御垂示録4号 昭和二十六年十一月一日 (一番大きい事は世界人類を助けると言う事)

    昭和二十六年十一月御垂示

十一月一日

  【御伺い】 京都で、之から土産をやるとおつしやられました、あの事をお聞きしまして、自分の事を考え、人力と神力の差をお教え戴き、有難く――

  【御垂示】さっき話すのを忘れましたが、割合に肝腎な事ですね。つまり、浄霊は力を抜く程良いとしているが、あれと同じで、他の事にも共通している。一番分り易く言うと、之を欲しいと思うでしよう。欲しいが、何うしても之を自分の方に引寄せ様と思うと、来ないものでしよう。欲しい欲しいと思つた時は、必ず来ないものです。病人でも、之を治したら宣伝力もあるし、是非治したいと思うが治らない。そんな事を全然考えないで、なーに、とやつていると治る。それは、是非治したい治したと言うと、執着ですから人間の働き許り出る。そんな事を考えずに神様にお任かせしようと、執着を取るでしよう。すると神様の方から来る。人間の執着が――想念がそこにいくから、神様の方を邪魔する。病人でも、こんな病気に負けるものか、俺の精神力で治して見せると言うのは、大抵死んじやいます。そうでなく、神様の御意の儘だ。と諦めると、助かります。だから、よくもう駄目だ。諦めなさいと言つてから、治るのが沢山あります。面倒なものは、何でも神様に任かせて了えと言うんです。そうすると、案外旨くいくんです。私なんか、始終やゝこしい事がありますが、えゝい。と、神様にお任かせする。やゝこしいのがあつて、あつちを立てればこつちが立たない。と言う場合に――お任かせすると、旨くいきます。思つたよりか旨くいく。よく、「惟神の大道」と言つてね。惟神と言う言葉は良いです。「カミナガラ」ですね。神様の思召しの儘に進んで行くと言うので、非常に良い言葉ですね。

【御伺い】あゝ言う場合に、教えて戴きますと、自分でもゆとりが出て参ります

 【御垂示】そうです。余裕――気楽になりますね。一番は金がそうです。金が欲しい欲しいと思う時は、決して入つて来るものではない。もう、金なんかどつちでも良いと思うと入つて来る。処が世の中の事は全て、人間の力を過信するんです。戦争なんか、こうしたら勝つだろうとか、こうして一挙にやつてやろうとか、日本の戦争みたいに、色んな計画を立てゝやるのは、皆んな駄目になつたですね。

  【御伺い】 昔、自分を偉く思つて、何時も促(アクセク)して失敗して居りましたが、あゝ言う御言葉を戴きますと自分も楽で、旨くいきます

  【御垂示】楽ですよ。それも、その人があんまり依頼心が強くて怠者ではいけませんが、やる丈やつてその後ですね。人事を尽して天命を待つと言うのは、旨い言葉ですね。又、お任かせする神様ですが、力のない神様なら駄目ですが、メシヤ教の神様は絶対の力があるからね。

  【御伺い】 宗教迷信と申しますか、よく大光明如来様と申しますが、私などは、それよりも何事によらず明主様と申しますと、楽になります

  【御垂示】大光明如来様が私の仕事をしているんだからね。仏に化けてね。神様にお任かせすると言う事は良いんですが、神様に惚けると言うのはいけないんです。之は神様の思召しだらうと思うと、それ許りじや失敗して了う。そこに於て叡智と言うのが必要になる。結局に於て、一つの事に捉われてはいけない。又人間力に捉われてはいけない。凡るものを綜合調和させると言うんです。それが、一つの伊都能売の働きですね。それによつて――伊都能売と言うのは、経にあらず緯にあらず、経であり緯でありと言うので、そこに言うに言われない一つのものが出来上る訳ですね。それが一つの――仏教の方で言うと、妙智と言うんですね。

 【御伺い】  何事を致します時でも、神様を信仰して悪い事をすると言う事はないと思ひますが、スースーいくと言う事は、良いと思つてやるのが――

  【御垂示】いけないし、スースーいつても駄目です。何故なら、邪神にやられてもスースーいくんです。そこで叡智です。大乗ですね。小乗でスースーいくのは危ぶないんです。大乗と言うと――何うかと言うと、仮にこの人を助けると言う場合に、人間の力は限度があるから、両方助ける事が出来ない。較べてみて、どつちが大きいか考える。一番大きい事は世界人類を助けると言う事です。それで良くなれば、決して間違いはない。そこで、私は「⇒世界人たれ」と言う論文を書いている。だから、世界中の人間が一国の人間になれば、戦争はなくなつて了う。今迄、それ程でなかつたが、之からは全て世界的にならなければならない。

【御伺い】 今迄は、何うしても会意識があり、あの御論文を戴きましてからは、世界の為に立派な会にならなければならないと思いました

【御垂示】  そこが小乗と大乗ですね。だから忠君愛国は間違っている。人口が増えた国が一番で、他を侵略する。何うしても、人口が広がるので、侵略しなければならない。それで、武力と言う事になる。自分の国丈け良くしようとするのが間違つている。

【御伺い】   人を良くすると言うのと同じ事で――

 【御垂示】そうです。大きくすると国になるんだからね。

  京都で、共産主義に就いて話したが、自分の仲間丈けをと言うのは、成功しつこない。アメリカの方が良い。だから、何うしてもアメリカは一等にならなければならない。

タイトルとURLをコピーしました