岡田茂吉 御垂示録1号 昭和二十六年八月五日 ② ※霊界 | 岡田茂吉を学ぶ

御垂示録1号 昭和二十六年八月五日 ② ※霊界

    《お伺い》 「鳥取県I郡T村は日本海に面した二、三百軒の漁師部落で三、四十人の信者が居りますが、メシヤ教に入信すると、其翌日よりの漁業の収獲が悪く、その部落での最大収量のものを百%とすると、七、八十%獲れていた者が入信した場合、四、五十%しか獲れなくなります。二人乗りの舟で七、八十%獲れていた人で、三、四十%程度しか獲れず、既に一年半位になりますが相変らずです。メシヤ教の事を悪く言う人は百二十%位獲れて居ります。三、四軒の家の発動機が壊れましたが、それも全て信者の家で御座居ます。又大きな漁船を持っている所も、収穫が御座居ません。尚、病気では大いにお蔭を戴いて居ります。三軒の家では御神前にお供物をする為に漁に行きました処、その時は鯖の時期でありましたのに鯛が一尾獲れました。先生がお出になると時期外れなのに蟹が獲れたりします。
    その部落は、今迄天理教の信者であり、本教に入信致しました者も天理教より変って来た者で御座居ます。
    大阪より転居して来た家では四月廿日より大光明如来様を、他の一軒では光明如来様をお祭りさせて戴いて居ります。光明如来様をお祭りした方の家は、今より一カ月位前から、どうにか他所なみの収量があり、その前の一年半位は獲れませんでした」

    《御垂示》  宗教に関係がある。もっと光明如来様をお祭りさせなければ。天理教の神様の邪魔がある。その中に段々邪魔が出来なくなり、段々獲れる様になる。獲れないのは一時的現象です。

        《お伺い》 「山口県にも同様の事があり、光明如来様をお祭りしてから段々良くなりました」

      《御垂示》 やはり霊界の邪魔なんです。一時先方が勝つが、段々神様の力が強くなると、こちらが勝つ。ミロクの世迄この戦いは続くんです。

        《お伺い》 「七月二十八日朝、子供が御神前のお茶をこぼし、御神体(大光明如来)お額二体、御写真に疵(キズ)つけ、御神体の下の方を少しけがしました。御文字にはかかつて居りません」(光の道会)

      《御垂示》 御神体は平本さんがお浄めしておわびする。お額はおわびして焼いて良い。邪神がしたんだね。

        《お伺い》 「松江のK.T(四十九歳)は今月の雷鳴の時から頭痛がし、浄霊すると霊動致します。合掌した儘手を上げるだけです。強羅に出発直前、御神体にお参りする時霊動をし、家の者が浄霊をしても治まらず、教師の方が来て浄霊すると『自分は神素盞嗚尊であり、主神に三千年の罪をお詫び申したがお許しがない。お参りしてお詫びする』と言って鎮まりました。長く霊動致した場合の処置は如何したら宜敷いでしょうか」

      《御垂示》 それは本当です。松江は、日本に於る素盞嗚尊の住居です。素盞嗚尊は私にお詫びしなければならない事がある。素盞嗚尊は一人ではない。お詫びしたのも、しないのも居る。神素盞嗚尊は私の先祖に対し、ひどく罪がある。素盞嗚尊の霊が解決したら、他の霊が憑るかも知れない。今後の様子をみてみなさい。

        《お伺い》 「太田静子と言う布教師で御座居ますが、精神的、肉体的に浄化戴いて居り、多数の信者が出来ましたが協力して呉れず、名前に押される様に思えて苦しいとの事で御座居ますが」

      《御垂示》 静は魂返しで「ス」になり「ス」は一人と書くから、名前が良すぎて苦しいんですから、改名お願いを出しなさい。

タイトルとURLをコピーしました