御講話 昭和10(1935)年8月11日 〈信仰の妙諦はここだけ〉

〈信仰の妙諦はここだけ〉人をよくしよう、人を助けようとするときに自分はよくなる。

 ただいまの東さんの話と清水さんの話との解決をつけなければならないことになったのでありますが、いま東さんが出られようとしたのを止めたんですが、たぶんこれからしゃべることをお聞きになったならば、出られる必要はないだろうと思うためなんであります。東さんが御自分の技術の優秀であると、それで霊写真が撮れたんだと言われたことは、たしかにみなさんもお聞きになった。そしてまた偶然に映ったということも言われた。すると偶然に技術が優秀のため偶然に映ったということになる。これがちょっとピタッと来なかったのでありまして、勿論技術は優秀でなくては、この霊写真は撮れぬと思いますが、私は写真の技術などはよく知りませんから、それだけより言えないですが、しかしこういう現象は偶然であるということを言われた。偶然ということは予期しないことで、実は私も予期しなかった。ただなにか不思議なものが映るに違いないということは思われたが、どういうふうに映るかは、夢にも思われなかったんであります。無論これは、東さんも夢にも思われなかったと思う。しかるに三枚とも映ったのです。
 もう一ぱい突っ込めば、技術の優秀なるためと言えば、いくぶん拵え物なることを連想される。拵え物とすれば映す前にそういう物が出る。映るかもしれないということがあれば技術だと言われますが、技術の優秀ということは、写真によく映るとか、薬の使い方、ピントの合わせ方が優秀だくらいにしか、われわれとしては想像がつかない。もし優秀な技術のために映ったとすれば、今後そういうものを出すと言って映れば、たしかに東さんの技術に違いなく、私のみでなく、ほかの人をしてもそうすればたしか優秀と言える。それからなら東さんは立派に言いきっていいと思う。でありますから、どうしても、東さんの今晩言われたことは裏書きするとすれば、今後前に予告して、こういう写真を出すからと言ってそれが出れば、あるいは世界一の技術者と言ってもよい。またそうなる。それより他に私は公平に批判すれば言う点はないと思う。これは清水、東両氏の言わるることの解決点であります。
 私としては、霊写真は『光明世界』へも出してお話しましたから、いまさらお話するところはないと思うも、一言改めてお話しますが、実際のところ、観音力だけで、その他にはなにものもないので、観音様が東さんを使ったんであります。ですから観音様の御都合により、そのときの仕事の上においてだれを使うか判らぬ。今後といえども観音様は必要があればだれでも使う。もし使われた人が、俺がこうであるから使われたとか、俺がどうだからと思うと間違いがある。観音様からこういうお見出しに与かるということは、一生涯の光栄で、それに対してはただ感謝よりほかなにもない。感謝してありがたいと思えば後また使われる。少しでも自分がやったと思ったら観音様はもうお使いにならぬ。この点はたいへん重大なことで、観音会がだんだん発展する上においても、観音様は非常にやわらかくて厳粛で、たくさんな人を呼び寄せては、一人も残らずお試しになり、すぐりにすぐりこの人はという人だけ残し、そういう人達で固めて建設されるので、実にその点は大磐石で、ただパッと拡げない。世間ではよく形だけ見せるようにするが、こういうやり方は非常に観音様は嫌われる。場当たりのいい、ある一時的の仕事などはなさらない。要するに真実で飾り気のないこと、人間のように衒(てら)いもなにもない。本当のお試しとは、自己というものをぜんぜん見ない。本当に世界人類を救わなければならぬというやむにやまれぬ状、またこの世の中の状態を見て、実に哀れだ、かわいそうだ、見てはおれぬ、しかし人間の力ではどうすることもできぬ、しかし観音様が観音力を揮われるにつき、その一部にも加えてもらって、そして力限りやらしてもらうというそれだけで、そこに名誉心などがあると、反対の結果になる。
 こういうように、ちょっと考えが違うと、大きい違いができることになる。どこまでも自分の存在に無関心で、世の中や観音様のためと思うと、その人の存在は大きい存在となる。これは生長の家の物質は心の影というのと似ている。自分を見せようとすると空虚になる。世の人のためと思って自分を無視すると、無視した自分が立派に存在する。ここの道理のはっきり判った人は、本当の働きができる。神の道がある。自分の都合よくなりたい、よくしたいという念が、少しでもあるとすれば、物が思うように行かぬ。自分を空虚にする、自分を無視すればするほど、自分の実在はたしかになる。この点だけが肝腎な悟りで、この前お話したが、お釈迦様の時代に木〔目〕蓮尊者という人がいて、母が地獄で苦しんでいるのが見えるので、どうか助けようと思っても助からぬ。他の人はいくらでも助かる。で、お釈迦様に、お母さんを出そうと思うが、どうしたら地獄から出せるかと聞くと、お前のお母さんはお前が忘れればいいと言われた。そこで考えた結果、はっと思った。
 俺は天下万民を救う使命によって働いているのに、自分の近親の者、親のことばかり思ったため救えなかった。たいへんな間違いをした。第一に天下万民を救わなければならぬと、それからは母のことも忘れ、一切衆生を救いのため活動して、一年経って地獄を覗いてみると、もう地獄には母はいなかったというのであります。
 自分を良くしたいと自分だけよくしようとすると、まずそうなさなければならぬ。人をよくしよう、人を助けようとするときに自分はよくなる。
 信仰の妙諦はここだけなんであります。

