岡田茂吉 『文明の創造』宗教篇 「仏教に於ける大乗小乗」昭和27年  | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』宗教篇 「仏教に於ける大乗小乗」昭和27年 

 元来仏教は、小乗が本来である事は、以前私はかいた事があるが、小乗である仏教の中にも、大乗と小乗のある事を知っておかねばならないのである。之を判り易く言えば、小乗は自力本位であり、大乗は他力本位であると思えばいい。そうして仏教中禅宗と日蓮宗は小乗であって、其他は悉(ことごと)く大乗である事で、茲では先ず小乗から解説してみるが、之は自力であるから、どこ迄も難行苦行を修業の第一義としている。というのは此考え方は、其根本が婆羅門(ばらもん)宗から出ている為である。殊に彼の禅宗に至っては、最も此行(や)り方が濃厚に表われている。

 曩にも詳しく説いた如く、釈尊によって主唱された仏教精神は、婆羅門式難行苦行は誤りであるとし、それに代るに経文を唱える事によって、悟りを得るという言わば経文宗教ともいうべきもので、或期間印度全体を風靡(ふうび)した事は人の知る処であるが、其勢いに対してもそれに従う事なく、依然として婆羅門宗を奉ずる一団があった。勿論信念は頗(すこぶ)る固く、相変らず禁欲的難行苦行の道を歩み続けて来たのは勿論で、其信仰の的としては彼の達磨(だるま)であった。そうして達磨思想の真髄としては、苦行の外に学問であって、此両道によって悟道(ごどう)に入るべく、錬磨研鑽したのである。

  処が釈尊入滅後数十年を経てから、婆羅門宗の行者の中に、傑出した一人物が現われた。之が彼の有名な維摩居士(ゆいまこじ)である。此維摩こそ禅宗の開祖であって、此本流が彼の臨済禅である。処が彼は業成るや、印度を捨てて支那内地に移り、布教の為各地を巡跡(じゅんじゃく)し、最後に至って有名な五台山に登って道場を開き、道教の祖となったのである。其様な訳であるから本当からいえば、禅宗は仏教から出たものではなく、日本に入ってから仏教化したものであろうし、そうしなければ布教上にも困難があったからでもあろう。此意味に於(おい)て禅宗の寺院も修業法も、僧侶の日常生活等も他宗とは大いに異(ちが)っているにみても分るのである。彼の禅宗のみに行われている座禅の行も、開祖の達磨の修業に則ったものであるのは言う迄もない。又問答を修業の第一義としているが、之も他の仏教とは異ったもので、学問から生れたからに違いない。それらに就ても肯(うなず)かれる事は、支那日本に於ける古来からの禅僧である。彼等の中、学高き者は漢詩の如きものを作るが、之には禅の悟りを含めたような、言わば漢詩禅ともいうべき詩文を作り、旺(さか)んに書いたらしい。今日之等の書や文字など相当残っているが、好事家から非常に珍重され、価格も高いが、静かに観ると実に脱俗的匂いは人の心に迫り、よく筆者の人格を表わしていて、実に頭の下る思いがする。其中でも有名な彼の碧巖録の作者圜悟(えんご)禅師の如きは支那随一とされている。

 日本に於ける禅宗の開祖は、京都大徳寺の開山大燈国師であるが、此人も当時から傑出した僧で、其文といい書体といい、先ず日本一と言ってよかろう。次は鎌倉円覚寺の開祖無学禅師であるが、私は此人の書は殊(こと)に好きである。此様に見て来ると、禅宗の高僧は僧侶よりも寧ろ宗教学者といった方がいい位である。そうして今日日本の禅宗は、曹洞宗、臨済宗、黄檗(おうばく)宗の三派となっているが、黄檗宗は微々たるもので、之は支那の方が旺んだという事である。禅宗の方は此位にしておいて、次は日蓮宗をかいてみよう。

 日蓮宗は勿論小乗仏教であって、難行苦行による自力本位であるから、他宗の如く釈迦や阿彌陀には余り重きを措(お)かないようで、只一途に開祖日蓮上人を中心に拝み、苦行によって自力を強めようと修業するのは人のよく知る処である。即ち之等によってみると此宗は釈尊の仏教を通り越して、婆羅門の流れを汲んだものといってもいい位である。上人が『吾は法華経の行者なり』と言われたが、此行者の言葉も婆羅門から出ているのである。といって上人は釈尊の経文にも大いに重きを置いている。法華経二十八品を同宗の基礎とした事によってみても分るが、言わば上人は精神は婆羅門に従い、形体は釈尊に学んだといってもよかろう。そうして此宗は最も霊憑りを奨励し、修業の第一義としているが、之も仏教的ではなく婆羅門的である。

タイトルとURLをコピーしました