岡田茂吉 名古屋市金山体育館 昭和二十七年十月十八日御講話 御教え集15号 ※「東方の光というのは私の事なのです。」 | 岡田茂吉を学ぶ

名古屋市金山体育館 昭和二十七年十月十八日御講話 御教え集15号 ※「東方の光というのは私の事なのです。」

    京都に行く途中で立ち寄ったわけですが、今度京都に参ります目的は、嵯峨の土地が手に入りまして、それを見ていろいろな計画を立て様と思います。それが主なる目的で、ほかに美術に関係している事もいろいろあるわけです。土地につきましては、去年の春、初めて京都に行ったわけですが、その時に将来京都に地上天国を造らなければならない、という結局神様の思し召しです。それが分かったので、京都で平らな土地、何万坪という……それは今精しく言えませんが、それと大きな池です。こういう注文をしたのです。すると去年の秋に行く前に、丁度適当した所が見つかったから見て呉れというので、去年の秋に見たのです。すると思う通りなのです。そこで、値段を聞いてみると馬鹿に高いので、とても手が出そうもないのです。それで私は、ほったらかして置け、いまに神様が何とかするからと言っておいたのです。ところが最近になって非常に先方で売りたがっているというのです。値段も非常に安く手放すというので、それでは買った方が良いというので最近買ったのです。そこは一万八千坪の土地に、100坪位の立派な家が建っているのです。丁度そこを泊る場所にして、そうして色んな計画をしょうと思って居りました。どうせ信者さんが大勢来られると、そういうのは急に建てるわけでもないから、その点を一寸思って居た処が、つい四、五日前にその土地の真ん前に、地所が千何百坪、建物が二百坪位で、その建物に畳を敷くと百畳位のがあるというのです。大勢来てもよいのですから、神様は抜目はありません。値段も安いというので、 早速それも手に入ったのです。それが決まったのが昨夜なのです。昨夜京都から電話があったのです。今日、そういう事は予定でなく来る筈だったのですが、それが前の晩に、必要だった所が見つかったのです。それが決まるという事は、実に神様のやられる事は一日の喰い違いもありません。実に大きな奇蹟です。それで丁度明日それを見て指図する積りです。ですからあっちに行って信者さんが来ても、百畳敷位あれば大抵不自由はしないだろうと思います。別にお祭りとか、熱海でやっている様な大勢面会という様な事はありませんから、丁度適当している所です。神様のお知らせは、京都方面に就いても色々ありますが、それは知れては工合が悪い事で言えませんが、あそこの経綸というものも面白い点があります。

      段々調べてみますと、丁度広沢の池の直ぐ傍ですが、最初の土地というのは池の縁(ふち)からずっと拡がっているのです。処があの辺が昔の平安朝文化の発祥地だそうです。奈良は仏教文化の発祥地ですが、そうでない一般的文化の発祥地は平安朝です。その次が東山時代、足利時代の文化です。その次が桃山時代の文化です。京都は三段階になっています。後は徳川、明治からの新しい文化です。そういった様な三段階の文化を基礎として、その後、西洋文化の影響を受けたりして出来たのが、徳川から明治、大正となっている。とすると嵯峨の土地というのは、非常に意味があるのです。その様なわけで、神様の方では余程御仕組があるらしいのですが、まあ段々分かって来ます。

      それから之は前から話ししようと思っている事ですが、やっぱり時期が来ないとはっきり話す事が出来ないので言わなかったのですが、時期が来ましたから今日初めて話しするのです。これは昔から、西洋での余程古い……キリスト教だろうと思いますが、「東方の光」という事を言い出したのです。東方の光というのは、人の口から口へとずっと話されているのです。東方の光というのは、漠然としていて今迄は本当に分からなかったのです。その東方の光について今日話そうと思って居りますが、東方の光というのは私の事なのです。それは色々ありますが、一番はっきりしている事は、世界の東が日本です。極東と言いますから、東には間違いないのです。日本の東は東京なのです。東の京(みやこ)としてあるのですから東に違いありません。東京の東は浅草です。浅草の東は橋場という所です。私は橋場という所で生まれたのです。橋場で生まれまして、それから転々として西へ西へと、斯うして来たのです。最初は、千束橋という所がありますが、それから日本橋です。浪花町という所があります。それから京橋の木挽町という所がある。それから大井という所ですが、今は大田区の大井と言うのです。それから大森、玉川。それから箱根、熱海で、今度は京都に、と数えると八つになっています。八つで西へ西へとなっています。

      今度は何処かと言うと、九州です。未だ時期が来ませんが、いずれ九州に地上天国が出来るのです。その次が支那に出来るのです。それからエルサレムです。あそこでおしまいです。ですから西へ西へと行くわけです。エルサレムに地上天国が出来た時が、世界の地上天国の初めになるのです。それからが世界が統一されるのです。

