『自観叢書』第3篇 「霊界叢談」 を掲載しています。 ▶️

東方の光  (栄百八十二号  昭和二十七年十一月十二日) 

     今から約二千年前位と思うが、ヨーロッパの一隅から東方の光という言葉が生れ、段々拡がって今日は世界中知らぬ者はない程であるが、今日迄此言葉の意味が本当に分らなかった為、今尚謎のまゝになっているのであるが、私は之に就て真の意味を知らせようと思うのである。

     では東方の光とは何かというと、結論からいえば実は私に対する予言であったのである。之を知ったなら驚かぬ者はないであろうし、第三者としては直に信ずる事は出来まいから、茲に確実な例証を挙げて説き明してみるのである。それには先ず私の生れた場所と、それからの移動経路である。私の生れたのは改正前の東京市浅草区橋場町という貧民窟であった。此場所に就て説明してみると斯うである。日本という国は言う迄もなく地球の極東に当り、且日本の東の都は東京であり、東京の東は浅草であり、浅草の東は前記の橋場町であるが、橋場から東は隅田川になっているから、全く此処は東のドン仕舞で、世界全体からみても最東端である。此処でオギャーと生れた私は、八歳の時橋場から西に当る千束町という町に移り、小学校を終えた頃日本橋区浪花(ナニワ)町へ移り、次に京橋区築地町へ、当時の荏原区大井町へ、同大森へ、麹町区平河町へ、今の宝山荘のある玉川へ、次で大いに飛んで箱根、熱海へ移ったが、今度は京都へというように十回移動したが、右の内麹町を除いては九回共西へ移転している。勿論今後も西へ西へと移って、何れは中国から遂にはヨーロッパ辺迄行くのは勿論である。

     茲で今迄の日本に於ける凡ゆる文化を検討してみると、其悉くは西に生れ東に向って移行発展したものである。宗教上では仏教、キリスト教始め、日本に発生した神道、仏教の各宗各派も、悉く西に生れ東漸したものであって、只日蓮宗だけが東から生れた唯1の宗教である。というのは之には深い理由がある。それはどういう訳かというと、抑々仏教本来の意義は、いつも言う如く夜の世界であった期間中の救いであって、つまり月の神の守護であったのである。処が時節到来昼の世界に転換する事になるに就ては、一切は霊界が先であるから、霊界に於ては已に七百年前に、黎明の第一歩に入ったのである。
   其為に生れたのが彼の日蓮上人であって、彼が一通りの修業が終るや、一念発起愈々法華経弘通(グツウ)に当らんとして不退転の決意を固めるや、先ず故郷である安房(アワ)に赴き、海に近い清澄(セイチョウ)山に登って、今や太陽の昇らんとする其刹那、東天に向い無妙法蓮華経の称号を声高らかに唱えたのである。そうして其時を契機として愈々法華経を振り翳し、天下に対って呶号(ドゴウ)し、法華の功徳を口を極めて礼讃したのであった。それから凡ゆる法難と闘い、遂に今日の如き揺がざる一派を樹立した事績は 襟を正さしむるものがある。上人の此偉業こそ実は東方の光の最初の一石であったので、之を霊的にみるとそれ迄闇の世界であった霊界の東端、今や太陽の昇らんとする直前、微かな一閃光であったともいえる。勿論人間の眼には映らないが、大経綸の一歩として重要なる神事であった事は勿論である。それから六百数十年を経た昭和六年六月十五日黎明を期し、私は三十数人の供を従え、安房の乾坤山日本寺の山頂に登って、東天に向い祝詞を奏上すると共に神秘な或事が行われた。それはまだ発表する事は出来ないが、此行事こそ夜が昼になる境目としての経綸であった。面白い事には、清澄山は右の乾坤山の東方指呼の内にあり、全く姉妹山である。又寺の名が日本寺というのも、右の神秘を暗示している訳である。

     右は仏教に関する因縁をかいたのであるが、其他としては、儒教、道徳、支那学、漢方医学等々、日本最初の文化は悉く支那朝鮮から渡来したもので、近代に至って西洋文化が輸入された如く、日本文化の殆んどは西から東漸したものであった。というように初めから東に生れたものは、日蓮宗以外全然なかったのである。又茲で考えなければならない事は、右の如く西に発生した文化によって、平和幸福な理想世界が出来たとすれば何をか言わんやであるが、現実は全然其逆でさえある。成程今日唯物的には立派な文明世界にはなったが、肝腎な人間の幸福は全然得られないばかりか、将来とても得られそうもないと思うのは何人も同様であろう。それが為現在の人間は心の底には何等希望もなく、其日暮しの内にも、何かしら不安がコビリ附いているので、心の底には希望の光を求めて止まないのが、大多数の共通した観念であり、此欲求の中心こそ実に東方の光であったのである。

     右の如く私は文化の根本が逆の移動であった事をかいたが、其理は大自然の実相を見ればよく分かる。即ち日月は東から生れて西に向って運行する事である。之が真理である以上、東方に生れた物こそ永遠なの真其ものであるから、之を信じ行う人にして真の幸福を得られるのは断言して誤りないのである。之を一言にしていえば、今日迄西から東へ押寄せた濁水を一挙に清めて西へ押返えし、澄み切った水晶世界を造らんとするのである。

タイトルとURLをコピーしました