大森時代 (自観叢書九  昭和二十四年十二月)

愈よ全身全霊を打込み、神の命のまま進む事となった。何しろ神の意図が半分、自己意識が半分というような訳で、普通人より心強い気もするが、普通人より心細い気もする。勿論それ程の経済的余裕もなく、先づ数ケ月維持する位の程度しかなく、確実な収入の見込もない、実に不安定極まる生活ではあるが、然し絶間ない奇蹟や神示の面白さで、経済不安など忘れて了ふ程で実に、歓喜の生活であった。只驀(マッ)しぐらに霊的研究と病気治療に専念したのであった。
病気治療といっても医学を修得した私でもなく、只種々な病気にかかり病院へ入院した事三回、医師から見放された重病二回あり、四十歳頃迄は健康の時より病気の時の方が多い位で、全く病気の問屋であった為、其都度医学書を読み耽ったまでである。ざっとその種類をかいてみると、十二、三才頃迄は、腺病質の所謂虚弱児童で、薬餌に親しみ通しであった。それでも小学校だけはどうやら終えたが、子供乍らも、他の健康児童をみると実に羨しかったものである。然し不思議にも学校の成績はよく、大抵主席か二番より下らなかった。十四才で小学校を卒(オ)え画家の目的で美術学校予備校に入学したが、数ケ月後眼病に罹ったので中退、二ケ年有名な眼科医を巡ったが、終に治癒せず諦めて了った。処が間もなく肋膜炎に罹り、大学病院施療科に入院、穿孔排水した処、二百グラム余出た。之は半ケ年位で治癒したが、其後一ケ年を経て再発、種々の医療を施したが、漸次悪化し、一年余すぎた頃肺結核となり、当時有名な入沢達吉博士の診断を受けた処、不治の宣告をされた。それが菜食療法で全治したのである。
其後数年間一切を放擲し、健康恢復に努めたので、漸次恢復し、漸く自信を得るに至ったので、廿五才独立して小間物屋を創めた。素人であり、而も母と親戚の娘と私との三人暮しで、九尺間口の借家で店の事は一切万事私一人でやったのである。当時の模様をざっとかいてみるが、朝起きるや、掃除一切は勿論商品の仕入れも販売も私一人でやったのだから大変である。而も全然経験がないから、商品の用途さえ分らない。その都度母に聞くのである。之は何といふ名前だ、頭のどこにさすものだといふような訳で、化粧品から油、元結に至る迄、俗に種類の多い事を小間物店という位だから、覚える事は容易ではない。其間客は絶えず買いに来る。当時、スキ油一ケ、元結一束など一銭であったので、一銭の客にも一々有難うをいひ頭を下げるのだから堪らない。それが為半ケ年位経った頃とうとう重症な脳貧血に罹って了った。何しろ電車通りへゆくとその音響の為、眩暈がして倒れたり、又十分も人と談話をすると、口が利けなくなるという位であるから、その苦痛は甚しいものであった。二三ケ月医療を受けたが効果がないので、人の奨めで灸療法を受けた処、やや軽快に向ひ、その先生から運動を勧められ、晴天の時は一里以上の歩行をした。それが効果を奏し、二三ケ月で殆んど全快したのである。処がその空白を埋める為馬力をかけた事と、商売の方も相当熟錬したので非常に繁昌した。然し前途を見る時、小売より問屋の方が有望と思えたので、多少儲けた金で創めた処、頗る順調に発展十年位で一流の問屋となったのである。その間にも一年に数回位病気に罹った。その中で重症なチフスに罹った時は遺言までした位で、入院三ケ月で全治した。又痔出血で入院一ケ月、その他胃病、リョウマチ、尿道炎、頻繁な扁桃腺炎、神経衰弱、頭痛、猛烈な腸カタル等々数え切れない程である。
それから間もなく失敗、その結果信仰に触れる事になったのは別項の通りである。茲で私の生れた頃の事をかいてみるが、私の生れたのは東京都浅草橋場という町の貧民窟であった。今も微かに覚えてゐるが、親父は古道具屋で店が三畳位、居間が四畳半位の二間きりであった。そこから十町位ある浅草公園に毎晩夜店を出しに行ったものである。私が物心がついてから父からよく聞いた話であるが、今夜幾らか儲けないと、明日の釜の蓋が開かないというので、雨の降らない限り、小さい荷車へ僅かばかりのガラクタを積んで母は私を背負い、車の後押しをし乍ら行ったという事である。そんな訳で赤貧洗ふが如く、母は今でいう栄養失調という訳で、乳が碌々出ないので近所に蓮窓寺という寺の妻君に乳貰ひに行ったものである。それから私が小学校を出る頃、家計も漸く多少の余裕が出来るようになったので、美術学校へも入いれたのである。従而子供の頃と、世帯を持ってからも、相当期間貧乏の味と金の有難味を充分植えつけられたので、それが非常に役立ってをり、今以て無駄と贅沢は出来ないのであるから、寧ろ其頃の逆境に感謝してゐる次第である。
その後の病気をかいてみるが、別項の如き歯痛や心臓弁膜症、疥癬等も随分苦しんだもので特に歯痛で悩んだのは、大変なもので左にかいてみる。
今から三十五年程前、私は慢性歯痛で苦しんだ事がある。何しろ一本の歯の痛みさえつらいのに、毎日四本も痛むのだから堪らない。当時米国で長く開業してゐた有名な某歯科医に、一年位かかって凡ゆる薬をつけたが治る処か、益々悪くなるばかりだ。或日右の歯科医は斯う言った、「私が知ってゐる限りの薬はみんなつけたが治らないから、之以上どうしようもない。来月私の友達がアメリカから帰ってくるので、いくつか新しい薬をもって来るだらうから、それをつけてみるより外に方法がない。」と言うのである。
之程の歯痛の原因が偶然な或事により、薬毒という事が判ったのでピッタリやめて了った。処がそれから段々よくなって今日に至った。右の或事に就て何れ詳しくかくが、当時私は余りの苦痛に何度自殺を企てたか判らない位で、右の或事は私の生命を救ってくれたのである。

タイトルとURLをコピーしました