岡田茂吉 神霊と仏霊・人霊 (自観叢書三 昭和二十四年八月二十五日) | 岡田茂吉を学ぶ

神霊と仏霊・人霊 (自観叢書三 昭和二十四年八月二十五日)

私は茲で日本に於ける神界仏界の、種々相をかいてみよう。先づ神霊は高級なる程巨大であって、人間と同じ御姿である。唯だ御位により相違はある。普通は衣冠束帯で、最高級の神は紫の上衣に紅色の下袴、冠は纓を垂らしてゐる。模様も花鳥模様、雲形、龍等を主なるものとし、あらゆる種類があり、中位の神は青竹色の上衣、緋の下袴、纓のない冠であり、下位の神は白の上衣白の下袴であり、冠は烏帽子型である。女神は十二単衣の如きもので限りない美はしさである。然し右は公武の場合で平常は想念のまま種々の服装をする。そうして家屋は日本に於ては檜材を用ひ、寝殿造りにて居間は簾(スダレ)を垂れ、大神の居所へ行くには数段の階を昇り、幾部屋の前を長廊下を伝ひ通り抜けるが、臣下は縁側から行くのである。縁側の外側は高欄を廻らし、 総体が清々しき様相で、庭も宏く樹草の外石水をあしらい、清楚にして善美である。
仏霊は開祖教主等の居所は数百人又は数千人を容るる大伽藍の高き所に美々しき御座を設け、きらびやかな袈裟衣を纒ひ、時々説教さるゝのである。仏界に往く霊は悉く男女共剃髪するのは勿論である。常に詩歌、管絃、碁、将棋、音楽、舞踊等を娯しみ、戸外に出づれば大池がありそこに蓮の葉が浮いて居り、恰度二人乗る位の大きさで、意のまゝの方向に行けるのである。そうして極楽と浄土は些か異ってゐる。極楽は白色の光線にて明るいが、地域も狭く仏霊も少数であるに反し、浄土は金色の軟き光線にて、極楽が朝なら浄土は夕方に相当する光である。寂光の浄土といふがその通りである。そうして神仏の霊が他に転移する時は玉の如く円形となって、空間を非常な速度を以て反射的に移行する。而も高級霊程光は強く、速力が迅い為、人間の眼には映ずる処ではない。然るに人霊に於ては光は薄く朦朧たる灰白色で速力も遅いから、人間の眼に映ずるので之が人魂である。凡て神は伸縮自在にて針の穴からでも出入自在である。そうして低級霊程小型で、地獄の霊などは普通五六寸から二尺位までゝある。よく肩の辺に立っている人霊写真を私は数回見た事がある。

タイトルとURLをコピーしました