『自観叢書』第3篇 「霊界叢談」 を掲載しています。 ▶️

大光明世界の建設 真のミロク (光世二号 昭和十年一月十一日)

今日の如き澆季末法(ギョウキマッポウ)の世が来る事は、お釈迦様は能く御存知であった。何故なれば、此の世は火宅(カタク) だとか厭離穢土だとか仰有ったのであります。此の世では幸福といふものは得られない。何処迄も苦しまなければならない。苦の娑婆であるとお説きになったんであります。だが然し、仏の世は必ず滅する。そして仏滅後に弥勒が現はれる。それからが初めて五風十雨の正しい世、苦悩のない五六七の世が出現すると予言されて居るんであります。であるからお釈迦様も、ミロク出現迄は苦の娑婆であるから夫迄は多くを望むな、諦めてをれとお説きになられたのが仏法の根本であります。
故に仏教は徹頭徹尾諦めの教でありまして、此の諦めを悟りと謂はれたのであります。此の点は他の既成宗教にも往々有るんであります。然らば五六七の世、又はミロクとは何かと申しますと、ミロク様は三人あるのであります。即ち阿弥陀に釈迦に観音であります。それで三人の弥勒は種々(シュジュ)に分けられてあります。地理的に分けますと、釈迦は東洋の弥勒であり、阿弥陀は西洋の弥勒であり、観音は日本の弥勒になるのであります。
それから之を、天、地、人、に分けますと、阿弥陀が天の弥勒、釈迦が地の弥勒、観音が人の弥勒で又法身、報身、応身に分けますと、法身弥勒が阿弥陀、報身弥勒が釈迦、応身弥勒が観音様になるんであります。ミロクとは五六七と書きますが、五が観音、六が阿弥陀、七が釈迦になるんであります。それで七の弥勒六の弥勒は今迄に一度肉体を以て出た。御承知の通り、七は釈迦でありますし、阿弥陀は釈迦の時代に法蔵菩薩となって現はれたのであります。観音は観音として未(イマ)だ曽(カ) つて肉体を以て現はれた事は無かったのであります。それで五の弥勒即ち観音様はお一人で六と七とのお働きをされるのでありまして、六の弥勒七の弥勒は、それ丈の限られた働きでありますが、観音即ち五の弥勒は六七共兼ねられてのお働きでありますから自由無碍如何なる活動力をも発揮されるんであります。基督教の三位一体といふ事は三人の働きを一人でなさる即ち観音様のお働きの事を言ふたんであります。ですから本当の意味での弥勒といふのは観音様の事なんであります。弥勒出現して五六七の世が成就するといふ事は観音様が現はれて、観音力を以て世を救ふ事なのであります。観音会の働きといふのは弥勒完成の運動をする機関なんであります。

タイトルとURLをコピーしました