入信の動機 ( 自観叢書第九篇 「光への道」昭和24年12月30日)

私の若い頃は不正を憎む心が旺盛で困る事がある。特に政治家の不正や、指導階級の悪徳ぶり等を、新聞や雑誌でみたり、人から聞かされたりすると、憤激が起ってどうにも仕様がない事がある。全く信仰上からいえば厄介な小乗的人間であった。此様な性格が私をして不正を行はしめない処ではなく、何か社会人類の為、役立つ事をしたい。社会悪を少しでも軽減したいといふ気持が一杯で、それにはどういふ事をしたら一番効果的であるかを考え抜いた末、先づ新聞を経営し、新聞によって大いに社会悪を矯正しようと考えた。それが恰度大正七八年頃で其頃大新聞でなくとも中新聞位を経営するにも先づ百万円の金を用意しなくてはならないといふ事を知ったので、よし一つその百万円の金を儲けようと決意した。其当時私は小間物問屋を経営してゐたが、とに角廿五才の時の私が商業には素人で、親から貰った資金が三千五百円位でそれで開業したのであるが、うまく当って十年間で十五万円位の資産が出来たので、些か自惚れも手伝って一日も早く百万の金を得やうとしたのだから大いに無理があった。処が世の中の裏を知らない私は、世間を甘くみて、資本金二百万円の株式会社を作り、私は社長に納って、大いに発展しようとした。それが大正九年の二月であった。右のような訳で一時は商品も充実さした。処へ翌三月十五日彼の有名なパニック襲来が始った。株は大ガラとなり、商品は一挙何分の一に下落したのだから、生れたばかりの株式会社岡田商店は一たまりもなく転落、二ッチも三ッチもゆかない事になった。それでも何糞と社運挽回に大努力をし、十年、十一年、十二年頃は漸く瘡痍も癒えかかり、之からといふ時、天は飽く迄無情であった。同年九月一日、彼の関東大震災に遭ひ、店舗も商品も全部烏有(ウユウ)に帰し、貸倒れも莫大な額に上り、もはや再起不可能の運命に陥ったのである。
これより先、大正六年頃より例の百万円獲得の為其の勧めに従ひ、その頃景気の好かった株式仲買店に対し、金融業を始めた。それが高利なので仲々馬鹿に出来ない程の収益があったので、段々拡張して、当時日本橋蠣殻(カキガラ)町にあった倉庫銀行に私も些か信用が出来たので、手形や小切手の割引をし、金を貸し、その利鞘をとってゐたのである。処が八年春右の銀行は、突如支払停止となり、破産にまで転落した。それが影響を受けて私も一大苦境に陥り、搗(カ)てて加えて、妻の死に遭った。而も妻は三人目の姙娠五ケ月にして逝いたのである。前の二人の子は死産と流産で、今度で三人目も又駄目となったので実に内憂外患悲観のドン底に陥った揚句、苦しい時の神頼みで、無神論者のコチコチの私も、種々の宗教を漁り始めた。どれもこれも面白くない。処が当時華やかであった彼の大本教に少からず魅力を感じたので入信するにはしたが、あまり熱が出なく一年位で忘れたようになってしまった。といふのは事業を建直して再興する見込がついたからで、それが信仰熱冷却の原因でもあった。又先に述べた株式会社の、陣容を新たにすべき意味からでもあった。それが不幸にして大震災に遇ひ、致命的打撃を受けたのだからどうしようもないといふ訳で、愈々(イヨイヨ)決心し、再び大本教に接近し、今度は頗る熱烈な信仰者となったのである。
そうして漸次信仰生活の時を閲するに従って斯ういふ事を悟ったのである。それは私の失敗の原因であった社会悪減少の為に、志した新聞などは未だ効果が薄い。どうしても神霊に目醒めさせる−之だ。之でなくては駄目だ。どうしても人間の魂をゆり動かし目覚めさせなければ、悪の根を断つ事は不可能である事を知ったので、それからといふものは、寝食を忘れ、神霊の有無、神と人との関係、信仰の妙諦等の研究に没頭したのである。と共に次から次へと奇蹟が表はれる。例えば私が知りたいと思ふ事は、何等かの形や方法によって必ず示されるのである。そうだ確に神はある。それも頗る身近かに神は居られる。否私自身の中に居られるかも知れないと思ふ程、奇蹟の連続である。それ処ではない。私の前生も祖先も神との因縁も、私の此世に生れた大使命もはっきり判って来たのである。これは一大事だ。一大決心をしなくてはならない−といふ訳で、営業は全部支配人に任せ(後に全部無償で譲渡した)それからは全身全霊を打込んで信仰生活に入ったのである。それは忘れもしない昭和三年二月四日節分の日であった。

タイトルとURLをコピーしました