麹町時代 (自観叢書九 昭和二十四年十二月三十日)

前項の如く、私は昭和三年から昭和九年迄六年間、霊的研究と相俟って、神霊療法による病気治療の確信を得る迄に至ったので、之を引提げて世に問ふべく決意した。そこで、其頃の東京市の成可(ナルベク)中心を選ばうとして、麹町平河町に、ピッタリ条件の叶った貸家があったので、そこを借りて、信仰的指圧療法といふ建前で治療所を開業した。そこを応神堂の名をつけ、五月一日から始めたのである。最初は一日数人位の患者でしかなかったが、漸次殖えるに従って段々手狭になって来たので、麹町半蔵門に私が経営した大本教の分所を利用する事となった。恰度その頃私は大本教を脱退し、右の分所は私の自由になったからで、そこを治療所とし、毎日通って治療に従事してゐたのである。
処が、奇蹟物語にかいた霊写真の奇蹟が表はれたのが十月十一日であった事と、病気が治った信者の卵のような人が相当出来たので、一つの新しい宗教団体を作るべく計画し、漸く準備も出来たので、その年の十二月廿三日仮発会式を応神堂で執行し、翌十年正月元旦半蔵門の出張所で、正式の発会式を行ったのである。名称は大日本観音会といった。茲で大黒様に関する奇蹟を一つかいてみよう。
よく人に聞かれる事は、本教の信者は必ず大黒様を祀るが、観音様とどういふ関係があるかと訊かれるが、之は尤もな話で、今日迄そういふ行り方は世間になかったからである。私が大黒様を祭り始めたのは斯ういふ訳があった。確か昭和八年だと思う。数ケ月赤字が続いた事があったので、些か心細かった処、時々私の処へ来る或銀行員が古い大黒様を持ってゐるが、差上げたいというから、私も快く貰って、観音様のお掛軸の前へ安置した処、その月から赤字がなくなって、段々金が入るようになった。そこで、私も成程大黒様は確かに福の神だといふ訳で、それから大黒様を人に頼んだりして出来るだけ集めた。一時は五十幾つ集まったが、観音会が生れて間もなく或日部下の一人が、青山高樹町の或道具屋に等身大の素晴しい大黒様があるとの報告で、早速私は見に行った処、成程時代といひ、作といひ実にいい、売るかと聞いた処、之は売物ではない自分が信仰してゐるのだから勘弁してくれろと言うのでやむなく帰った。それが十二月の半頃であった。すると面白い事には、大晦日の日、道具屋から電話がかかった。「先日の大黒様はお譲りしてもいいが、思召があればすぐにお届けをする。」といふので、私は欣喜雀躍した。その晩自動車で届けられ、早速御神前へ安置した。その時の道具屋の話が面白い。「先生が御覧になった数日後夢をみた。それは大黒様が紫の雲に乗って自分の家からお出かけになったので、眼がさめてから、これはもう自分との縁は切れたものと思ったが、未だなかなか思ひ切れなかった。処が今日の大晦日はどうしても追つかないので、手放す事になったのである。」といふ。私は、「いくらか。」と訊くと、「そういふ訳だから幾らとはいえない。包金で結構だ。」というので、私は物価の安い其頃であったから、三百円包んでやったのである。処が彼は帰りがけに哀惜の情禁じ難いとみえ、大黒様にすがりついて、ボロボロ涙をこぼしてゐた。其事あって以来収入が俄然として増して来たという事実は、全く大黒様のおかげとしか思えないのである。お名前は、「みろく大黒天」とつけた。麹町時代、玉川時代来た人はよく知ってゐる筈である。此大黒様を写真に写した事があるが、其際はっきり円光が表はれたので、当時信者の乞ひに
より数百枚頒布したのである。これでみても普通の大黒様ではない事が分る。製作年代は豊臣時代と思はれ実に名作である。

タイトルとURLをコピーしました