岡田茂吉 栄養学 (天国の福音 昭和二十二年二月五日) | 岡田茂吉を学ぶ

栄養学 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

  現代医学に於ける栄養学は相当進歩されていると一般に思われている。そうして医学に於ける解釈は次の如くである。

(某専門家の記事による)
      「私どもは、毎日誰でも三度は大概欠かさずに食事をする。これは日常体内で失われる物質を補うためと、一方では新しく身体の組織をつくる必要からである。
       こうして体内では、断えず分解作用と合成作用との二つが行われているのである。新陳代謝というのはこの二つを総称したものである。ところで  体内で食物がそれぞれ消化吸収されてそれから補給物質になったり、合成物質になったりするまでにはどんな経過をたどるのであろうか。

        まず蛋白質からいうと、消化器の中で分解されてアミノ酸になったのは、腸壁から吸収されて血液の中へ入り肝臓を通過して血液と一緒に全身に送られて、各組織に分配されるのである。かくして組織に達したアミノ酸はそこでそのところの組織に特有な蛋白質に組立られ、一部分はアミノ酸からさらに分解されて尿素、尿酸、アンモニヤ、クレアチン、クレアチニンそれに無機塩類となって尿の中へ排泄されるものである。以上のように蛋白は消化するとアミノ酸として組織の合成に用いられるが、一部は含水炭素や脂肪と同じように燃焼して運動ヱネルギーとなるものである。蛋白質はこの程度にしておいて、つぎに含水炭素だが、この方は最後には単糖類のブドー糖に変化して腸壁から吸収されて静脈へ入り門脈によって運搬される。したがって、含水炭素を一時に沢山とると、血液の中の糖分が増加してくる。そして沢山とった時は肝臓に行ってグリコーゲンとして貯えられ必要に応じて、再びブドー糖となって補給されるのである。このブドー糖は血液中の酸素によって酸化燃焼し、主として運動エネルギーを供給するが、同時に此場合沢山の炭酸ガスを生ずる。運動が激しければ激しい程ブドー糖の酸化作用はさかんで、これに従って肝臓に貯えてあるグリコーゲンが引張り出されて補いをつけてゆく。しかしブドー糖の酸化によって炭酸ガスを生ずる迄には、いろいろの中間産物がある。尿酸はその一つで従って尿酸の量を測ると疲労の程度が分るといってこれも行われる。

    なおこの外に含水炭素の一部分は、体内で変化して脂肪となり沈着する。で含水炭素の食品を沢山食べると体内脂肪が増加して次第に肥満してくるということになるのである。つぎに脂肪であるが、これは胃の中で一部は消化吸収されることがあるが、大部分は腸へ行ってから膵液中の脂肪分解酵素ステアプシンのために、脂肪酸とグリセリンに分解され腸壁を通って吸収され、再び脂肪となり、淋巴液と一緒に乳状態となって体内をめぐり静脈へ入って、脂肪の一部はその後に体内脂肪として蓄積され、一部は酸化燃焼してヱネルギーとなる。しかし含水炭素と違って、これは主として熱のヱネルギーとなって行くのである」以上。

      右の如くその説明は詳細を極め一見洵に感心されるので一般人が信ずるのも無理はないが、如何に巧妙に説かれたる説と雖も実際に適合しないものであっては何等価値を見出す事は出来ない。茲で私の研究による栄養学説を述べてみよう。

  今日栄養学といえばカロリーやビタミン等を云々するが、私は断言し得るのである。それはビタミンのA、B、C皆無の物を食いつつも立派に生活し得らるる事である。

      今日の栄養学に於て根本的誤謬である点は二つの面の一面のみの研究を主としている事である。即ち食物のみの研究を主とし、食物を受入れ、それを処理すべき人体機能の研究を等閑に付している。元来人体内の凡ゆる機能の活動は今日の学理を以てしても到底解き得ない程の化学者であって、凡ゆる食物から必要栄養素を自由自在に生産し、変化せしむるのである。見よ米飯やパンや菜葉、芋豆等を食う事によって、消化機能という魔法使は血液となし筋肉となし骨となすのである。然るに米飯や、パンや、菜葉を如何に分析すると雖も血素の微粒、筋肉の一粍に当る原素だも発見し得られないではないか。又如何なる食物を分析しても糞尿の如き汚穢(おわい)や臭気の原素もなければアンモニアも無いのである。

