世界救世(メシヤ)教教義 (救世五十三号 昭和二十五年三月十一日) 

 抑々、世界の創造主たる之大神(ヱホバ)は、此地上に天国を樹立すべく、太初たいしょより経綸を行はせたまいつつある事を吾等は信ずるのである、之に対して人間を神の代行者とされたもうと共に、一切万有は人間の為に造られたものである、故に今日迄の人類史は其為の準備工作に外ならない事を信ずるのである。従而したがって、神は其時代々々に必要なる人間と、必要なる宗教をあらはしたまい、それぞれの使命を遂行させたもうのである。
 今や、世界の状勢は混沌こんとんとして帰趨きすうを知らず、此時に際し、主神は吾等の教主岡田自観師救世メシヤの大任を下したまい、人類救済の聖業を達成せしめたもうを信ずると共に、人類の三大災厄たる病貧争を根絶し、真善美の完き恒久平和の理想世界実現を目標として精進邁進せん事を期するものである。

  「五六七大祭」は同じく昭和25年3月11日発行の救世に掲載されています。

タイトルとURLをコピーしました