『自観叢書』第3篇 「霊界叢談」 を掲載しています。 ▶️

大光明世界の実相(五) 高天原の所在地 (光明世界五号 昭和十一年一月二十五日)

 世にタカマガハラ、と言ひますが、あれは間違ってをります。高天(タカアマ)と書いてあるんで、天と言ふ字をマガと言ふ事はない。天(アマ)の岩戸と言ふ様にアメとかアマとか読むのであります。何時の頃からか、マガと読んだのは邪神が、自分に都合のいいやうに、そう読ませたんだと思ふのであります。然らば高天原とは一体どこにあるかと申しますと、以前から、学者や宗教家達が研究してゐるんですが、今以て判らぬのであります。中には、希臘(ギリシャ)とか、又は印度のヒマラヤ山とか、又は日本の伊勢だとか、信州にあるとか言ふ人もあって、高天原争ひは、今以て決定しないのであります。
所が実は、高天原は、何処にでもあるのであります、小にしては人間の体内即ち心の中であります。頭と腹にあります。頭は天の高天原であり、腹は地の高天原であり、頭と腹は天地になってゐるのであります。心の中にも高天原があって、神仏を拝むといふ、此心が高天原で、信仰心のない人は、曇ってゐて、未だ高天原が開けてゐないのであります。「高天原に神留ります。」と祝詞にもありますけれど、信仰のある人の心には、確かに神様がおいでになるのでありますから、先づ人間は、心に高天原を築かねばならぬのであります。一家にしますと、神様や仏様が祭ってある所が高天原であります。仏の方で極楽浄土、神道の方で高天原であります。観音様は、神仏両方面のお働きになりますから、極楽浄土にも、高天原にも、御出でになる訳であります。神や仏を祭ってないのは、その家には未(マ) だ、高天原がない訳であります、
又一地方とか一町村の高天原は何処かといひますと、それは産土神社であります。高天原に神集(ツド)ふなど言ひますがそれは土地の神々が、産土神の御社へ集まられる事で、人間でも、信仰のある人達が、その神社などへ集まる、特に昔はそういふ風に、何事も、神社(オヤシロ)へ集まっては相談をしたものであります。今は、産土様といふても、ほんの名前丈で、一年に一度祭礼の時、お神輿(ミコシ) の相談に集まる位のものであります。処で、今日重要な会議を待合とか料理屋で、芸者相手にするから、碌な相談は出来っこない。不正な問題や、疑獄など醸すのは当り前であります。政党なども、何か問題を討議するに、そういふ場所でやりますから、真に国家の為になる、正しい結論は得られないから、政党政治は世人から見放されるやうになるのであります。之も自業自得で仕様がありません。
昔はすべて、神社で会議をしたんであります。日本の内閣も、山王の日枝神社の側の山の上に造るとか、又は霞ヶ関に神殿を造り、祝詞を奏上し、斎戒沐浴して、御神霊の前で会議をする様にならなければ巧くゆく道理が無いとおもいます。其様にすれば、防弾チョッキを着て、びくびくする必要もなく、涜職大臣など出る訳はないのであります。日本式の政治は、そうならなければならないのであります。之が高天原の政治で神政であります。又東京の高天原は宮城に当り日本の高天原は伊勢になり世界の高天原は、本当の意味から言へば日本であります。
基督教では、日曜毎に教会に行く事になってをりますが、之等も、其地方地方の人が、一週に一回、高天原へ行って、神の光に浴するのであって、寔に結構であります。そういふ具合に、高天原は到る処にあり、大中小と、それ相応にあるんであります。そんな判り切った事が、未だ決まってゐないのは、寧ろ不思議と思ふのであります。

タイトルとURLをコピーしました