岡田茂吉 冷えるという事 (救世 四十八号 昭和二十五年二月四日) | 岡田茂吉を学ぶ

冷えるという事 (救世 四十八号 昭和二十五年二月四日)

     冷えると小便が近くなるのはどういう訳かと時々聞かれるから茲(ここ)にかいてみよう。

    まず人体と水分との関係であるが、人間は水分を口から飲用するばかりではなく、不断に空気中の水分を肺臓の呼吸によって吸収しているので、此量は予想外に多量に上るのである、何となれば呼吸は一分間三十回位、一時の休みもなく吸収しているからである。

      右に対し、水分中の必要分を吸収し不必要分を排泄する、それが尿である、処が尿は下ばかりではない、皮膚からも出る、それが発汗である、処が発汗は誰も知る如く熱の為であるから、夏の暑い時に多量に出るのである、故に寒い時は発汗が少量となるからその分だけ尿量を増す事になる、つまり尿も発汗も同じものであるから、臭気も似ている訳である。

      右の理は、湿性肋膜炎の場合よく判る、湿性肋膜は二枚の肺膜に間隙(かんげき)を生じ、それに尿が溜るのであるから此病気の特性は盗汗を非常にかく、之は右の如く肋膜に溜った尿が汗となって出るからである。

タイトルとURLをコピーしました