割合軽症な為、医師も首を捻(ひね)るが、之も医療では治らないと共に、逆療法を行う結果、反って悪化し、先ず廃人か死かは免れない事になる。此症状を吾々の方では逆中風と言っている。

タイトルとURLをコピーしました