岡田茂吉 『文明の創造』科学篇「医学の解剖」 | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』科学篇「医学の解剖」( 昭和二十七年)

  私は前項迄に、医学の誤謬を大体かいたつもりであるが、尚進んで之から鋭いメスを入れて、徹底的に解剖してみよう。と言っても別段医学を誹謗(ひぼう)する考へは毫末(ごうまつ)もない。只誤りは誤りとして、ありのまま指摘するまでの事であるから、虚心坦懐になって読まれたいのである。それには先ず事実によって、説明してみる方が早かろう。先ず何よりも医師が患者から、病気の説明を求められた場合、断定的な答えはしない。甚だ曖昧模糊(あいまいもこ)御座なり的である。例えば、患者に対する言葉であるが、何の病気に就(つい)ても、言い切る事が出来ない。貴方の病気は治ると思う。治る訳である。医学上そういう事になっている。此療法が効果ありとされている。此療法以外方法はない。養生次第で治らない事はない。貴方の病は万人に一人しかないなどというかと思えば、貴方は入院しなければいけない、と言われるので患者は「入院すれば治りますか」と訊(き)くと、「それは請合えない」というように、実に撞著(どうちょ)的言葉である。又予想と実際と外れる事の、如何に多いかも医家は知ってゐるであろう。

 そうして、最初診察の場合、型の如く打診、聴診、呼吸計、体温計、レントゲン写真、血沈測定、注射反応、顕微鏡検査等々、機械的種々な方法を行うが、医学が真に科学的でありとすれば、それだけで病気は適確に判る筈である。処が両親や兄弟等の死因から、曽父母、曽々父母に迄及ぶのは勿論、本人に対しても、病歴、既往症等微に入り細に渉(わた)って質問するのである。之等も万全を期す上からに違いないが、実をいうと余りにも科学性が乏しいと言えよう。処がそうまでしても予想通りに治らないのは、全く診断が適確でないか、又は治療法が間違っているか、或いは両方かであろう。事実本当に治るものは恐らく百人中十人も難しいかも知れない。何となれば仮に治ったようでも、それは一時的であって安心は出来ない。殆(ほと)んどは再発するか、又は他の病気となって現われるかで、本当に根治するものは、果して幾人あるであろうか疑問と言えよう。此事実は私が言う迄もない。医師諸君もよく知っている筈である。此例として主治医という言葉があるが、若し本当に治るものなら、それで済んで了うから主治医などの必要はなくなる訳である。

 右によっても判る如く、若し病気が医学で本当に治るとしたら、段々病人は減り、医師の失業者が出来、病院は閑散となり、経営も困難となるので、売物が続出しなければならない筈であるのに、事実は凡そ反対である。何よりも結核だけにみても、療養所が足りない、ベットが足りないと言って、年々悲鳴を上げている現状である。政府が発表した結核に関する費額は、官民合せてザッと一ヶ年一千億に上るというのであるから、実に驚くべき数字ではないか。之等によってみても、現代医学の何処かに、一大欠陥がなくてはならない筈であるに拘わらず、それに気が付かないというのは不思議である。というのは全く唯物科学に捉われ、他を顧みないからであろう。

 そうして、診断に就て其科学性の有無をかいてみるが、之にも大いに疑点がある。例えば一人の患者を、数人の医師が診断を下す場合殆ど区々(まちまち)である。というのは茲にも科学性が乏しいからだと言えよう。何となれば若し一定の科学的基準がありとすれば、其様な事はあり得る訳があるまい。若(も)し医学が果して効果あるものとすれば、何よりも医師の家族は一般人よりも病気が少なく、健衆であり、医師自身も長寿を保たなければならない筈である。処が事実は一般人と同様処か、反って不健康者が多いという話で、これは大抵の人は知ってゐるであろう。而も医師の家族である以上、手遅れなどありよう訳がないのみか、治療法も最善を尽くす事は勿論であるからどう考えても割り切れない話だ。そればかりではない、医師の家族が病気の場合、その父であり、夫である医師が、直接診療すべきが常識であるに拘わらず、友人とか又は他の医師に診せるのはどうした事か、之も不思議である。本当から言えば、自分の家族としたら心配で、他人に委せる事など出来ない訳である。それに就てよく斯ういう事も聞く。自分の家族となると、どうしても迷いが出て診断がつけ難いというのである。としたら全く診断に科学性がないからで、つまり推定憶測が多分に手伝うからであろう。

 私は以前、某博士の述懐談を聞いた事がある。それは仲々適確に病気は判るものではない。何よりも大病院で解剖の結果、診断と異う数は、一寸口ヘは出せない程多いといった事や、治ると思って施した治療が、予想通りにゆかない処か、反(かえ)って悪化したり、果ては生命迄も危くなる事がよくあるので、斯ういう場合どう説明したら、患者も其家族も納得するかを考え、夜も寝られない事さえ屡々(しばしば)あり、之が一番吾々の悩みであるというので、私も成程と思った事がある。

 此様に、医学が大いに進歩したと言い乍ら診断と結果が、実際と余りに喰(くい)違うので、医師によっては、自分自身医療を余り信用せず精神的に治そうとする人もよくあり、老練の医師程そういう傾向がある。彼の有名な故入沢達吉博士の辞世に、『効かぬとは思えど之も義理なれば  、人に服(の)ませし薬吾服む』という歌は有名な話である。又私は時々昵懇(じっこん)の医博であるが、自身及び家族が罹病の場合、自分の手で治らないと私の処へよく来るが、直(じき)に治してやるので喜んでゐる。以前有名な某大学教授の医博であったが、自分の痼疾(こしつ)である神経痛も令嬢の肺患も、私が短期間で治してやった処、其夫人は大いに感激して、医師を廃め、本療法に転向させるべく極力勧めたが地位や名誉、経済上などの関係から決心がつき兼ね、今以て其侭(そのまま)になっている人もある。今一つ斯ういう面白い事があった。十数年前或大実業家の夫人で、顔面神経麻痺の為、二目と見られない醜い顔となったのを頼まれて往(い)った事がある。其時私は何も手当をしてはいけないと注意した処、家族の者が余り五月蝿(うるさ)いので、某大病院へ診察だけに行ったが其際懇意である其病院の医長である有名な某博士に面会した処、その医博曰く”その病気は二年も放っておけば自然に治るよ。だから電気なんかかけてはいけないよ。此処(ここ)の病院でも奨めやしないか”と言われたので『仰言る通り奨められましたが、私はお断りしました』と言うと、博士は『それはよかった』という話しを聞いたので、私は世の中には偉い医師もあるものだと感心した事があった。その夫人は二ヶ月程で全快したのである。

  偖(さ)て、愈々医学の誤謬に就て、解説に取りかかろう。

タイトルとURLをコピーしました