『自観叢書』第3篇 「霊界叢談」 を掲載しています。 ▶️

「文明の創造」の掲載によせて

 「文明の創造」は大阪支部メシヤ講座をお読み頂くとお分かり頂けたかと思いますが、他の御教えとは違っていたようです。
 楳木代表はまずそれを知らせたかったのだな〜と、今になって見ると良くわかります。メシヤ様はご執筆はほとんど夜になされていようですが、「文明の創造」だけは昼の時代の物だからとお昼に時間を見つけてお書きになられていたそうです。

私も「文明の創造」の学びをメシヤ講座で毎月頂くなかで、「文明の創造」は、簡潔な言葉でいろんな御教えを包含しているように思えて、代表にそのように話したことがありました。代表は
「これを読めば、御教えの全てが含まれている。」というようなお言葉を返してくださり、そうなんだーと思い、「文明の創造」の素晴らしさに感銘しました。
 浅学な私としては、御教えは信徒が良くわかるようにという、信徒の為に書かれたものであり、ただ、「文明の創造」は、一般の有識者に向けてメシヤ様がお書きになられたのではないかと思えます。高い教えであることは確かだと思います。高い教えであるが故に、私など読ませて貰っても簡単に理解出来ない所がよく出てくるのですが、”岡田茂吉全集”を読ませて貰っていると、いろんな御教えの疑問が次々解決していくので、メシヤ様が残して下さった御教えは、ありがたくも、私たちに理解できるようにと、常に心を砕いてお書き頂いたものなのだなーとつくづく思います。

 今回、掲載の講座の中で楳木代表は、言霊の事がさっぱりわからないわからない様子の私たちの為に、講座の途中で小型のバインダー型の手帳から、御光和集の言霊の部分を書かれたノートを外してコピー下さった事が懐かしくおもいだされます。このような事まで手帳に挟んでいらっしゃる事には、チョット驚きでした!

メシヤ講座大阪支部の責任者が、講座に附記事項として掲載された内容です。ご参照下さい。

タイトルとURLをコピーしました