天国の福音

天国の福音

カリエス (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

霊界において多数の祖霊が地獄に苦しみ、罪穢の浄化作用が行われる場合、その罪穢のことごとくを払拭する事はできない。それは罪穢の残渣が生ずるので、それを子孫が分担 する事になっている。ちょうど物を燃焼すれば灰が残るようなものである。その場合子孫の誰かが選ばれてその犠牲者となる
2022.05.18
天国の福音

胃癌 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

真症癌は霊的で、特に胃癌はその代表的のものである。しからば、その原因はいかんというに、龍神の再生者が、前世龍神時代の罪穢に因るのである。龍神は蛇であるから、蛇の時代多くの生物を呑み、その多数霊の怨霊が残存し人間に再生してから執拗に苦しめる為で、その霊の物質化が癌とそうしたヌラである
2022.05.11
天国の福音

小児麻痺 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

この病気は真症と擬似と両方あるが、医学ではその区別を知らず混同している。然らば真症とは何か、というと、原因は霊的で、その多くは脳溢血で急死した霊の憑依である。
2022.05.11
天国の福音

癲癇 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

癲癇は、精神病と等しく原因は憑霊であるが、ただ異る所は癲癇は一時的発作的である事と、その症状が多種多様である事とである。そうして癲癇の殆んどは死霊の憑依であるから、発作するや死の刹那の状態を表わすのである
2022.05.11
天国の福音

精神病 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

精神病は全くの霊的病患であるが、ただ発病の動機は、肉体的毒素の誘引による事がその殆んどでる。まず原因から説いてみる
2022.05.02
天国の福音

肺結核 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

医学上、結核は病菌の感染に因るとされているが、実際は曩(さき)に説いたごとく誤れる医療の為と、今ここに説く処の病霊に因るというこの二つが真の原因である。
2022.04.28
天国の福音

病気と霊 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

私の研究によれば、霊作用と浄化作用と両方あるが両者は実に密接不離の関係にある事を知るのである。何となれば病霊憑依は病者の霊体の曇りの部分に限られるものであるからである。故にその曇りの解消によりある程度浄化されたる霊体においては肉体の病患もなくなるのみか、病霊の憑依も不可能となり、心身共に健康者たり得るのである。
2022.04.28
天国の福音

神憑り (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

神憑りなるものは決して迷蒙的のものではなく、正邪の差別はあるが、それを正確に判別し得る眼さえあれば有用なる存在である。そうして神憑りは三種に区別する事ができる
2022.04.28
天国の福音

祖霊の戒告 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

子孫がたまたま悪魔に魅入られ不善を行う時、それを戒告する為と、すでに犯した罪穢の払拭とを兼ね行うが、その手段として種々の災厄病気等を与える。例えば不正な富を重ねたものは火災や損失を与えて消滅させ、罪穢によっては病気の浄化作用も行うのである。
2022.04.22
天国の福音

守護神 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

2022.04.19
天国の福音

善と悪 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

人間が神にもなり得れば悪魔にもなり得るという自由である。そこで私は霊界研究から得た神と悪魔なるものについての見解を述べてみよう
2022.04.13
天国の福音

凶党界 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

凶党界(きょうとうかい)とは悪魔の世界であって、一名邪神界ともいう。この団体は常に正神と対抗し続けている。正神の方に八百万(やおよろず)の神あるごとく、邪神の方にも八百万ある。そうして正神は善を行わんとするに対し、邪神は悪を行わんとし常に相対峙している
2022.04.13
天国の福音

龍神界 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

私は種々の点から考察するにこの大地構成の初め泥海のごとき脆弱(ぜいじゃく)な土壌を固め締めたのは無数の龍神群であったが、龍神が体を失った後、その霊が天文その他人間社会の凡(あら)ゆる部面に今もなお活動し続けているのである。龍神がこの大地を固めた。
2022.04.06
天国の福音

天狗界 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

天狗界にも上中下の階級があり、総主宰神は鞍馬山に鎮座まします猿田彦命である。
2022.04.06
天国の福音

顕幽不離 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

これによってみても人間はいかなる苦悩に遇うも自殺は決して為すべからざるものである事を識(し)るべきである。
2022.03.26
天国の福音

霊界の構成 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

霊界は天国、八衢、地獄の九段階になっており、その段階の差別は何によるかというと光と熱である。即ち最上段階は光と熱が最も強く、最低段階の地獄は、暗黒と無熱の世界であり、八衢はその中間で現界に相当する
天国の福音