<曇り> 天災地変のみでなく、いっさいの人事も人が造る

 今日号外などで出たんですが、またまた大阪、神戸などに水害があった。先刻の号外によると、京都では十人くらい死んだということで、そうとう大きな洪水と思われる。先刻二、三人の人にも話しましたが、どういうわけで洪水になるか、その原因の話をしましたが、すべて天災地変は人間が造るので、陽気が悪いとか、不順だとかいうのも、みな人間がその原因を造る。去年は非常に不作だったんですが、ある人に私は言ったことがありましたが、私は一昨年これを知っていた。一昨年は豊作で米がたいへん安くなったんで、豊年飢饉ということを言っていた。あまり米が安くなったんで、百姓は食えなくなった。それ故に半産運動など起って作るのを加減しようとした。それで、今度は不作だなと思ったんです。なぜならば、神は豊作にしてくだすったので、豊作ならば人民は非常にありがたいことで、それを昔はありがたがったものを、いまは怨むようになった。それで神様としては、こんなに豊作にしてやっても、怨むなら不作にしてやろうということになる。それはきまったことで、これが去年不作になった原因と思う。そういう人間の間違った言葉、人間の間違った心で、天災地変を造るんであります。
 天災地変のみでなく、いっさいの人事も人が造る。俺はどうして信用されないのかという人があるが、それはされないのでなくて、されるようにしないからで、信用されない人は、信用されないようなことをしているんであります。人からよく思われないのも、よく思われぬようなことをしてるので、ただ自分で気がつかぬだけのもので、天地の法則というものは、そこは厳として犯されぬようにできている。
 今年の八月は十日ほど前から涼しいというより寒いくらいで、こんなことは実に珍しい。毎年いまごろ一番暑いときで、寒いということは人間の心が冷酷だからで、すべて陽気は人間の想念、天気は人間の言葉によって造られることを、私は知らされているんであります。
 陽気の不順なのは人間の心が不順で、変動が激しければ人間の心の変動が激しい。それがそっくりそのまま天気に出る。人の悪口を言ったり、悪いことを言ったりすると霊界が曇る。ある程度曇ると掃除されなければならぬ一つの法則ができている。従ってそれは風によって吹き払い、あるいは大雨によって水で流し、火によって浄化したりされる。もしそれが浄化されなかったら、ある程度まで人間は弱る。従って人類は栄えない。衰亡する。そうならないように掃除されるわけであります。それですから、水も火も風雨もありがたいわけであります。
 去年の大阪方面の七十メートルの台風があったのも、あのくらいひどい風がなくては曇りがとれない。今度の水もそうで、水は物質、火は霊ですから、物質の出すべきものも出さず貯めていて金儲けしてる。自分の懐だけ肥やして世のため人のためには使わないで貯めるから、水が溜まることになる。そのために水が溜まって苦しむ。あげくの果てはその金を出さなくてはならぬことになる。たいへんな損害だということであります。
 いままで間違った金を貯めていたのを吐き出して、水が出て失って、生命は助かったんで、もし水がなかったら生命は助からなかった。それで人間は金を貯めるのもいいが、程度を越えると罪穢となって、その苦しみによって出さなければならないことになる。昔からあっちの人は金を貯めることが好きですから水が出る。
 霊界の中で曇りのひどい所と、そうひどくない所とあって、ひどい所はよけいに水が出る。人間でも霊体の非常に曇ってる者は、曇った霊界へ行くようになる。曇った人は曇った所へどうしても行くことになる。霊体のきれいな人はきれいな霊界へ行く。そしてきれいな霊界の所へは水が行かない。それで、観音会は霊界がきれいで光っているので、どうしてもきれいな人が来る。曇った人は来られない。どうしても曇った所へ行く。そういうふうに世の中はできているからそうなるので、その浄化法として雷などがある。ああいう強い電気でなくては霊界が清まらぬから、稲光がピカピカするのも曇りに相応してゆく。電気も曇った所に相応して落ちる。曇りの程度を越えた人は雷で死ぬことになる。ちょうど震災のときなど、被服廠(ひふくしょう)などは曇ってるんでちょうど曇った人があそこへ行きたくなる。曇ってない人は行かぬ。間違えて被服廠へ入った人でも、いよいよの最後のときは旋(つむ)じ風が起って、それに捲き込まれて隣りの安田の池の中などへ投げられる。それは相応しないから弾け出されるんであります。また、引っ越しの家を見つけるにしても、方角も家相もない。曇りのない人は家相の悪いとこへ越せない。越そうとすれば故障が出てくるという具合であります。
 人間の曇りなどにより、人間のあらゆる事件などは根本はそれによって起る。非常に曇ったときには戦争などがある。その点がはっきり判れば、もう自分はきれいになるよりしようがない。
 始終悪いことをしゃべったり、嫌いなことをしゃべると、言葉が一種の曇りになる。以前、見た人の話によると悪口言ったりなどするときは、煤みたいの鼠色の雲となって出る。神様の話したり、神様を讃美するようなことを言ってると白い光になって出る。ですから、多くの人が神様を讃えるような言葉をたくさん言えば、曇りがとれて光のほうが多くなるわけであります。そして天災地変がなくなる。これが判ったら恐ろしいくらいであります。

