岡田茂吉 『文明の創造』科学篇「脳貧血其(その)他」(昭和二十七年)  | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』科学篇「脳貧血其(その)他」(昭和二十七年) 

  次に脳貧血をかいてみるが、之は脳溢血と反対であって、脳溢血は毒血が頭脳に入り,脳の血液が増えるに反し、之は脳の血液が減少の為発(おこ)る病気である。では何故減少するかというと、人体は絶えず頭脳に向って、送血されているので、之が一定量なら何事もないが、其量が減ると頭脳機能の活動が純る。それが脳貧血である。

 右の如く量が減るという事は、頭脳へ送血する血管が、頸の周りにある毒血の圧迫によるからで、此(この)固結を溶解しなければ治らないのは勿論である。処が医学ではそれが不可能の為、一時的姑息手段をとるより致し方ないのである。斯様(かよう)な訳で脳貧血の症状は頭痛、頭重、圧迫感、眩暈等で、嘔吐感を伴う場合もあり、本当に嘔吐する事もある。中には汽車、電車、自動車の音を聴いただけでも、眩暈や嘔吐感を催す者もある。然し之は医学でもいう如く、割に軽い病気で心配はないが、其割に苦痛が酷(ひど)いものであるから、初めの内は相当神経を悩ますものである。

  此病気を知るのは最も簡単である。発病するや目を瞑(つむ)り、額に油汗をかき、嘔吐感を催す等で、其際掌を額に当てて見ると、普通より冷いのでよく判るのである。そうして浄霊の場合、首の周囲を探ってみると、必ず固結があるから、そこを溶かせば間もなく快復する。又発病するや枕無しで仰臥(ぎょうが)すると、頭へ血が流れるから多少の効果はある。今日最も多いとされている神経衰弱も、脳貧血が原因である事は言う迄もない。

タイトルとURLをコピーしました