大光明世界の建設

大光明世界の建設 大光明世界の建設

 

大光明世界の建設

大光明世界の建設 「宗教と科学」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

大光明世界の建設 「宗教と科学」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「病気の原因とその解消」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

現在、生きている人間は、自分一個の存在でなくて、祖先の繋りで、祖先の延長である事を知らなくてはならない。また言い換えれば、無数の祖先の総合が、個体たる自分である。無数の祖先の霊線が、自分一個の霊と繋ぎ合っている。
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「幸福の家」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

。故に今迄不幸な事があったり、思う様に行かなかったそれ等が、不思議にも反対になって行くそれは悪魔が光りを恐れて退散するからだ。御奉斎して、半年も経てば病人がなくなるという不思議さは、体験者でなくては信じられない事である。今迄、斯んな大きな力を与えてくれる宗教は、断然無かったという事は言える
2022.01.24
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「支配階級の改心」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

河川の濁るのは、上流の源が濁るからであるのと同一の理である、故に社会の溷濁(こんだく)は、社会全般の指導者たるべき上層階級が浄まらなくては、百年河清を待つとても、駄目である。
2022.01.24
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「低級宗教」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

現当利益その物は、必ずしも、低級宗教ではないのである。しかしながら実際、低級宗教はあるにはある、しかも、その害毒たるや、恐るべきものであって、寧ろ、その筋の取締りを
2022.01.21
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「現当利益」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

世に、現当利益が、心から嫌いだという人は、実は一人もあるまい、如(も) し、有るとしたら、その人は狂人である。病気が治るのは、嫌いだという人はあるまい。金が欲しくないと拒絶する人も、一人もあるまい。俺は、不幸が好きで、幸福は 真平(まっぴら)だと逃げる人は、恐らくこの娑婆には、絶対にない事を保証する。
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「救主と贖罪主」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

贖罪主とは、罪の贖(あがな)い主(ぬし)である。彼のナザレの聖者イエスが、世界万民の、罪の贖 いの為に、十字架にかかったのは之であった。之こそ、大いなる贖罪主であった、贖罪とは、罪人の代理又は代表者となって主神に対し奉り、罪の赦しを乞うのである
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「光の主」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

凡ゆる病気を治し、貧乏を無くし、争いを無くする力、不幸と罪の原因を、はっきりさせて、その原因を取除く力、それは、光りの、力の浄化作用である。日月の光りが、一個の人間の肉体を通して、働きかけるという力とは、実に、空前の事象なのだ。
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「観音力」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

真の観音力を揮(ふる)うには、どうしても人間の現身(うつそみ)を、機関としなければならないのである。釈迦も基督も、阿弥陀も、一度は、肉身を以て救世の業をされたように。
2022.01.17
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「膏薬張の救い」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

凡ゆる罪悪と不幸の原因は何か。それは人間の魂である。其魂を浄化してこそ、社会は良くなるのである。宗教としての使命も、其処(そこ)にある。これこそ他の何者も企及(ききゅう)し難い権威であり、それが宗教の貴い存在意義である。之を他所(よそ)にして、宗教の意義は無いのだ。
2022.01.22
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「真の救い」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

人間の智慧でやる宗教の最後は、社会事業となって了(しま)う。神の力と、神の智慧で行く宗教は、奇蹟から奇蹟で、本当に世を救ってゆく。
2022.01.17
大光明世界の建設

大光明世界の建設 「宗教の使命」(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

故に宗教は宗教としての、独自の使命があって、一切衆生の霊体を不幸から永遠に脱却さす事である。教化や道徳や、倫理や哲学では一時的の救いである。無量無辺に、魂を救う事は出来ないのである。
2022.01.17
大光明世界の建設

大光明世界の建設 暗中模索(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

故に学者も、政治家も、教育家も、商人も農民も、凡ゆる大衆がみて以て、簡明直裁に、天地の真理を把握して、些かの迷いも生じ得ないという経典こそ、真の救世的、大威力を有(も)ったものである。
大光明世界の建設