 人に怨みを受けると怨みの想念が来て、それが曇りとなってその人を取り巻く、一人くらいならいいが、百人千人となってその人を取り巻くと、その人は病気になる。曇りが多いと悪霊が寄って来るから、どうしても病気災難など受ける。反対に人を助けるとありがたいと思う想念が光となって行く。この間救世主の身体からは光が出るということを言いましたが、この理を考えれば判る。救世主は何万何千万の人を助けると、ありがたいという想念が無数の光となって寄って来ると、光で取り巻くから肉眼でも見えるようになる。無論内部からも出るんで、内外両方の光が同時になる。
 それで、観音様を書くのに二重に輪を書くことがあるが、外の光と内の光と両方になるんであります。そういうわけですから、人間は曇りに取り巻かれたらうまくゆかない。悪魔は曇りのある所へ寄るから、悪いことばかりで善いことはない。それゆえ人間は怨みを受けることが一番悪い。悪いことが絶えぬ。
 勝負の場合人を負かしたり、ぶっつけたりするのはよくない。負かすときでも一分の逃げ道を造ってやるのが本当の英雄で、戦人で偉いのは敵を全滅させぬ。全滅さしてはいかぬ。いっぽうの血路を開いて逃げさせるのでなければならぬとは、なにかの軍学家の言った言葉であります。
 そういうわけで、人から怨みを受けず、感謝を受けなければ、どうしても霊が取り巻くから、すべて気持ちよく順調に行くわけはないのであります。

現当利益

  「観音運動」 (御発表)

