神和会『特別御面会御光話』各宗教祖との誓い 昭和26(1951)年7月8日


 明主様には昨二五年六月、御法難に遭って、静岡庵原(いはら)警察署にお入りになったことは、世人のよく承知のことであるが、これは一大神秘であります。
 明主様には深夜、各宗の教祖と、「霊界通信」をなされ、左にその主だった方、この言葉をお伝えしておきましょう。これはちょっと『栄光』新聞にも出ないのではないかと存じます。

 注――「霊界通信」とは、この場合、所望の霊を霊界より、または現界人の生霊を呼んで、自由にお話するのであります。ちょっと、私どもにはまねができませんね。


――出口なお刀自――このたびは、まことに御苦労様です(以下略)。どうぞ世の人をお救いくださいませ。

 承知しました。御安心ください。


――出口王仁三郎先生。

 霊界の八衢(やちまた)に在って、あまり気の毒だから、第三天国に救ってやったよ。いまは内容は発表できませぬ。


――中山みき――私も、この尊き道を、天理教の信者にわからせるようにつとめますから、よろしく願います。

 承知しました。


――日蓮上人――○○に落ちて、苦しんでおった。これから日蓮信者を救っておもらいしたい。

 承知した。御安心ください。


――明治天皇――霊界で苦しんでいる者がいるから救ってやってほしい。

 はい、かしこまりました。


――キリスト。

 三度、イタリアに生まれ代わり、いま○○の○○になってる。


――釈迦。

 八回生まれ代わって、いま、インドの○○になってる。


――スターリンの生霊。

 頑固で三回憑ったが、とうとう承知しなかった(本教の教義がわからぬらしい)。


 明主様の御法難の原因は、邪神の仕業にして、実に神秘なものがあり、いまは時期尚早のため未発表ではありますが、期待しててほしいことでありますが。



タイトルとURLをコピーしました