霊的肺患  (自観叢書九  昭和二十四年十二月三十日) 

 私は先年、私の妻が突然発熱、咳嗽、血痰等の肺患三期位の症状を起したので、早速私が治療したが、頗る効果が薄い。二三日経ても症状は一進一退である。そこで、之は霊的ではないかと想ったので、憑依霊の有無を査べてみた所、果してそうであった。その憑依霊は、一年程前私が扱った青年の結核患者であって、終に死亡したが、   その青年は父親と二人暮しで、長い病気の為、金銭を費ひ尽し、赤貧洗ふが如き状態であったから、死後の追善供養など殆んど行はなかったのである。従而、霊は霊界に於て孤独不遇であるから、私によって祀って貰ひたい希望で、私の妻に憑依したのである。--といふ事が判った。そこで私は、準備もあるから明晩祀ってやる故、それまで此肉体が苦しむから放れて待ってをれと言った処、快く承諾し離脱したのである。離脱するや、妻はケロリとなし、何等平常と変りない状態となったので、私はあまりはっきりしてゐるのに驚いたのである。右の霊は、今でも私の家に祀ってある。

    

タイトルとURLをコピーしました