霊界の審判 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

この理によって親に孝を竭(つく)し、夫に貞節を捧げる等は、現世よりもむしろ死後における方がより大きな意味となるので、慰霊祭などは霊は非常に喜ぶのである。
2022.03.09
天国の福音

幽霊はあるか (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

昔からたまたま幽霊を見る人があるが、これら多くは死後短時日を経た霊である。新しい死霊は霊細胞が濃度であるから人の眼に映ずるのである。彼のキリストが復活昇天した姿を拝したものは相当あったという事は不思議ではなく、有り得べきはずである
2022.03.09
天国の福音

生と死 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

仏教においては人の死を往生という。これは現界からみれば往死であるが、霊界から見れば生れてくる、即ち往生である。また死ぬ前の事を生前というのも右の意味に外ならないのである。そうして人間は霊界における生活を、何年か何十年何百年か続けて再び生れるのである。斯くのごとき生き代り死に替り何回でも生れてくるので仏語に輪回転生とはこの事を謂(い)ったものであろう。
2022.03.03
天国の福音

未知の世界 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

逾(いよい)よ近き将来に於ては未知の世界は有知の世界となり、月光世界は太陽世界即ち大光明世界となるのである。その結果一切の秘密も偽りも誤謬も、白日下に暴露されるのである。この意味に於てまず私によって既存医学の誤謬発見となったのである。
2022.03.03
天国の福音

神仏はあるか (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

私がこの偉大なる医術を発見し得たという事は、霊の実在を知り得た事がその動機である。即ち霊を治療する事によって体の病気が治るという原理であるがこれは、将来の文化に対する一大示唆と観ねばなるまい。実に科学の一大革命である
2022.03.03
天国の福音

罪穢と病気 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

右の曇といえども、体的には毒血、膿の留積である。しかしながら体的方面からでなく罪穢によるーーー霊的から来る病気は治り難く長年月を要する。結核、カリエス、癌等執拗なる症状の多くは、これに属するのである。
2022.02.21
天国の福音

「付録」霊科学 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

その反対である場合、怨み、憎み、嫉み等の想念は曇りとなって伝達して来るから曇りが増すのである。これによってみても人は善を行い他人を喜ばすべきで、決して他人から憎み、怨み、嫉み等の想念を受けてはならないのである
2022.02.21
天国の福音

結論 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

戦争の原因を除去する方法としては、薬剤を人類から廃止する事と現在個々人が保有している薬毒を除去する以外ないのである。従而本医術の普及こそ平和確立の根本義である
2022.02.15
天国の福音

民主的試験制度 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

今日医学における試験制度なるものは、日本も外国も大体共通の方法である。即ち医学的解釈による理論と経験によって成る学問的形式の作文を唯一のものとしている。しかしながらこの方法たるや、実際上病患の治癒そのものとの関連があまりに薄いという事である。
2022.02.15
天国の福音

頭脳の重要性 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

本療法によれば相当の日数はかかるが完全に治癒する。しかも本治療は病原である保有毒素を外部に排出させる事によって全治するのであるが、不幸にして本医術を知らざるものは注射療法、温泉または薬湯療法等を行うが、之等はもちろん浄化停止であるから、一時は皮膚面も治癒せるごとくになるも、間もなく再発するかまたは猛烈なる浮腫を起し、結局生命の危険にまで及ぶものも尠(すくな)くないのである。
2022.02.15
天国の福音

夜昼転換 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

私は約二十数年間に渉って治療した患者は無慮数万人に上ったであろう。その体験から得た結論は一言にしていえば「病気の原因は薬剤である。」という事である。凡ゆる病患の原因を探求すればする程、ことごとく薬剤ならざるはないのである。もし人類がこれに目覚めない限り何時かは滅亡に至るべきは一点の疑う余地はない
2022.02.15
天国の福音

本療法の原理、自然力(天国の福音 昭和二十二年二月五日)

人間個有の神秘力とは何ぞやという事と、その神秘力が病患へ対していかに作用し、その能力を発揮し得るかという説明であるが、唯物教育に忸(な)れたる現代人にはいささか難解の点があるかも知れない。しかしながら真理である以上、再三熟読玩味するにおいて、豁然(かつぜん)として必ず目覚めるであろう。
2022.02.15
天国の福音

「腎臓医術と若返り法」「本医術と既存医術」「治療に就ての注意」 (『天国の福音』 昭和二十二年二月五日)

