岡田茂吉 展覧会を観て(上) (栄光 七十号 昭和二十五年九月二十日) | 岡田茂吉を学ぶ

展覧会を観て(上) (栄光 七十号 昭和二十五年九月二十日)

    私は今度久し振りで、上野に開催中の二つの展覧会を観た、一つは院展、一つは二科会である、どちらも現在日本に於ける東西絵画の代表と思ったからだ、そこで見たままの印象を、茲に赤裸々にかいてみよう、今迄多くの展覧会を見たが、今度程不思議な感に打たれた事は無い、失望と悲哀は私の心を暗黒にして了った、日本には最早絵否油絵はなくなった、美の芸術は最早見られそうもない、どんなに贔負目(ヒイキメ)に見ても、今日見た絵画からの印象は絶望そのものであり、怪しき惑乱感だ、数点は絵画らしいものもあったが、大部分は奇怪極まる妖画でしかない。

      先づ、院展を見た感想からかいてみるが、既往を顧みると、院展も発足の最初は兎に角当時の画壇を断然引き離して、一種独特の新境地を拓き、時代の先駆者としての栄誉を荷ったのは誰も知る処であらう、勿論当時の旧形式に飽き足らなかった画人の群は、流行を追ふ女性のやうに、院展目指して追ひ駈けたのは勿論だったが、いつの間にか追ひついて了った事だ、其中で錚々(そうそう)たる純院展派も出来、所謂中堅幹部として、有名画家となった幾人かはあった、然し不思議にも御大の齢のやうに、院展の歩みは遅々となり、停頓(ていとん)は憧憬画人群をさ迷はして了った。

            京都画壇を見る

      茲で、当時の京都画壇を一瞥してみよう、当時竹内栖鳳氏は京都の画壇に鎮座ましまして、大御所的威を張ってゐたので、東の大観に対し西の一敵国の概があった、勿論京都派の有為の画人は、東京と同様栖鳳を追随したのは勿論である、然し栖鳳逝(ゆ)いて後、盲人の杖を失った如き寂莫たる観を呈した、其間僅かに栖鳳に倣はず、独自の技を発揮してゐた者に橋本関雪、冨田渓仙の二鬼才があったが、此両者共これからと言ふ時、物故して了ったのは惜しみても余りある。

      今、東西画壇を見渡した時、残念乍ら将来性を有つ画人は殆んど見当らないといえよう、成程現在、強いて求むれば、東京に於ては古径、靭彦、青邨、龍子、遊亀、西に在っては平八郎、印象位であらう、成程此人達も上手の域には達して居るが、画壇を指導する程の実力は未だしの観がある、実に心細い限りであって、吾等の鑑賞欲も兎もすれば現代画から離れようとするのは致し方なからう、只僅かに残ってゐるものに玉堂がある、勿論その技に至っては、大観栖鳳に比べて些かの遜色もないが、此人の怙淡(てんたん)たる風格は、何等野心なく奥多摩に幽居して世と交らず、ひとり画業を楽しんでゐる、これは当時偉とするに足らう、故に此人は国宝的存在として静かに余生を送る事を願ふのみである、斯う見て来ると、日本画現在の淋しさは、私感のみではなからう。

      茲で、今一層深く論じてみなくてはならない、彼大観は老齢の為か往年の精気なく栖鳳は已にない、とすれば此二大目標に代るべき巨匠が出ない限り、日本画壇の行詰りは当然である、茲に至って日本画壇の新しい針路を見出さざるを得ないと共に、時代はそれに味方するやうに動いて来た、それは西洋画に活を求める事だ、然し之は日本画の生命を没却した一時的自慰以外の何物でもない。

            近来の作品

      見よ、近来の作品を、日本絵具を油の代用にしてゐる迄だ、之は自己を生かさんとして、自己を殺す事だ、然し乍らレベル以下の画人層は自己満足でそれでいいだろうが、レベルの上に立つ画人は浮薄なる流行を追ふ事は出来ない、と言って超然たる事も出来ない。それは時代の落伍者扱ひを受けるからだといふジレンマにかかってゐる、それが作品によく現はれてゐるから致し方ない、そうして院展の存在確保の為にも御大はじめ、三羽烏の出品は欠くべからざるものであらう、其お座なり的が作品に現はれてゐて、生気なき事夥しい、吾等はそぞろ悲哀を感ぜざるを得ない、世間言ふ如く大観老たるか、今度画伯の鳴戸の絵を観て、右の言の否めない事を知った、何等新味なく相変らずの唐墨で描いた黒い岩と緑青と岩絵具の波である、水が一段低い処へ流下し、出来た二つの渦巻がある、どうみても変だ、何とか今少し工夫がありそうなものだと思った、数年前の此種の絵の方が数段上だと思ふのは、吾等のみではあるまい、又古径氏の女と壷の絵にしても落款がなければ見過ごす処であった、靭彦氏の大観先生の像は可もなく不可もなしか、青邨氏の鯉は凡である。

            私の目をひいた絵

      唯今度の院展で兎も角私の目をひいた絵が一つあった、それは小倉遊亀女の瓶花の図である、ガーデニヤの八重三輪を眼目とし、呉須赤絵の瓶にさし、二三の他の花を遇(あしら)った、そのポーズも色彩も賞めてよかろう、特に余白を淡墨でぼかし、静物を引立たせた意図は心憎い程である、以上私が見たままの感想である。

   

タイトルとURLをコピーしました