岡田茂吉 『文明の創造』科学篇「種痘」 未発表昭和27年執筆 | 岡田茂吉を学ぶ

『文明の創造』科学篇「種痘」 未発表昭和27年執筆

 種痘は一七九八年、英国の医学者エドワード·ジェンナー氏によって発見された事は、世界的に有名であるが、実はジェンナー氏独自の発見ではなく、之はずっと以前から、希臘(ギリシャ)の娘達が痘瘡(とうそう)患者の膿疹中に針を入れ、其膿汁を皮膚にさすと軽い痘瘡になり重い痘瘡より免れる事を見て、それが牛痘で免疫が出来る事を発見したのが、ジェンナー氏でも勿論其功績も偉大なものであると共に、最初の実験に当って大胆にも、自分の愛児に試みた其強い意志と人類のためなら、如何なる犠牲を払っても悔いないと言う、学者的良心の強さであって、幸いにもそれが成功したので遂に一躍救世主の如く今日に至っても世界人類から仰がれているのは誰も知る通りである。
 何しろそれ迄天然痘に罹(かか)るや生命の危険もそうだが、治ったとしても顔一面に酷(ひど)い痕跡(こんせき)が残るので恐れられていたものが簡単に免れる事が出来るとしたら、如何に当時の人達は喜んだであろう。処が私は此大発見と思われていたそれが、実は、将来凡(あら)ゆる病原となる事を発見したのである。従って種痘は果してプラスかマイナスかと言うと、遺憾乍(なが)らマイナスと言えるのである。其理由を茲に詳しく説いてみるが、此説は十数年前から私は唱導していた事であって此大発見こそジェンナー氏の発見に比べて勝るとも劣らないと私は確信するのである。それに就て先(ま)ず天然痘の真因であるが、之は言う迄もなく薬毒であって薬毒が何代も続く結果、一種の特殊毒素となり、それが遺伝されるのである。従而(したがって)、人類が薬剤を用いない時代は全然なかったに違いない。
 そうして此遺伝薬毒の濃厚なのを医学は誤解して遺伝黴毒というのである。此先天的保有せる遺伝薬毒が浄化作用発生によって皮膚から発疹の形で出ようとする、それが天然痘であるから種痘は言わば其浄化発生を停止する手段なのである。処が、それだけでは未(ま)だ可(よ)いとしても、その為天然痘毒素、即ち然毒は体内に残って了(しま)いそれが各種の病原となるのであるから、結局一回の苦痛で短期間に済むものを種々の形に変えて長期間苦しむというのであるから、どうしても盲点を覚まさなければならないのである。而(しか)も、其中の最も悪性なのが結核であるから此事を知ったなら、誰しも驚かないものはあるまい。然(しか)も、ヨーロッパに於ても種痘法施行後、結核が増えたという事実を今から数十年前、唱え出した仏蘭西(ふらんす)の医学者があった事を私は或本で読んで、実に卓見と思ったがそうかといって、ああ醜い痘痕(あばた)を考えたら天然痘の苦痛は一時的であるが、痘痕は一生涯の悩みとなるので種痘は捨てきれず、此説も葬られて了ったのであろう。のみならず然毒が私の発見の如き結核や、その他の病原となるなども想像もつかないからでもあろう。
 従而(したがって)、天然痘に罹るも短期間に必ず治り痘痕など些(いささ)かも残らないとしたら、理想的であって之で解消して了うのである。然し其ような結構な方法がありやと言うに、本教浄霊によれば絶対可能である事を言明するのであると言っても言葉だけでは仲々信じられまいから一つの好適例を左に挿入することにした。

 入信4ヶ月で天然痘治癒した喜び

タイトルとURLをコピーしました