『自観叢書』第3篇 「霊界叢談」 を掲載しています。 ▶️

大光明世界の実相(五) 聖王母 (光明世界五号 昭和十一年一月二十五日)

昔から三千年の桃の実といふ事がありますが、その謂はれに就てお話致しませう。
アノ謡曲にある「西王母(セイオウボ) 」あれは詰りその事になるのであります。
「聖王母の園としいふは仏説の胎蔵界の謎にぞありける」
「黄錦(コウキン)の御衣(ギョイ) の御袖(ミソデ) をひるがへし桃奉る聖王母かも」聖王母の園と言ひますと、それは、今日迄の三千年の歴史なのであります。仏教で胎蔵界と称してをるのがそれであります。何故かといふと、三千年間の文化の歴史と言ふものは、今度の大光明世界、ミロクの世を生まんが為の準備であったのであります。でありますから、三千年間の歴史中に、ミロクの世即ち、光明世界を胎蔵してゐた、それが聖王母の園であります。聖王母の御本体は伊邪冊尊(イザナミノミコト)になります。今迄の世界は伊邪冊尊の御経綸であった、西王母となられて、三千年間、大光明世界を生むべく、経綸されなさったのであります。でありますから、謡曲にある黄錦の御衣を召し、その桃の実を大君に奉るといふ件りがそれであります。
聖王母は、聖観音の聖の字を書く場合もあり、西の王と書く場合もありますが、同じであります。伊邪冊尊は、西の経綸をされた、今迄の東洋文明、及び西洋文明はそれであったのであります。で、最後に、それに生命を入れるべく生れたのが、桃太郎になるのであって、先刻の歌の中に「思ひきや昔語りの桃太郎は千手観音の化現にぞある」といふのが、それであります。そして此桃太郎が、鬼ヶ島を征伐して宝を引いて来るといふ事になってをりますが、あれは、千手観音様が、種々(イロイロ)な物を千の御手に持たれてゐる。あれがその意味になるので、今迄、世界の凡ゆる物は、詰り鬼が持ってゐた、ツマリ、悪に左右されてゐた、伊邪冊尊が折角作られた、素晴らしい文化が、悪の活動になってゐたといふのは、そういふ訳なのであります。それを今度は、観音様が自由になさる。ツマリ、あらゆる文化を、善の活動になさるといふ訳であります。「那岐、那美の、二尊は尉と姥とならせ大天地(オオアメツチ)を、浄めますかも」とありますが、那岐那美二尊が即ち、尉と姥とになるんで、尉と姥が箒木を持ったり、熊手を持ったりしてをりますが、之は姥が一方で掃除をし、尉が、熊手を持って、種々なものを、掻き集める、要するに世界を掃除をし、整理をするといふ意味であります。昔から諾冊二尊が国生み、島生みの御神業をなさったといふ伝説がありますが、ヤハリ今度の新しい世界を生む事にもなるので混沌たる泥海の如き世界に対し、天の浮橋に立たれて塩コホロコホロと掻き廻され、真善美の国生み、島生みの御神業をなさるのであります。
「いさぎよし黄泉比良坂(ヒラサカ)のたたかひに勲たつる桃の実の魂」之は、古事記にもある、黄泉比良坂の戦ひであります。と言ふのは矢張り、桃太郎と鬼とが戦った事を言ふのであります。黄泉比良坂といふ事は、言霊学上、解釈すると、非常に面白いんでありますが、之はいづれお話するとして、比良坂の戦で、伊邪諾尊が桃の実を取って、敵をめがけて打つける、それで鬼共は適はぬと逃げたといふのでありますが、その桃の実が桃太郎になるのであります。ですから此処に御祭りしてある、千手観音様の御神体の、お顔は非常にお若いのです。これは書き直したんですが、書き直す前は、よく仏像にある、髯が一寸ある様に書いたのです。所が霊写真に出たのは、全然髯など無く、大変お若いので、之もやはり丁度桃太郎のお顔になるんであります。黄泉比良坂の戦といふと幾段にもなってをります。一番初めの比良坂の戦が、七年程前に面白い事がありました、それは私が、明治神宮の参道−−あそこは坂になってをりますが、アノ坂は、なだらかな坂、平坂でありますが、一番低くなった所の横町に、某華族で○○○○といふ人がありまして、此人の家へ連れられて行った事がありましたが、其時に神様から知らされたんですが、それが鬼ヶ島征伐の一番初めの戦だといふ事なのです。そうして、その○○さんの家は○○町百○一番地なんで、百の字はモモと読みます、一は初めであります、詰り桃の初めといふ事になるんで、面白いのは其方の姓に、鬼の字が入って居るのであります。然し、其人が鬼といふのではない、単に経綸の型といふ意味であります。其後二段三段と戦ひがありましたが、今は御話しが出来ません、兎に角其度毎に、勝利を得ては、今日に至ったのであります。段々戦ひが大きくなって今も、戦ひをやってゐるのであります。
面白いのは一昨年の五月に、私が応神堂へ来た時に、清水さんが、私が桃太郎の姿をして表で何かやってゐたといふ夢を見られた事があります。それは桃太郎が、愈々表面へ出るといふ告(シラ)せであります。「鬼ヶ城やがて陥なむ、桃太郎は最勝妙如来の君にし在(イマ)せば」此歌も矢張り、桃太郎は観音様で、最勝妙如来と申し、何をされても必ず勝たれるといふのであります。そして、三月三日は桃の実を祝ひ、実を結ぶのが五月五日で、三が女で、五が男であります。それで五月五日に、鯉幟を立てますがあれも深い意味があるので、あれを幟といひます。コヒノボリと言ひますが、鯉は魚の中で観音になるのです。本当の真鯉は、鱗が三十三枚ある、観音様の三十三相と言ふ訳であります。ツマリ菩薩として「下級」に堕(オ) ちて居られたが、時節が来て、鯉の様にノボル、出世をされるといふ意味であります。
昔から、五節句やお伽話、謡曲、常磐津、長唄などに、謎や神秘が秘められてある。それは皆、神様が、今度の事の準備をされたのであります。長唄の勧進帳にも、非常な神秘がありますが、何れお話する時がありませう。それから常磐津の乗合舟なども、士農工商、あらゆる階級が一つ舟に乗って、終にミロクの彼岸にも達するといふ意味であります。

タイトルとURLをコピーしました