岡田茂吉 夢に就て (信仰雑話 昭和二十四年一月二十五日) | 岡田茂吉を学ぶ

夢に就て (信仰雑話 昭和二十四年一月二十五日)

 私は夢に就てよく人から質かれるので、茲に語ってみよう。凡そ人間と生れて夢を見ない人はあるまい。然し単に夢といっても種々(イロイロ)ある。ザット種類を並べてみれば神夢、霊夢、雑夢、正夢、逆夢等であって、神夢とは神の御告げであり、霊夢とは守護神の警告であり、雑夢とは他愛もない何人も常に見る夢である。正夢とは読んで字の如く、夢の通りが事実に表はれ、逆夢とはその反対である。元来夢というのは幽冥という言葉を詰めたもので、その人の霊が睡眠と共に離脱し、幽冥界に往くのである。そうして其の場合潜在意識や、常に希望してゐる事などが種々の形となって表われ、連続的でとりとめのないもので、之は人間の作為である。神夢は信仰者に限るので、その信仰する神霊が、何等かの必要によって夢を以て御告げをされるのである。霊夢は守護神が夢を以て知らせるのであるから、大抵は守護神の創作により寓意的や比喩的なものが多く、夢判断を要するものが多いのである。曩に述べた如く、現界は霊界の移写であり、種々の事象は先に霊界に起るから、霊界にゐる守護神には前以て判るので、右の手段を執るのである。よく虫が知らせるというのは、守護神の知らせである。

霊が幽冥界に脱出する時、霊と肉体とは霊線によって繋っており、眼が醒めるや一瞬にして肉体に戻るのである。

茲に注意すべき事がある。それは熟睡をすれば夢を見ないという説であるが、之は間違ってゐる。尤も非常に疲れた時などは夢を見ないが、浅い眠りは夢を見る。これは気にする事は少しもない。浅い眠りでも夢を見るという事は、確実なる睡眠に違いないからである。私などは人と談話をし乍ら薄ら眠い事があり、一分か二分夢を見る事がある。電車の吊革へブラ下り乍ら夢を見る事もあるが、別に何ともない。夢を見る人は頭が悪いように心配するが、そんな事は決してない。私などは若い時は余り夢を見なかったが、その頃の方が反って頭が悪かったように思う。

タイトルとURLをコピーしました