岡田茂吉 自然農法 (世界救世教早わかり 昭和二十五年十一月二十日) | 岡田茂吉を学ぶ

自然農法 (世界救世教早わかり 昭和二十五年十一月二十日)

    今日、日本人ならみんな知っている事だが日本は今、食糧が足りないと言って、政府も農民も一生懸命になっている。ヤレ金肥だとか、ヤレ人肥だとか言って、高い肥料を購って、作物へブッかけているが、どうも思うように収穫がない。ヤレ水害だ。ヤレ虫害だと言って苦しんでいる。今年は正に豊作だなんて言って喜んでいるが、それでたった六千二、三百万石と言うのだから実に情ないではあるまいか、一体全体八千三百万の人口をかゝえて六千万石とは丸ッ切り問題にならない。神様は人間一人の食扶持は、年一石としてあるんだから八千三百万の人口なら、確実に八千三百万石穫れなければならない筈だ。だからそれだけ穫れないとしたら、不思議というより外はない。従って神様に向って大いに談判してもよかろう。神様は人間をドシドシ増やしておき乍ら、それだけの食い物を与えてくれないなんてどうしたものか、之では人間は日乾(ひぼし)になるばかりだ。神様よ吾々の命をどうして呉れるんだ。一体人間を作ったのは誰なんだ。造物主だか神様だか知らないが、食わなきゃ生きていられないように、作っておきながら、生きるだけの食い物を宛がわないなんて、あんまり酷すぎるでは御座いませんか、神は愛だなんてよくいうが、それはもはや信じられない。一体どうして下さるんです、とまあ-仮に神様に向って談判するとすれば神様は斯う仰言るだろう。先づアッハッハーとお笑いになられ、口を開かれて「オイオイ、お前達人間共よ、何を寝呆けているんじゃ、儂はチャンと食うだけ穫れるように、立派な土というものを拵へてやってあるんだ。それをどう間違えたものか、お前達は鼻も撮(ツマ)めない、臭い臭い糞尿などブッかけたり、そうかと思うと硫酸なんていう劇物や、小便粕みたいなアンモニヤなんていう汚ないものを  有難がってブン撒くじゃないか、だから土は散々汚されて了うので、どうする事も出来ないのだよ」そこで土が言うには「いくら俺自身が働きたいと思っても、汚され切って了ったんだから、手も足も出ないじゃないか、だから人間が之に気が付かないとすれば、俺は時節の来る迄我慢して碌々働かないで、凝乎(じっ)と待っているばかりだよ、実に人間位馬鹿な奴はないと呆れているんだ。可哀想だと思っていくら人間が食うだけのものを作ってやりたくも、手足を縛られていては、どうにも働けないのだから、俺は苦情をいゝたいが、人間と違って喋舌る事が出来ないので困っていたんだ。処が今度メシヤのオッさんが大いに同情して、それを人間共に知らしてやると仰言るので、之幸いと此通り頼んだんだよ。だから早く目を醒まして、之からは余計な事をしないで、土をウンと奇麗にして作ってみなさい。今の倍や三倍はお茶ノコサイサイだよ。又虫が湧いたといゝ、ヤレ消毒薬などといって変な粉をブン撒くが、これも可笑しいよ。成程虫は死ぬが、その粉が土に浸み込むので、土は弱って反って虫が湧く元になるんだ。実にこれ程の馬鹿野郎はあるまい」と土はホザクんだから、「人間共よ之で少しは判っただろうから、今度メシヤの親父によく聞いてみなさい。然し此頃はどうやらボツボツ判った百姓もあるので、儂もやっと胸を撫で下したという訳だよ」とのお言葉である。

      此様な神様の御託宣であるから、百姓君よ、もういゝ加減に我を捨て、鼻を折って、親父の言う事をきく事だよ。そうすれば米なんか今迄の倍位出来るのは屁の河童だよ、その上働くのも今迄の半分で済むから、先づ四倍の徳になるという訳だ。どうです農民諸君、斯んな素晴しい自然農法というものが出来たんだから、一日早ければそれだけ徳になるんだよ。だから素直に言う事を聞くのが、利巧というものだよ。

   

タイトルとURLをコピーしました