     右の理に由って、今日の如く栄養と称し、血液やビタミンなどの如きを摂取するとしたら、それは如何なる結果になるであろうかというと、実は人体の衰弱を増す事になるのである。之を読む読者は不可思議に意(おも)うであろうが、深く稽(かんが)えれば直ぐ判る事である。何となればビタミンのない物からビタミンを生産する消化機能であるとすればビタミンを食えば消化機能の活動の余地がないから消化機能は衰退する。消化機能の如き重要機能の活動が衰えるとすれば、連帯責任である他の機能の活動も衰えるのは当然であるから、今日の学理通り実行するとすればそれは逆的結果を招来するという訳である。   

      判り易くする為一つの例を挙げてみよう。ここに或品物の製造工場がありとする。その工場は原料である鉄や石炭を運び込み、それを職工の労作や石炭を燃したり機械を運転したり種々の過程を経る事によって初めて完全なる品物を作り出すのである。  即ちその過程が工場の生活力である。之が(も)し初めから完成した品物を工場に運び込んだとすると工場は職工の労作も石炭も機械の運転も必要がなく煙突から煙も出ないという訳で工場の生活はあり得ないから職工も解雇し、機械も錆び付いて了う事になる。故に人体も亦完成した食物を摂るとすれば、栄養生産工場は活動の余地がなくなるから弱る訳である。此理によって人間の生活力とは未完成食物を完成すべき活動によって発生する事を知らねばならない。勿論ビタミン等凡て栄養素なるものは完成食物である。

      彼の農村人は粗食をするからあれだけの労働力が生れるのである。又有名な満洲苦力(クーリー)の旺盛なる生活力は、彼等は一日三回共、同一の高梁(こうりゃん)パンのみで生活するからである。

      又  所謂栄養学的にみて最も理想的であるのは上流人であろう。。彼等は栄養満点の物を食い混食をなし、よく咀嚼するにも係わらず体位は概(おおむ)ね劣弱であるという事は何を物語っているであろうか。特によく咀嚼する事の不可なる事は胃活動の弱化となるからである。

      又今日の栄養学は穀類の栄養を軽んじている。即ち栄養といえば副食物に多く含まれるように思っているが之も誤りである。実際は穀類の栄養が主で副食物は従である。寧(むし)ろ副食物は穀類をうまく食う為の必要であるといってもいいのである。此例として私は先年日本アルプスへ登山した際、案内人夫の弁当を見て驚いた。それは米飯のみで菜は全然無い。梅干一個も無いのである。私は飯ばかりでうまいかと聞くと、非常にうまいという。それで彼等は十二、三貫の荷物を背負って頗る険路を毎日登り下りするのである。之等の事実を栄養学者は何と説明するであろう。

      右の如く菜が無く飯ばかりで非常にうまいという事は不思議のようだが、それは斯うである。元来人間の機能なるものは環境に順応するように出来ている。粗食を持続すれば舌の方が変化してそれが美味となる。此舌の変化という事はあまり知られていないようである。故に反対に美食に慣れるとそれが段々美味しくなくなるのでより以上の美食を求めるという事実は贅沢の人によく見るのである。

     次に食物の意味に就て説くが、元来食物とは人間は固より凡ゆる生物がその生命を保持せんが為に、それぞれその生物に適合するものを与えられている。従而(したがって)人間は人間として食すべき物、鳥獣類は鳥獣類として食すべき物を造物主は定めてある。然らば如何なる食物が人間に与えられた物であるかというに、これは容易に知る事が出来る。それは味わいなるものが含まれている。即ち食物には味わいを、人間には味覚が具わっている。故に人間は食物を味わいつつ楽しむ事によって自然栄養となり健康の要素となるのである。故に栄養剤の如き味わいもなく咀嚼の必要もなく消化機能の活動も要しない物を食するという事の如何に誤謬であるかを知ると共に、反って有害である事に気づかなくてはならない。そうして食物摂取の場合、各人それぞれの環境職業体質等が異なる以上、其時々嗜好の意欲が起る物が其人の必要要素である訳であるから、飽迄(あくまで)栄養学的理論などに捉われる事なく、自然に要求するままの食物を摂ればいいのである。然るに現代人は殊更嫌いな物を我慢して食い、好きな物を我慢して食わぬ事を以て健康に可なりとするのであるから、その愚及ぶべからざると共に栄養学の弊害も亦看過すべからざるものがある。