大光明世界の建設 明の世界(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

日と月の文明が、一致結合して茲(ここ)に明の文明が生れる。之が大光明世界である。之が真文明である。この文明を造らんが為めのーー主神の経綸が世界の歴史であったのである。長い長い世界の歴史に意義あらしめて活かすそれが観音運動である。
2022.01.13
大光明世界の建設

大光明世界の建設 東京が中心(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

西から、いろいろの種類の宗教や文化が東の中心へ集中されたのは、富士山の裾野から頂へ、沢山の人が登って来るような訳であった。求心的であった、そうして、その集ったものを綜合し、コントロールして、完全無欠の文化として、遠心的に、全地球へ向って、放射するのである。
2022.01.13
大光明世界の建設

大光明世界の建設 大宗教の発祥地点(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

今日迄、数え切れない程の宗教や、救人(すくいびと) が出たが、それ等は尽(ことごと)く、中心地点から外れている。これに因ってみても、観音会は、如何に重大なる使命を以て、生れたかは、想像出来るであろう。
2022.01.13
大光明世界の建設

大光明世界の建設 世界統一(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

我日本が、将来世界を統治すべき使命のある事は、如何なる点から観ても肯定し得らるるのである
2022.01.11
大光明世界の建設

大光明世界の建設 東方の光(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

故に、此意味は、一天四海、日月神(じつげつしん)たる、観音の教に帰すると言う事である。即ち、之に由って万教は帰一するという予言である。
2022.01.11
大光明世界の建設

大光明世界の建設 三位一体(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

東洋の父と西洋の母から生れた子が、即ち日本である。全世界が一大家族となって⦿(ス) の本即ち、日の本によって統一さるる。それが三位一体である。その三位一体が、実現してからの世界が、永遠の平和楽土であり、大光明世界なので、斯事は、天地創成の紀より、神定せられて居たのである。
大光明世界の建設

大光明世界の建設 ミロクの真相 (病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何?昭和十年九月十五日)

何の断りもなく、時が来れば、太陽は、東天静かに昇って行く、それは、物質的太陽であるから、誰人(たれびと)も見得るのである、が、霊的太陽は、悲しい哉、眼には視る事が出来ない、然し乍ら、時の力は、世界万民に判らせずにはおかない、誰が否定しようが、遮(さえ)ぎろうが、物質の太陽は大空高く、昇ってゆく如く、霊的太陽の光は日に輝きを増すのである。何と素晴らしい事ではあろう。何千年間の夜が明けると言うのだ。 
2022.01.11
大光明世界の建設

大光明世界の建設 三尊の弥陀(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

古来、三尊の弥陀と謂い、三弥勒と言い三位一体と言う言葉がある。之は、仏的に謂えば観音、阿弥陀、釈迦の三尊者であって判り易く説明する上に、諸種の事物に当て嵌めて、左の如く、分類してみる。
2022.01.11
大光明世界の建設

大光明世界の建設 観世音菩薩の御本体(病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

 今日迄、観世音菩薩のみは、全く御秘仏とされて、御本体は誰も識らなかったという事は、寔(まこと)に不思議な訳である。随而、多くの仏者は、菩薩の名に迷って、阿弥陀如来や、釈迦如来よりも、下位と思ひ、中には又、阿弥陀が本体であって、観音は阿弥陀の化身などと、途方もない解釈をなし、又、釈迦の脇立であるとさえ説くに到っては、沙汰の限りである。然らば、観世音菩薩の御本体は、如何なる御方かと申すに、実は、畏れ多くも、天照皇大御神の慈悲に依る救世の代現神仏で被在(アラセ) らるるのである。
2022.01.11
大光明世界の建設

