岡田茂吉 どちらが迷信だ (栄光 七十三号 昭和二十五年十月十一日) | 岡田茂吉を学ぶ

どちらが迷信だ (栄光 七十三号 昭和二十五年十月十一日)

      一口に迷信といふと、どうも宗教に附物のやうに思はれるが、実は迷信は宗教には限らない、如何なるものにも迷信はある。唯気が付かないだけである。勿論科学にも、政治にも、哲学、教育、芸術にも悉く迷信がある。否迷信が多すぎて困る位だ。之等幾多の迷信によって、如何に人類は災ひせられ、不幸な目に遭ってゐるかは、計り知れないものがあらう。

      その中の最も大きな迷信とは、何であるかといふと唯物思想である。彼等は見えざるものは信ずべからずといふ建前で、見えるもののみを信じて得々してゐる。此思想が罪人を作り、健康を損ね、貧困者たらしめる。而もそれに乗じて共産主義が発展し、遂に現在の如く第三次大戦の原因とさへなるのであるから、世界中の国といふ国は、何れも之に脅えてゐるといふのが現状である。之によってみても唯物思想の迷信が、如何に恐るべきかを知るであらう。

      諸君は、無神論的共産主義のソ連の人民になりたいか、それとも基督教的民主々義のアメリカの人民となりたいか、それだけ考えても判る筈である。

      私は、病気と健康に就ても、農業に就ても革命的意見を発表してゐる事は、諸君の知る通りである。又他の凡ゆる文化に対しても同様の意見を有ってゐるので、順次表する積りではあるが、それが仲々むづかしいのである。例えば政治に関する事は、宗教上不可とされてゐる。成程、以前と違ひ今日は言論の自由は認められてはゐるが、それは限度がある。その限度とは既成文化を根拠として形成された現在の法規であってみれば、譬へ現在文化に迷信的欠陥があるとしても、それを明らかにする事は容易に許されないのである。その場合当事者がいつもいふのは、社会の秩序維持の為としてゐるが、事実は吾等の意見の方がどの位、秩序維持に役立つかは知れないのである。仮に医学に対し批判をする場合、その欠点を警告しようとしても、医師法違反とか、医療妨害とかいふやうな鉄の扉があって、他の如何なる卓越せる意見と雖も、扉を開かうとはしないのである。従って迷信打破をしたいとしても、限られたる或面だけであって、今はそれで我慢するより外、致し方ないのである。

      然し、私は些(いささ)かも悲観はしない。何となれば、凡ては神様が救世の力を揮はれてゐる以上、問題は時期である。時期が来れば吾等を迷信と見てゐた人達が、実は自分の方が迷信であった事に気がつき、本教に教えを乞ふべき日の、必ず来る事を確信して、其時を待つのみである。

タイトルとURLをコピーしました