健康による天国化 (自観叢書十 昭和二十五年四月二十日)

キリストの一大予言である「天国は近づけり」の獅子吼は固より、凡ゆる宗教の目的とする処は、より良き世界即ち人間から苦悩を除き、歓喜の世界実現にある事は言う迄もない。此一致した理想に対し、遺憾乍ら現実は実現処か地獄の境界から脱却するさえ前途遼遠の感がある。洋の東西を問はず、昔から宗教、哲学、科学、道徳、教育等によって不断の努力を払ひつつあるに拘はらず、今以て何等の進歩も見られないのは何が為であろうか、そうして悲劇の根源とも目すべき人間の健康に至っては、解 決の曙光(ショコウ)さえ見られないのが現実である。

 此事に就ては、我々は常に耳にタコが出来る程説いてはゐるが、此問題に限って説き過ぎるとは思はない。何となれば此健康問題が立派に解決されない限り、他の凡ゆる条件が全部具現しても何等の意味をなさないからである。然るに私によって完成された処の神霊療法は、人間の凡ゆる病患を除去し、完全健康体たる事が可能であるのである。

 此様な大発見は、現代文化の水準を抜く事あまりにも高い為反って誤解を生じ易いのである。何となれば恰度地上の人間が屋根の上の人間の頭上が見えないようなものであるからである。

 見よ、一切の悲劇の根源を探究する時、必ずやそこに病患の原因を見出すのである。若くして結核に倒れる者、今や高等学府を出でんとする真際に同病に犯され、当人は元より其親は唯一の希望を失い、前途暗澹たる運命に投げ出される者、中年者にして事業半途にして挫折したり、漸く基礎が成って大いに勇躍せんとする時、病魔の為進退難に陥る者等々、実に社会悲劇の大部分が病気が原因である。それに対して進歩せる医学も既成宗教も、相変らず努力を続けてはゐるが、何等光明を見出し得ないのが事実である。

  此様な悲惨極まる今日、突如として現はれたのが神霊療法である、此神霊療法が如 何に劃期的大医学であるか、一度本教に入信し実体を把握した者は容易に納得がゆく のである。

タイトルとURLをコピーしました