岡田茂吉 死線を越えた話 (自観叢書九 昭和二十四年十二月三十日) | 岡田茂吉を学ぶ

死線を越えた話 (自観叢書九 昭和二十四年十二月三十日)

  私が治療時代、某会社重役の夫人、(三十歳)重病の為招かれた事があった。勿論医師から見放されたのであって、その家族や親戚の人達が、是非助けて欲しいとの懇願であったが、その患者の家が、私の家より十里位離れてゐるので、私が通ふのは困難であるから、兎も角自動車に乗せて、私の家へ伴れて来たのである。其際、途中に於ての生命の危険を慮り夫君も同乗し、私は車中で、片手で抱え片手で治療しつつ、兎も角、無事に私方へ着いたのである。

    然るに翌朝未明、付添の者に私は起されたので、直ちに病室へ行ってみると、患者は私の手を握って放さない。曰く、「自分は今、身体から何か抜け出るやうな気がして恐ろしくてならないから、先生の手に捉(ツカマ)らして戴きたい、そうして妾はどうしても今日死ぬやうな気がしてならないから、家族の者を至急招んで貰ひたい。」といふので、直ちに電話をかけ、一時間余経って夫君や子供数人、会社の嘱託医等、自動車で来たのである。其時患者は昏睡状態で脈搏も微弱である。医師の診断も勿論時間の問題であるといふ事であった。そうして家族に取巻かれ乍ら、依然昏睡状態を続けてゐたが呼吸は絶えなかった。終に夜となった。相変らずの状態である。丁度午後七時頃、突如として眼を見開き、不思議相にあたりを見廻してゐるのである。曰く、「私は今し方何ともいえない美しい所へ行って来た。それは花園で百花爛漫と咲き乱れ、美しき天人が多勢ゐて、遙か奥の方に一人の崇高(ケダカ)き、絵で見る観世音菩薩の如き御方が、私の方を御覧になられ微笑まれたので、私は思はず識らず平伏したと思ふと同時に覚醒したのである。そうして今は非常に爽快で、斯様な気持は罹病以来、未だ曽つ て無かった」と曰ふのである。其様な訳で、翌日から全然病苦はなく、否全快してしまって、ただ衰弱だけが残ってゐた。それも一ケ月位で、平常通りの健康に復したのである。

  右は全く一時霊が脱出して天国へ赴き、霊体の罪穢を払拭されたのである事は勿論である。そこは第二天国の仏界である。

タイトルとURLをコピーしました