岡田茂吉 欲張ったヨクのない人 (救世 四十九号 昭和二十五年二月十一日) | 岡田茂吉を学ぶ

欲張ったヨクのない人 (救世 四十九号 昭和二十五年二月十一日)

      今茲(ここ)にかく、ヨクナイ人間というのは善くない人間の事ではない、欲ない人間の事であるというと一寸変に思うであろうが、以下の説明によって誰しも成程と思うであろう。

      熟々(つくづく)今日の社会をみると、欲張りの人間は山程あるが、実をいうとそれ等は悉(ことごと)く欲のない人間ばかりである、欲張りでヨクのない人間とは変だが実は一時的に儲けようとするだけで、その先は損をする事に気が付かないのである、というのは最初嘘で固めたうまい事をいうが、嘘は必ずバレるから、そこで信用は零となる、但し嘘も巧妙につくほどバレるのがおそくなるから其時は俺はうまい事をしたと思うのであるが、嘘はいつかバレずに済む筈はない、処が彼等は永久にバレないように錯覚して了(しま)うので性懲もなく一生懸命人を騙そうとする、勿論世の中には神様などあるものかと、彼等は信じない、即ち唯物思想で固まっているからで始末が悪い、処がバレるが最後信用は一ペんに吹飛んで了うから、それでお仕舞になって了う、という訳で大変な損になる、それが為最早此方(こちら)では相手にしない事になる、そういう時つくづく想う事は、彼等が最初から真正直で誠実にやったら、今頃は信用がついて実に大きな利益となるのは必定で、僅かの間うまい事をしただけで、それでお終いとは、何と欲のない奴かと惜しむのである、随而(したがって)、此手合こそ、実に欲のない人間という事になるのである。

      今日、事業の不振や金詰りに困っている人の大方は、右のようなヨクない人が多いのである、兎(と)に角人間は信用第一である、信用ほど大きな財産はない、信用財産からは何程でも利子が生まれるので金詰りの世の中でも斯ういう財産家は、決して困るような事はないのである、という訳でどうしても見えざる神の存在を信ずる人間にならくては何をやっても駄目である、それには信仰者になるより外ないのである、故に信仰者は無限の宝の持主で、之が真の幸福者であると共に最も欲の深い人である。

タイトルとURLをコピーしました