 要するに寿命を延ばすこと、これがあらゆる問題の解決の根本になるんであります。人間が四十、五十の寿を六十くらいにする。一番働き盛りのこの時代に、生命を落とすんですからたいへんに異う。そうすると、一人のために多くの手をわずらわすことは、国家の経済上からみてたいへんな損失で、この人達の病気を治し、寿命を延ばすことはたいへん重大なることで、どれほど国家のためになるか分からぬ。これほど偉大な運動はないと思います。世間にいろいろそういう運動はあってもできない。また、大きなことを言っても実現の力はなく、言葉の遊戯のようなものが多い。ですから、この点は宣伝することは非常に意義あることと思います。
 観音運動はいかなるものかというと、病気をなくするものであると言うと、現当利益かと言う。よく仏教で現当利益を軽蔑する。それは現当利益を与えたくてもできないから、そういうことを言うので、まず信仰で現当利益のないものは、馬鹿馬鹿しくて信仰することはできない。
 なによりはっきりしてるのは、この十何年間、日本にできた神道宗派は、十年間にできた派の統計をみると、八千いくらでき、天理教は五千いくらできている。これは天理教が病気治しを宣伝したからであります。これに対抗して、浄土宗、禅宗、一向宗というものが、病気治しを看板にしようとしても、治す力がないから、苦しまぎれに現当利益などいうのは低級信仰だ、上等の信仰はお金や病気にもっと超越して、心の安心を得なければならぬものだと、友松円諦(ともまつえんたい)などがやり出した。
 これは新興宗教に対抗の言葉で、実は現当利益をやりたくても力がないので、もはや論議の遊戯になって、かえってそういうものをみると、物の哀れを催すくらいです。現当利益で行くのが本当であります。天理教もそろそろ現当利益がなくなったんで、これから論理になるかなにになるか判らぬ。
 観音会がしきりに現当利益を出すのは、これほど宣伝力のあるものはない。観音会は年々だんだん現当利益が強く大きくなって行くんであります。そういうふうですから、大いに現当利益を看板にして、宣伝して結構と思うのであります。

稲荷

 稲荷さんのことをよく聞かれますが、これは知っていていいことですからお話します。
 稲荷というものは、最初は豊受明神といって五穀の神が、稲を日本中に配られた。このとき狐を使って、狐にそれを咥(くわ)えさせて日本中を配った。それで字によってみると、稲を荷なうという字です。またある説によると、飯成りといって飯をならせるという説もあります。また稲荷の画をみると、狐が稲を咥えて宙を飛んでる、その上に女神が乗っている。これが豊受明神で、そういう具合に稲を狐が配った。その稲を感謝の意味と、また配ってもらいたいといぅ意味から、お百姓が田圃にお宮を建てて祭った。それが正しい意味であります。ところが、世は邪神の世となって、狐を使って悪い働きをした。邪神の親玉として出たので、豊川稲荷などに荼枳尼(だきに)天神というのを中途で祭ったが、あれは金毛九尾の狐で、以前は稲の意味ばかりであったが、今度はなんでもきく利益があるようになった。芸者や女郎が人をだまして金がよけい入るとか、財産を潰すことなどを願って、それを狐が引き受けることになって、ぜんぜん本来の使命は没却され他のことになり、そのために正一位稲荷大明神と明と神とを入れ、鳥居とか食物を上げさし、いばって、終には人間を下に見くだすようになった。これは人間が奉ってそうしたんで、稲荷の根本はそういう意味なんであります。
 いま東京でなど、百姓でない人が祭ることはぜんぜん違っている。狐がどんな神通力があっても、四ツ足で人間より下のもので地べたを歩くものです。これに家の中で人間より上に祭るというのはたいへんな間違いで、霊界ではそこは地べたになるから人間のいる所は地の下になるわけですから、狐を祭れば災難や病人が絶えず、うまく行かぬ。これは卜(うらない)者よりもよく当たる。ですから、家の内には絶対祭ってはいけない。ただし、祖先が畜生道に落ちて狐に生まれて来ることがある。そういう場合は祖先ですから、祭ってはいけないと、その宮を壊すのはいけない。そういう稲荷は、庭なり空き地へ丁重にお祭りする。いかに祖先だといえども天地の規則は枉(ま)げられぬ。四ツ足を座敷に祭るということはいかん。丁重に祭ると稲荷も、喜び、ますますその家を守ってくれる。ただ人間より上の座敷に祭るということはいけない。よく四ツ足のことですから、稲荷が祟ったりなどするから、気をつけなければならないのであります。

*小見出しはHP構成上、こちらでつけました。

タイトルとURLをコピーしました