岡田茂吉 天国は芸術の世界 (栄光 七十二号 昭和二十五年十月四日) | 岡田茂吉を学ぶ

天国は芸術の世界 (栄光 七十二号 昭和二十五年十月四日)

    私は常に天国は芸術の世界なりといふが、単に之だけでは余りに概念的である。成程美術、文学、芸能等が充実する事も、右の通りで大いに結構ではあるが、本当からいふと凡ゆる芸術が揃はなくてはならない、否芸術化されなければ真の天国とは言えないのである。

      私が唱える処の、神霊療法による病気治しにしても、実をいえば立派な生命の芸術である。何となれば芸術なるものの本質は、真と善と美の条件に適(かな)はなければならないからである。先(ま)づ何よりも病人には真がない、といふのは人間は健康であるべきが真であって、健康を害ねるといふ事は、最早人間本来の在り方ではなくなってゐる。譬えばここに一箇の器物があるとする、其器物のどこかに破損が出来るとすれば、其器物の用途は果せない、水が洩るとか、置くと倒れるとか、使ふとすると毀(こわ)れるとかいふのでは、器物としても真はない、従って何とか修繕して役に立たせるやうにしなければならない、人間もそれと同様、病気の為人間としての働きが出来ないとすれば、無用の存在となって了ふから其修繕をする、それが本教の浄霊である、次に善であるが、人間に善がなく悪のみを行ふとすれば、之も真の人間ではない、動物である、斯(か)かる人間は社会に害を与へるから不要処か、寧ろ生存を拒否しなければならない事になる、然しそれは生殺与奪の権を握られ給ふ神様が行はせられるのである、其結果失敗したり、病気で苦しんだり、貧乏のドン底に落ちたり、中には生命迄も喪ふやうなものさへある。全く神様に審(さば)かれるのである。然し単に悪といっても意識的に行ふ悪と、無意識的に行ふ悪とがある以上、その差別に相応の苦しみが来る、其点は実に公平である、最後の美であるが、之は説明の要がない程、判り切った事だから略すが、以上によってみても明かな如く、真善美の具現こそ、此世界を天国化する根本条件である。

      従而、吾々が病気を治すのも、農耕法を改革するのも勿論芸術である、前者は前述の如く、生命の芸術であり、後者は農業の芸術である、之に加えて吾等が地上天国の模型を作るのも美の芸術であって、右の三者の合体によって、真善美の三位一体的光明世界が造られるのである、之即ち地上天国ミロクの世の具現である。

タイトルとURLをコピーしました