岡田茂吉 信仰の種類 (自観叢書十二 昭和二十五年一月三十日) | 岡田茂吉を学ぶ

信仰の種類 (自観叢書十二 昭和二十五年一月三十日)

単に信仰といってもいろいろ種類がある。ざっと書いてみるが、(一)お陰信心。(二)景場信心。(三)有難信心。(四)利用信心。(五)神憑信心。(六)身欲信心。(七)たがる信心。(八)御無沙汰信心。(九)浮気信心。(十)気紛れ信心。(十一)鰹節信心。(十二)贋信心。−等々ある。

 之等を一つ一つ解説してみるが−

(一)お陰信心は−。
ただお陰さえ貰えばいい、神様の為とか世の中の為とか、そういう事は第二義的で、自分さえよければ可いという利己的信心で、之等は多く中流以上の人に多い。信仰を利用する事は知っても、神に感謝し報恩する事を知らないのである。そうして信仰を利用するという事は人間が上で神が下になる。神を崇め奉仕する事こそ神から恵みを受けるのであるから、此お蔭信心は、反ってお蔭を無くする訳で永続きしないものである。

(二)景場信心は−。
その宗教が世の中に埋っている間は甚だ不熱心であるが、一度世の中へ知れ渡り、世間から何や彼や言われるようになると、急に思出したように神様に接近し、働きたがる。

(三)有難信心は−。
之はただ有難い有難いで、客観的には洵に立派な信仰者のように見えるが、神様の大目的たる人類救済というような大きな考えはない。極めて小乗的だから、さっぱり働きがないから、枯木も山の賑やかし程度である。

(四)利用信心は−。
その宗教を利用し、一儲けしようとしたり、何等かの野心を包蔵しているなかなか狡い信仰である。斯ういう人は利用不可能と知るやサッサと逃げてゆく。

(五)神憑信心は−。
やたらに神憑りが好きで、神憑りを扱うのをよいとし、霊界の事を知りたがるのである。之はさほど悪くもないが本筋ではない。何故なれば心霊研究会のやる仕事で、低級霊の御託宣を信じ易く、外れるような苦駄らない予言を有難がるので、先づ邪道である。

(六)身欲信心は−。
欲一方で信心する。世間によくある○○様や○○稲荷等へ月詣りしたり、金銭や供物を上げて御利益目当に信仰し、社会や人間の不幸などはテンデ思った事もないという。先づ最もありふれた種類のものである。

(七)たがる信心は−。
威張りたがる、貰いたがる、人からよく思われたがる、よく言われたがる、褒められたがるというように、自己愛から放れ切れない洵に浅はかな信仰で、之等も先づ低級信仰の部類である。

(八)御無沙汰信心は−。
忘れた時分にやってくる。あまり御無沙汰だから、信仰をやめたのかと思うと、そうでもない。何を思い出したのか、亡霊のように、フラフラやって来る。之等は寧ろ信仰をやめた方がよいと思う。

(九)浮気信心は−。
一つの信仰を守れない、種々の信仰をやってみたがる。今日は向うの岸に咲く浮草式、だから本当の御利益などは決して戴けない。といって何か信仰がなければ淋しい。迷いが多過ぎる、人から一寸話を聞くとすぐ其気になる、之は寧ろ不幸な人である。

(十)気紛れ信心は−。
甚だ気紛れで、浮気信心と同様、一つの信仰へ熱中する事は出来ない。次々換える。つまり宗教遍歴者である。此種の人は割合インテリに多い傾向がある。

(十一)鰹節信心−。
神様や信仰をダシにして自分の欲を満そうとする。身欲信心と同じで、宗教団体にはよくある型で、指導者学者等のエラ方に多い。

(十二)贋信心は−。
表面信仰者らしく見せかけて、肚の底は全然神を認めない。そして此種の信者に限って非常に口がうまいから、最初は大抵騙される。然し永くは神様が許さないから、遂に尻尾がバレて逃げだして了う。 右の中、どれにも該当しない信仰でありとすればそれは正しい信仰である。

タイトルとURLをコピーしました