大光明世界の建設 病貧争絶無の世界 (病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

病気のない人間、是が先決問題である。如何なる救いと雖も、それより外にありよう筈がない。而して之を実現する力こそ、観音力を措いて外に、絶対にないのである。故に、斯んな素晴しい事業は、釈迦、基督と雖も、夢想だもしなかった事であって、之を信じ得る人こそは、未だ嘗てない幸福者であると言えよう
2022.01.11
大光明世界の建設

「大光明世界の建設 序論 」 (病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何? 昭和十年九月十五日)

実は、此本を書く位、難しい事はないので、実地を書けば信じられ難いし、信じいい位に書けば、実際とは違って来る、恰度、徳川時代の人間に、飛行機とラジオの説明をするような、否、それよりも、困難であるからだ。
2022.01.03
大光明世界の建設

『病貧争絶無の世界を造る観音運動とは何?』 観音運動とその宣言 (昭和十年九月十五日)

  終に臨んで、天下の医学専門家諸士に希望する。それは、観音力が、如何に絶大であり、如何に驚くべき治病力があるかを研究されん事である。私は喜んで材料を提供する。
大光明世界の建設

大光明世界の建設 --会主仁斎先生の御話-- (光明世界一号 昭和十年一月一日)

大光明世界といふのは、読んで字の如く「観音の光」に依って、闇のない世界が出来るのであります。闇の無い世界と云ふ事は、苦み悩みのない世界、罪悪のない世界であります。斯ういふ世の中が来ればいゝ、斯ういふ世の中を造り度いといふ事は、何千年前からもろもろの聖賢、或は大宗教家等が大いに教を説き、骨を折ったんであります。所が、そういふ世界は、今日まで出来なかった、
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の建設 罪障消滅 (光明世界二号 昭和十年一月十一日)

個人的にも家庭的にも世界的にも不倖せ難渋が増えても減る事がないのであります 詰り之は何処かに間違ってゐる点が有るに違ひないのであります。ところが、今度「東方の光」即ち観音力に依って、そういふ一切の不倖せの原因が判り、随而不倖せのない世界が出来るのであります。病貧争のない世の中、病貧争、之が完全に無くなって了ふのである。
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の建設 真のミロク (光明世界二号 昭和十年一月十一日)

仏の世は必ず滅する。そして仏滅後に弥勒が現はれる。それからが初めて五風十雨の正しい世、苦悩のない五六七の世が出現すると予言されて居るんであります。であるからお釈迦様も、ミロク出現迄は苦の娑婆であるから夫迄は多くを望むな、諦めてをれとお説きになられたのが仏法の根本であります。
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の建設 光明如来 (光明世界二号 昭和十年一月十一日)

 観音様は別名光明如来と申され、光に依って一切を救はれるのであります。今日迄の宗教は罪障消滅するには非常な努力をしなければならないのでありまして、それでもなかなか一生懸っても消滅は六ケ敷かったんでありますが、それが今度は観音様に依って至極簡単に罪障消滅が出来るんであります。何故かと言へばそれは大きな光であって、光で出来るんであります
2021.06.04
大光明世界の建設

大光明世界の建設 御霊光 (光明世界二号 昭和十年一月十一日)

「神体」を書く場合、「観音光」が私の手と筆を通して文字の中へ入って行くんであります。それが為に文字やお像から絶えず光を放射するんであります。その光に依って一家の罪障が除れるんであります。罪障とは、罪の障りと書くんで、此の障りが解消して行くんであります。
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の建設 光の活動(光明世界三号 昭和十年一月十一日)

私が書いた、御神体は、観音様が直接に、お拵(コシラ) えになられると、言ってもいいのでありますから、此の御神体の強い光に遇へば、一家の暗黒即ち曇は、どんどん解けて、明るくなるんで、実に簡単なんであります。
2020.11.26
信仰

大光明世界の建設 本然の道 (光明世界三号 昭和十年一月十一日)