      之は私が言うのではなくて、昔ユダヤの方でそういう予言があるのです、エルサレムでは、将来世の中を救う人が此処に来られるという事で……四つの門があって、四つの門の内三つは常に出入りは出来るのですが、一つの門だけはは「開かずの門」と言いまして出入りが出来ない。段々西へ行って、あそこに行く時に初めて開いて、開かずの門というのは消えてしまうのです。そんな様なわけで一種の予言ですが、予言というより確言と言った方がよいでしよう。間違ありません。若し嘘を言ったら、私は嘘吐(うそつ)きになりますから、殴られはしないでしょうが、全然信用を無くしますから、嘘は言いません。

      今迄の色んな世界の文化などを見てみますと、みんな西から来ているのです。大体宗教でも、仏教にしろキリスト教にしろ神道にしろ‥‥神道も西から来ている。大体日本の神道というものは、神武天皇系で之は九州の高千穂です。それから後は出雲系です。そんなような工合に一切の宗教が西から来ているのです。只一つだけ東から出たのは、仏教では日蓮宗です。何時も言う通り、仏教はみんな夜の教え、月の教えです。その内に只一つだけ日蓮宗が日の仏教だという事を言ってますが、日蓮が初めて「日」という事を唱え始めたわけです。そこで唱え始めたのが安房の清澄山という所です。尤もあそこで生まれたのです。安房の小湊の誕生寺というのは、日蓮上人の生まれたのを記念して言っているのです。私が昭和六年六月十五日に安房の乾坤山日本寺という所に三十人を連れて行きましたが、その時に初めて黎明になったという事を言ってますが、其前に日蓮上人はその乾坤山から一寸行った所で、初めて「妙法蓮華経」を唱えたのです。日蓮宗は六百五十年とも言うし七百年とも言いますが、妙法蓮華経を唱えられてから七百年で、死んでから六百五十年です。その位前に既に仏界には日が出たのです。昼間の世界の第一歩が始まったわけです。で、この「東方の光」というのは、つまり太陽です。昼間の世界になるという事は、太陽の照らす世界という事です。それで私の此の処(腹部の中央)に光の玉があるのです。此の玉が東方の光です。今言った様な東から段々西の方に、或いは中天に登っていく……と、そんな様な工合で、東方の光という謎が茲において解けたわけです。斯うやれば本当に治るという事は、之から出ます。それで胸に光を放射されているわけです。

    この間も言った通り、今『アメリカを救う』という本を書いてますが、もう大体出来て今飜訳にかかってます。まあ日本はよいですが、アメリカの方には出来るだけ多く見せたいと思うのです。それには英文にした方が良いというので今訳してます。それに今アメリカの方は非常な病人ですから、一々病気の原因や治し方や予防を色々書きましたが、その治すのには、やはり私の霊の力でなければ、或いは早く治すには駄目だ、と。それにはいずれこちらからそういう人が行く。遅くとも来年の上半期中には行くから、待って呉れと書きましたが、ただこうやっただけで治るという事を説明しなければ先方は納得がいきません。それにはやはり私に光の玉がある……西洋の人はエホバなら分かりますから、エホバから与えられているその光の玉に依って治る、という事も精しく書きました。やはりそうしなければ徹底しません。そこで、之はキリストの話になりますが、キリストは「天の父の霊によって、救いをやる」という事を、幾度も『聖書』で言われてます。ですからキリストはエホバの子になるわけです。それで私の力はエホバの直接の力というわけです。私から言えばキリストは子供になるわけです。今信者がやっているのは、キリストが行っていた事を盛んに行ってますが、此前も八年とか眼が開かなかったのが、二分ですっかり見える様になったというのがありましたが、今度「栄光」に出します。それから十三年位足が立たなかったのが、二十分で足が立って翌日には立って歩く様になったというのがありましたが、キリストがやった、『聖書』にある様に盲の目が開き、跛の足が歩けたという事がありますが、私の弟子が今やっているのです。此事実で、今私が話した事は間違いないのですから信ずるよりほかはないのです。そんな様な具合で之から段々、神様が色々な方法を以て救いの業をされる。私はその執行機関です。どうしても霊ばかりでは世の中は救われない。世の中は物質で出来てますから、それには生きた人間が唱道しなければ駄目です。そういう仕事を私がさせられているわけなのです。ですから時の経つに従って、追々それが具体的に現われて来ます。今度の『アメリカを救う』という本も、見るとびっくりするだろうと思います。日本が敗戦国でヒョロヒヨロしているのに、アメリカの方で「日本を救う」とはありそうな話ですが、やっと未だ講和になるかならないかという碌(ろく)に腰も立たない様な日本が『アメリカを救う』なんていうのは生意気千万だ、と言うでしよう。ですから余程自信がなかったら出せるものではないですが、私は人類を救う上に於て、アメリカ人だろうがソ連人だろうが……共産党も世界では脅威とされてますが、何でも救わなければならない。スターリンが救世教信者なら話もし易いが……。しかしとにかく人類を救うにおいては、あらゆる間違った点、人類に不幸を与えるとか災いを与えるというのは、全部除かれなければならない。そういう事は今迄なかった。実際的にやる人はなかったし、又出来ようとも思わないし想像もつかないですから、私がこんな事を言うと、信者は信じますが、第三者としたら、大きな事を言うなと思うでしょう。しかしこれだけ信者さんが居るのですから、頭が変だとは思わないでしようが、余程変わったものだと言うでしょう。けれども何と言われても思われても、真理を行なっているのです。自信があるのです。そうでければ私共には言えません。だから絶対的な信念があればこそ、何ともなく言えるのです。いずれメシヤ教というものが世界的なものになりますが、そうすると大いに張合 (はりあ)いがあります。

