玉川時代 (自観叢書九  昭和二十四年十二月三十日)

    麹町半蔵門での開教以来、日に月に発展し数ケ月経た頃は手狭になった為、どこか大きい家を探し求めた処、幸ひなるかな、東京の西端玉川の畔の高台に、最も適当な土地と家がみつかった。土地の面積三千坪、建坪二百数十坪、而も眺望絶佳、玉川の流れを眼下に見、遙かに富士の威容を望むのであるから、その時つくづく神様が準備された事を知ったのである。其時斯ういう事があった。その屋敷の門から入り、庭に降り立つや思はず知らず、「こゝだ。」という声が出た。帰宅後一首の歌が浮んだ。

                月に好く   花にまたよし雪によき   玉川郷は天国の花

 其時玉川郷といふ名をつけたので、それが今の五六七教関東別院である。処がそこは気に入ったものの、値を聞いてみると九万八千円といふのである。然し私の懐には五千円しかないので、金が足りないから難しいといふ返事をした処、先方は借金に苦しめられてゐて一日も早く移転しなければならない事情なので、一万円の手金を打ってくれればすぐにも立退くといふのである、そこで私も欲しくて堪らないから手持の五千円と借金を五千円し、合せて一万円を渡し、兎も角引移る事となった。其時が昭和十年十月一日である、それからそこを大日本観音教会本部とし、治病を兼ねた宗教活動に発足する事となったのである。予期の如く漸次発展し、漸く附近に知らるる事となった処、翌十一年八月当局の大弾圧が来、一頓挫の止むなきに至った。その模様は順次かく事にする。

タイトルとURLをコピーしました