岡田茂吉 今流行のインフルエンザ (救世四十八号 昭和二十五年二月四日) | 岡田茂吉を学ぶ

今流行のインフルエンザ (救世四十八号 昭和二十五年二月四日)

      最近、全国各地に流行性感冒が猖獗(しょうけつ)してをり益々蔓延の兆ありとの事で、当局も躍起となって、原因を検討しているが、今以て真の原因は判らないようである、その症状としての「特徴は悪寒、頭痛がはげしく、首、背中、腰、手足の筋肉や関節が痛み出し、また鼻血が出たり眼が充血してノドが痛む事もある、場合によっては下痢や腹痛を伴う事もある、大体五日から七日位の間発熱し、此症状が現われるが、気管支炎や肺炎などの合併症を伴わなければ生命に危険はない」(厚生省若林技官談)

      右の如くであるから、わが神医学からみれば単なる浄化作用で、非常に結構であるとみるべきである、放任しておいても簡単に治るので、此点医学でも容易に治るとされている、吾等からみれば、此感冒によって如何に罹病者が健康を増すかという事で、心配処か大いに喜ぶのが本当である、処が、それを知らない医学としては、心配するのも無理はないがその原因を徹底的に知っている吾等は斯ういう事がある度に、今更神に感謝し、その幸福に酔わざるを得ないのである。

      そうして今回の感冒は、人体の表面の浄化作用であるからいいが、何れは内部に固結している毒素の大浄化作用が起る事である、此時こそ簡単には済まされない、続々重症者、死亡者が出来るであろう、その時、幸運な人は本教へ縋り助かるが、頑張って容易に縋らない人は不幸な結果になるので、これこそ神様が行う善悪立別けの一種のメンタルテストといってもよかろう。

タイトルとURLをコピーしました