岡田茂吉 『文明の創造』科学篇「主なる病気(一) 腎臓病と其の他の病気」 (昭和二十七年) | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』科学篇「主なる病気(一) 腎臓病と其他の病」 (昭和二十七年)

私は、人体の重要なる三大機能の大体をかいたが、之から主なる病気に就(つい)て解説してみよう。

腎臓病と其(その)他の病 

 腎臓は体内機能中、三大機能に次いでの重要なる役目をしているもので、之は医学でも唱える如く、一旦腎臓へ集溜されたる液中から、貴重なるホルモンを抽出すると共に、廃物液体である尿は膀胱へ送られるのである。処が厄介な事には、腎臓が完全に活動されるとしたら右の通りであるが、実際上幼児から少年、青年、壮年と年を重ねるに従って、漸次働きが鈍るのが通例で其原因は腎臓が萎縮するからである。では何故萎縮するかというと、腎臓が前述の如く、必要なものと不必要なものとが分けられる場合、右の二者以外の異物が混る場合がある。此異物こそ言う迄もなく薬毒であって、之がどう処理されるかというと、ホルモンにも尿にもならないので、腎臓の表皮を浸透して、背部腎臓面に浸出し僅(わず)かづつ溜るのである。それが固結し腎臓を圧迫するから、腎臓は漸次萎縮し、ホルモン産出は減少する。(不感症は比原因が多い)と共に、尿の処理も鈍化し、其の幾分は之も外部へ浸出するから、薬毒に追加され、両毒合併して毒結は愈々増大する以上、脊柱の両側に溜り上向延長しつつ、遂に肩や頸の辺迄及ぶのである。肩や首が凝るのは之であって、面白い事には此両毒結を判別する事が出来る。即ち患部を押せば薬毒の方は固くて痛み、頑固性であるが、尿毒の方は稍々(やや)柔軟で殆んど痛みがない。そうして毒素は遂に頭脳内に迄進入するので、其結果浄化が発(おこ)るそれが頭重、頭痛は勿論、脳膜炎、日本脳炎、脳脊髄膜炎、脳溢血等、凡べての脳疾患である。此頭脳内の毒素の有無を知るのは甚だ簡単で、頭脳に手を触れてみれば直ぐ判る。即ち少しでも温味(あたたかみ)があれば毒素のある証拠で、温い程毒素が多い訳だが、現代人で無熱の人は恐らく一人もあるまい。

  そして前頭部に固結した毒素の、急激強烈な浄化が脳膜炎であり、此病気が児童に多いのは、浄化力が旺盛であるからである。即ち此病気は高熱と共に、前頭部の激痛と目が開けられないのが特異性で、之は眩(まぶ)しいのと眩暈(めまい)との為である。然し之も放置しておけば、毒結は溶解し涙、鼻汁等になって排泄され、完全に治るのである。而も予後病気以前よりも頭脳明晰となり、児童などは学業の成績も優良となるので、これは医師も一般人も意外に思うのである。処が医療は、氷冷等で固(かた)める為、一旦無熱となり、治ったようでもその固結が機能の活動を阻害し、痴呆症や、その他種々の不具的症状を表わすのである。

 其他として、彼の日本脳炎であるが、之は統計によるも五歳から十歳位迄が、最も多いとされている。之によっても判る如く、夏日炎天下に帽子も被(かぶ)らないで遊ぶ場合、脳は強烈な日光の直射を受けるから、其刺激によって背部、肩等にある毒素が頭脳に向かって集中を開始する。その際一旦延髄附近に集溜するので、其部に手を触るれば棒状の固結を見るが、それが高熱によって溶解、後頭内に侵入するや、非常に睡(ねむ)くなるのである。処が医療は氷冷で固めるから、予後脳膜炎と等しく、種々な不具的症状を残すのである。然し此病気も放置しておけば、後脳内に入った毒素は、頭脳を通過して目及び鼻口から、血膿となって旺(さか)んに排泄され、出るだけ出ればそれで完全に治って了うのである。先ず全治迄一週間とみればいい。而(しか)も予後脳膜炎と同様、児童などは非常に学校の成績が良くなるのみならず、初めから生命の危険などは絶対ないに拘わらず、死ぬというのは全く氷冷等の、誤れる逆療法を行うからである。そうして日本脳炎は夏期罹病するに対し、冬期に発るのが脳脊髄膜炎である。之は日本脳炎と同様、延髄附近に毒素が棒状に固結するが、之は夏と異い日光に晒(さ)らされていないから、中途で止まるという訳である。此病気の特異性は右の如き棒状の為、首は前後に動かず、恰度(ちょうど)丸太棒のような形でよく判るのであるが、此経過も日本脳炎と同様であるから略す事とする。

