坊ちゃんを作る健康法 (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日)

 現代医学の衛生法や健康法は、換言すれば坊ちゃんを作る方法である、というとおかしな話だが、それは斯ういう訳である。

 現代医学の健康法として言う処は人間は無理をしてはいけない、睡眠不足もいけない、消化の良い物を食え、物をよく咀嚼せよ、寒い思いをするな、腹巻をしないと腹が冷える、外出から帰った時は必ず含嗽をしろ−等々である。

処が、仮に右の通りの健康法を実行するとすれば果して健康になり得るであらうかというと私は反対である事を明言する、それは必ず虚弱者になる事で、今簡単に解説してみよう。 先ず無理であるが、人間は無理をするだけ健康になるのである。その證拠にはスポーツマンがレコードを作る場合、極端な無理をする。その為技能が発達する。水泳の古橋君の如きはその最たるものだ。此理によって無理をすると無理の出来ただけ健康が増すのである。何よりも私は今年六十七歳になるが、山野を跋渉する場合若い者は私に敵わないのである。勿論原因は無理をするからである。

  睡眠不足は、結核の原因になるなどというがこれも反対である。その訳は最も睡眠不足の階級としては宿屋、料理屋、待合の女中、芸妓等を見ればよく判る。事実此階級は結核が一番少いということは医学でも言われている。故に私は成可睡眠不足の方針をとっている。

 消化の良い物を食うと、胃の活動力が鈍る。よく噛む事も同様で、造物主は消化の良い物悪い物を多種多様に造られてある以上、それ等を適当に食えという意味である。故に烏賊(イカ)、海鼠(ナマコ)、蛸、沢庵、梅干、茄子、豆等何れも不消化物と思へるが食いたい物は何でも食ふのが本当である。

 風邪を引く事を恐れるが、風邪は最も簡単な健康増進法で、神が与えた唯一の恩恵である事は私が常に唱へる所で私は常に風邪を引くやうに心掛けてゐる。

 腹巻をすると、腹部の皮膚が軟弱になるから、偶々外した場合冷えるので、腹巻を用いないと腹の皮膚が丈夫になるから冷っこない、故に私も家族も決して腹巻はしない事にしている。

 含嗽はしない方がよい、何となれば人間の唾は強力な殺菌作用がある。虫類によっては人間の唾で弱るのがある。その證拠には蚤をとる場合指に唾をつけて蚤を制えると蚤は弱る。それ程殺菌力ある唾を含嗽で一時的なくすのは寧ろ含嗽時は危険という事になる。

 以上の説明は理屈ではない、実際に即している事ばかりで何人も肯き得るであらう。故に医学の健康法は、人間でいえば苦労をさせないようにして甘く育てる坊ちゃん式で、社会へ出ると抵抗力のない役に立たない人間になるのと同様の理である。

タイトルとURLをコピーしました