      そうして栄養は野菜に最も多く含まれている。故に栄養だけの目的からいえば、穀類と野菜だけで充分である。之を実際にみればよく判るのである。菜食本意の農民、禅僧等が健康で長命であるに反し、魚鳥獣等を連食する都会人は罹病し易く、短命でもある。又肉食偏取者の敗血症を起す事は周知の通りである。此実例として、私は先年栃木県の山奥に在る湯西川温泉に遊んだ事がある。此村は平家村で戸数九十、人口六百余あり。絶対菜食で付近に清流があり、鮎ややまめがいるに係わらず、それの魚獲すらしないのである。聞けば祖先以来口に入れた事がないので別段食いたいと思わないというのである。私はあまり野菜のみの食膳なので鶏肉か鶏卵を要求したが、この村には全然無いというのであるに鑑(み)ても如何に徹底した菜食村であるかを知るのである。勿論無医村で、聞けば医師の必要がないからだという。病人は其当時中風患者が一人あるだけで結核など一人もないという。斯(かく)の如く菜食と無医村なるが為、健康村であるという事実は、吾々に何を教えているかである。又此様な健康村を何故当局者や医学者が研究に手を染めないかと私は疑問に思ったのである。

    又家人の談話によれば最初平家が敗れて山間に遁(に)げ追手の入り難き山の奥へ奥へと進み此地を選んだとの事である。其時の人数は三十人位であったが、何分人跡未踏の山奥であるから食物に困難し、初めは葛の根や木の実などを採って生命を繋いだのだそうである。斯様な極端な粗食を続けつつ滅亡もせず今日の如く一族の繁栄を来した事実にみても私の説を裏書しているのである。

      以上の如く健康だけに就ていえば菜食が最も良いが、現代社会に生活するには菜食のみでは不都合な理由がある。何となれば食物は思想と生活に関係があるからである。即ち菜食者は性格が柔順となり、無抵抗思想となるから国際的には敗者となる患(うれい)がある。彼の印度が滅びたのは宗教的原因もあろうが、国民大多数の食物が野菜と牛乳にある点である。(牛乳は動物性でも菜食と同様の結果となる)

      彼のライオンや虎の如き肉食獣は獰猛性であるに反し、牛馬の如き菜食獣は柔順であるのも右の理に由るのである。従而、菜食者は物的欲望や野心等の積極性が乏しくなる為発展がない。故に現代人はどうしても肉食を或程度必要とする。要はその人の境遇や職業等により取捨選択すべきである。然し乍ら人間は八十歳以上になれば、物欲や闘争心の必要は無くなるから菜食すべきである。それによって健康は増進し、より長命を得る事になるからである。

      然るに今日罹病するや、栄養と称し動物性食餌を推奨する為反って衰弱を増し治病に悪影響を及ぼす事になるのである。

     次に牛乳に就て注意しなくてはならない事は牛乳は歯の未だ生えない嬰児には適しているが歯が生えてからは不可である。

      何となれば歯が生えるという事は、最早固形物を摂取してもいいという事であって消化機能が固形物に適すべく発達したからで之が自然である。従而、栄養として成人者が牛乳を飲用すれば衰弱するのである。前に述べた如く食物を余り咀嚼してさえ衰弱するのであるから牛乳の如き流動物に至ってはより以上衰弱を来すのは当然である。成人者が牛乳飲用の可否を私に問う毎に私は嬰児と同様の食餌を摂るとすれば、動作の如きも嬰児と同様に這ったり抱かれたりしなければならないではないかと嗤(わら)うのである。然し乍ら牛乳も食物を美味しくする目的に使用する事は結構である。

      次に病者はよく粥に梅干を摂るが、之等も間違っている。元来梅干なるものは往昔(おうせき)戦国時代兵糧の目的に使用されたもので、出来るだけ少量で腹が減らないというためである。故に今日では登山や、ハイキングには適しているが、病人には不可である。健康時に於ても梅干を多く食する時は食欲の減退は免がれないのである。

      次に栄養と称し、小児に肝油を飲ませるが之等も間違っている。それは食物中には米でも麦でも豆でも菜でもその物特有の油分を有(も)っているから、体内の機能がそれ等の食物から抽出するので、それで恰度よく栄養に適するのである。即ち糠(ぬか)からは糠油、大豆からは大豆油、菜からは種油が採れるにみても明かである。然るに特に油のみを飲用する事は、偏栄養的で不自然極まるのである。何となれば油だけを飲めば体内機能中の油分抽出機能が退化するからである。

タイトルとURLをコピーしました