私は、人類の腎臓を完全たらしむるにおいて病者の絶滅、出産の増加はもちろん、戦争の絶滅をも期し得らるる事を信ずるのである。何となれば完全なる腎臓は完全なる健康体となり、完全なる精神を持ち得、完全なる精神の持主は闘争を厭い、平和を好み怠惰を厭い、利己愛を捨て、すべて常識的に事を処理するというようになるからである。
2022.02.15
天国の福音

冷えと便秘 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

冷への原因は局部的発熱に因る悪寒または局部的毒結による血液不循環の為である。多くは腰、下腹部、脚部、足の甲及び指先等で、特に婦人に多いが、之等は毒結を解除すれば解熱及血液が循環するから簡単に治癒するのである。
2022.02.22
天国の福音

咳嗽および逆上と耳鳴 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

「人体内の生理作用は、不要物を排除する場合、筋肉も臓器も難なく一瞬にして透過するので、この理は霊と物質の関係を知るにおいて、容易に理解し得るのである。」
2022.02.22
天国の福音

憂欝症及び麻痺 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

憂鬱症の原因として最も多いのは頸部及び肩の凝りである。殊に面白いのは嬰幼児の場合である。之は常に機嫌悪く憤(むず)かるが、医学では全然判らない。よく虫気の為などといい虫下しや禁厭(まじない)などを行うが、之等は迷信にすぎないのである。私の経験によれば大部分は肩の凝りからである
2022.02.22
天国の福音

眩暈及び不眠 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

不眠症は眩暈の原因と殆んど同一で、右側延髄部の固結に因る血管圧迫の為、一種 の脳貧血を起すからである。その結果として、神経過敏症状となり、それからそれへと  物を考えがちになるのである。その他脳の前部及中心部にある毒結浄化の場合もある。
2022.02.22
天国の福音

浮腫及び盗汗 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

局部的発汗を説明する。よく頭脳、顔面、腋下等何かの衝動によって発汗する人があるがこれはその部に尿毒があり、その浄化としての発汗である。そうして健康者は常に全身的に発汗し易いのが普通で、健康そうに見えても、局部
2022.02.22
天国の福音

下痢 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

急性は飲食物に因る中毒即ち食あたりである。世間よく寝冷へによって起るというが、之は誤りで冷へに因る下痢は極稀である。食中(しょくあた)りに因る下痢の際、薬剤によって止めたり、反対に蓖麻子油(ひましゆ)等によって排泄を促進させる事を可とするが、之等は勿論不可であって治癒を永引かせるのみ
2022.02.22
天国の福音

不快感及び嘔吐(天国の福音 昭和二十二年二月五日)

重(おも)なる症状を記せば嘔気、痙攣、船車の酔、憂欝感等であろう。そうして最も多いのは嘔気(おうき)である。此原因は脳貧血に因る胃の反射作用と高熱、食物中毒、薬剤中毒、溜飲、幽門狭窄(きょうさく)、姙娠の場合等である
2022.02.22
天国の福音

掻痒苦 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

掻痒(そうよう)苦は痛みに比して侮(あなど)り難い苦痛である事は誰も知る処である。原因は勿論薬毒、然毒及び食餌中毒の三種であり
2022.02.22
天国の福音

痛苦 (天国の福音 昭和二十二年二月五日)

痛苦の原因は悉(ことごと)く薬毒に因るのであるから、多種多様の痛みは多種多様の薬剤があるからである。 本医術に依る時、痛苦は速かに治癒する。特に瘭疽(ひょうそ)、脱疽等の如き激痛と雖も一回乃至三回位にて無痛となり、患者は驚喜するのである。
2021.12.16
天国の福音

病気症状の解剖 発熱(天国の福音 昭和二十二年二月五日)

即ち発熱、痛苦、掻痒苦(そうようく)、不快 感、嘔吐、下痢、浮腫(むくみ)、盗汗(ねあせ)、眩暈(めまい)、不眠、憂欝、麻痺、咳嗽(せき)、逆上(のぼせ)、耳鳴、冷へ、便秘等である。之等に就て順次本医術による解説をしてみよう。
2021.12.16
天国の福音

医学と自然天国の福(音 昭和二十二年二月五日)

人間の健康も病気も、飽迄(あくまで)大自然の理を基本として解決すべきが本当でそれが真理の具現である。
2021.12.13
タイトルとURLをコピーしました