  次に脳疾患の外の種々の症状を詳しくかいてみよう。

  前述の如く萎縮腎の為、頭部に向って進行する毒素は、延髄附近にも固結するので、眼球に送血する血管が圧迫され、眼は貧血を発す事になる。つまり眼の栄養不足で、其為視力が弱り、遠方迄見得る力が足りない。之が近視眼の原因である。何よりも右の固結を溶解するに従って、近視眼は全治するに見て明かである。乱視も同様の原因であるが、只乱視の方は、浄化の為人により固結状態が絶えず動揺し、血管を不規則に圧迫する為、視力も動揺するからである。又底翳(そこひ)は眼底に毒素が溜結し、視神経を遮断するから見えないのである。白内障、緑内障は、眼球そのものに毒素が固結するので、之も放置しておけば自然に溶解し全治するが、医療は点眼薬や眼球注射等を行うから、此薬毒の為毒素は固まって了い、治るべき眼病も治らない結果になるのである。そうして凡ての眼病は、頭脳に集溜した毒素が、出口を求めて眼球から排泄されようとし、一旦眼球に集中し、再び溶けて膿、目脂(めやに)、涙等となって出るのであるから、放任しておけば長くはかかるが、必ず治るものである。又トラホームは頭脳の毒素が眼瞼(まぶた)の裏の粘膜から排泄されようとし、発疹となって排膿されるので、之も自然に簡単に治るものである。

  次に鼻に関する病であるが、鼻茸(はなたけ)、肥厚性鼻炎、鼻加答児(かたる)等は、何れも頭脳の毒素が一旦鼻の両側、鼻の奥、鼻口等に集溜し、排泄されるのであるから、之も自然に治癒すべきを、医学は種々の逆法を施す結果、治らない事になるのである。又中耳炎は耳下腺及び淋巴腺附近の毒結が高熱により溶解穿骨(せんこつ)し、一旦中耳に入り、鼓膜を破って排泄されるそれらの痛みであるから、之等も二、三日そのままにしておけば、順調に治癒されるのである。

  次に扁桃腺炎であるが、之も淋巴腺附近の毒素が、日を重ねるに従い、扁桃腺に固結し高熱によって溶解、粘膜を破って排泄されるという極く簡単な浄化作用で結構なものであるが、医学はルゴール等の塗布薬を用い、浄化を妨害するので拗(こじ)れると共に、遂に膨大し手術の止むなきに至るのである。故に読者諸君は試みに、今度扁桃腺の発った場合、何もせず放っておいてみられたい。すると短時日で順調によく治って了うばかりか、発る毎に段々軽くなり、遂に全治するのである。之は私が慢性扁桃腺炎を治した経験と、多数の人に教えた結果、例外なく根治したにみても確実である。

 茲で面白い事がある。それは多い病気とは言えないが、割合厄介なものに歯槽膿漏があるが、之も淋巴腺附近の毒素が、歯茎を目掛けて集溜し、血膿となって排泄されようとする一種の浄化であるから、私は斯んな汚いものはないというのである。それは元々尿の古くなったものが、口中から出る訳だからである。之を治すのは訳はない。歯茎を固いブラシで摩擦すれば、血膿が出るだけ出て、それで治って了うものである。

  右によっても分る如く、最初に述べた寒冒の原因である肩から上に固結する毒素は、凡て腎臓が元である事は明かである。としたら寒冒も結核も肺炎も殆んどの病気は腎臓萎縮が原因である事が判ったであろう。処がそればかりではない。肋膜炎も、腹膜炎も関節リョウマチも神経痛も婦人病も勿論そうであり、カリエスも、肝臓病も、黄疸も、糖尿病も、胆嚢、腎臓、膀胱内の結石も、喘息も、中風も、小児麻痺も、精神病もそうである。としたら実に腎臓萎縮を起さないようにする事こそ、健康の第一条件である。以上の病気は順次説く事にするから、それを読めば尚よく判るであろう。

  此の理によって、腎臓を完全に働かせる事が肝腎で、それには腎臓萎縮の原因である固結を、溶解除去すると共に、作らないようにする事である。処が現在の如何なる療法によっても不可能であるが、独り本教浄霊によれば可能であるから、此一事によっても、病なき世界は期待して誤りないのである。

タイトルとURLをコピーしました