観音様を信仰すれば、病貧争が無くなる斗(バカリ) でなしに、未(マ) だまだ重大な御蔭があるのであります。それは何かと云ふと人間としての「真の道」が判るのであります。あらゆる階級−−あらゆる職業、凡ての老若男女は、各々天から定められた「本然の道」があるのであります。
2020.11.26
大経綸

大光明世界の建設 最後の審判(光明世界三号昭和十年一月十一日)

観音力即ち「東方の光」は、今後、月日の経つに従って、之が段々、拡がって行くのであります。そうなりますと、人為的でなく、自然的に世の中が、変って行くのであります。それは、あらゆる方面に渉って、間違った事や、悪に属する事が、やれなくなって来るんであります。
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の建設(四)本地垂迹説  (光明世界四号昭和十年一月十一日)

若し、仏教が印度を根本としたものならば吾々日本人は、之に向かって額づく事は出来ないのであります。日本には日本の否、天地の主宰神たる、天照大神様が、厳然と鎮座ましますに於てをやであります。故に、此一事こそ、日本人全体が明かに知らねばならぬ緊要事で、之を知って初めて、仏教の価値も判るのであります。
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の建設(四) 観音様と阿弥陀様(光明世界四号 昭和十年一月十一日)

外の仏様は印度から出たんでありますが、観音様だけは日本から印度へ渡られたんであります。阿弥陀様とお釈迦様とは日本の仏様じゃないのであります。それで頭の毛が縮れてゐるんであります。観音様はちぢれてをりません。よく仏像等で古いのになると一寸見るとお釈迦様か観音様か区別の分らないのがあ
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の建設(四) 世界統一の中心 (光明世界四号 昭和十年一月十一日)

今迄吾々は、日本が世界を統一すると言ひ、又、それを信じてきました。何故であるかと言ひますと、日本は世界の中心であるといふ事であります。所が、世界は日本を称して、極東の国と言ってをります。極東といふと端っこと言ふ意味になります。その端っこが世界の中心であるとは一寸変にとれるのであります。それに
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の建設(四)浄財と不浄財             (光明世界四号昭和十年一月十一日)

それは、名前など一切言へませんけれども或宗教の非常な、熱心な信者がありました。 その信者が、神様の事に就て、結構な御用をしたんでありますが、その人は、家賃を何年も払はずにゐるんであります。ツマリ、払ふべきを払はないで御用をしたのであります
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の実相(五) 聖王母 (光明世界五号 昭和十一年一月二十五日)

昔から三千年の桃の実といふ事がありますが、その謂はれに就てお話致しませう。アノ謡曲にある「西王母(セイオウボ) 」あれは詰りその事になるのであります。「聖王母の園としいふは仏説の胎蔵界の謎にぞありける」「黄錦(コウキン)の御衣(ギョイ) の御袖(ミソデ) をひるがへし桃奉る聖王母かも」
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の実相(五) 高天原の所在地 (光明世界五号 昭和十一年一月二十五日)

世にタカマガハラ、と言ひますが、あれは間違ってをります。高天(タカアマ)と書いてあるんで、天と言ふ字をマガと言ふ事はない。天(アマ)の岩戸と言ふ様にアメとかアマとか読むのであります。何時の頃からか、マガと読んだのは邪神が、自分に都合のいいやうに、そう読ませたんだと思ふのであります。
2020.11.26
大光明世界の建設

大光明世界の実相(五) 万教帰一 (光明世界五号 昭和十一年一月二十五日)

今迄種々(イロイロ)な宗教がありますけれど、それ等は大変間違ひがあるんで、それは神様が、世界経綸の上に於て、本当の事を発表する事が出来なかったんであります。その為に、いくら一生懸命になっても、本当の事が判らない、判らないから種々(シュジュ)と迷ひが起り、迷ひが起るから、人間社会が良くならなかったんであります。
2020.11.26
タイトルとURLをコピーしました