岡田茂吉 精神病 (自観叢書九 昭和二十四年十二月三十日)※憑霊 | 岡田茂吉を学ぶ

精神病 (自観叢書九 昭和二十四年十二月三十日)※憑霊

    十七歳の女学生の精神病を扱った事がある。之は非常に暴れ、或時は裸体となって乱暴する。其際三人位の男子でなくては制えられない程の力である。又大いに威張り母親を叱りつける事がある。然るに此原因は左の如きものである事が判った。即ち娘の父は数年前没し、現在は母親のみであったがその母親は、数ケ月前或宗派神道の信者となったので、祖霊を祀り替え、仏壇や位牌を処分した。それが為父の死霊が立腹したのが動機となった。処が父の未だ生きてゐる頃、その家は仙台から東京へ移転したが、元の邸宅を売却し邸内に古くから祀ってあった稲荷をそのまま残したので、買主は稲荷の祠を処分してしまった為、その狐霊が立腹し、上京した父に憑依し父は精神病となり終に死亡した。斯様な訳で、父親の霊と稲荷の霊との二つが娘に憑依した為であった。故に発作時父親の霊は母親を叱り、狐霊は常軌を失はせるといったやうな具合であったが、私の治療によって全快し、其後結婚し、今日は二児の母となり、何等普通人と異らないのである。

  右の如く古くからある稲荷を処分した事によって、精神病になる場合が非常に多いのである。今一つ面白い例をかいてみよう。之は、廿歳の青年で、大方治癒した頃私の家で使用した。何時も庭の仕事などやらしてゐたが、私の命令に対し狐霊が邪魔するのである。例えば或場所の草を全部刈れと命じ、暫くして行ってみると一部だけが 残ってゐる。私は、「何故全部刈らないか。」と訊くと、「先生が“そこだけ残せ”と言はれました。」といふ。私は、「そんな筈はない。それでは“一部残せ”と言った時、私の姿が見えたか。」と訊くと、「見えないで、声だけ聞えました。」と言ふので、私は、「それは狐が私の声色を使ふのだから、以後注意せよ。」と言ったが、直に忘れて右のやうな事が屡々あった。

タイトルとURLをコピーしました