      この間信者で小川菊造という自動車の方をやっている人が、世界を廻って来ての帰朝談を聞きましたが、その人の話では、とにかくドイツ、イタリヤは非常な勢で復興しているそうです。その意気の盛んな事は日本人は足下にも追いつかないと言ってました。というのは、国民的自信があるのです。イタリヤにしても、ローマ時代のああいった文化を持っている国であるし、またムッソリーニが非常に崇拝されているそうです。戦争をした事は悪いが、あとはみんなイタリヤの為になっていると言うのです。またドイツでも、ヒットラーは戦争したのは悪いが、あとは実に良い。マイナスよりプラスの方が多い、という考えを持っているそうです。ドイツの方は表面的でなく裏面的にナチスの運動もあるそうです。ドイツ魂が何で世界の他の国に負けるものか、きっと復興してみせるという、燃えるが如きものだそうです。電車に乗っても、乗客のほうで五円ずつ切符のほかに金を出しているそうです。ドイツ復興の為と言って、国民が自発的に出しているというその一事を思ってみても、如何に強い国民的信念があるかという事が分かります。日本に至っては、小川さんが言う様に自信がない。フラフラしている。中には米国が良いとか、ソ連が良いとか、英国が良い、という様にみんな外国より下になっている様な日本人が居る。誇りと言いますか、プライドがない。それが一番歎かわしい。日本が一番偉い、良い国になる、という心がないからいけないと言ってましたので、私も共鳴して、そうでなければいけないと言ったのですが、その意味で『アメリカを救う』というのを出して、アメリカ人を偉いと思わせるというのではないですが、立派な国ですから救わなければいけない。其為に日本人の中で、とにかく『アメリカを救う』と、アメリカを下に見ていると言うか、或いは自信満々として、日本人でもそういう人があると思って、読んでみると事実間違っていないという事が分って来る。すると日本人を馬鹿にする事はない、我々も考えなければならない、という様な感じを多少は受けさせられると思うのです。ですからとにかくドイツ魂とかアメリカ魂とかアングロサクソンとか、そういう良い魂というものを、戦争中の大和魂では困りますが、日本人の腹にもっと文化的な平和的な信念と誇りを持って戴きたい。

      私は美術館を造りましたが、美術館もその積りです。ああいう事は日本人が昔から如何に勝(すぐ)れているかという事を見せたい為です。だから美術は日本美術を主にしている。そういった根本になるのです。美術館も、二、三年の内に熱海にも造る積りです。熱海のは名実共に世界一で、何処の国にも負けないという美術館を造る積りです。『アメリカを救う』というのも、病気を治すのはアメリカが世界一となってますが、段々日本が、あらゆる面において日本は素晴しいものだ、と言う様にしたいと思うのです。之は軍国主義的な事ではなくて、世界中の人に楽しみを与えるという意味でやるのですから、その点根本において違うのですとにかく今話した様な自信を日本人が大いに持って貰いたい。之を希望するのです。信者の人もそういった様な気持で、平和的には日本人は偉い、世界の何処の国にも負けないという事です。又日本人の頭脳も素晴しいものです。日本人は文化的優秀性を持ち乍ら、今迄武器をとって日本人の天性でない様な事をさせられた。その為に折角の文化的優秀性を殺したのです。日本人に、今言った様な武器をとらせないで筆をとらせる様にすれば、私は世界の何処の国にも負けないというものが出来ると思うのです。その点で私は神様から知らされている。こういった病気治しでも、日本人が一番治る事は分っているのです。これを以て世界中の病人を減らすべく、将来やる時が来るだろうと思って居ります。大分話が長くなりましたから、この辺で失礼します。

タイトルとURLをコピーしました