岡田茂吉 種痘は如何にすべきや(天国の福音 昭和二十二年二月五日) | 岡田茂吉を学ぶ

種痘は如何にすべきや(天国の福音 昭和二十二年二月五日)

 既説の如く種痘によって然毒の排泄を抑止し、それが凡ゆる病原となるとすれば、 種痘は断然やめなければならない事は勿論である。然しながら種痘廃止の結果として天然痘に罹患するという事も亦堪えられない苦痛であろう。因(よ)って此問題を解決するには如何なる方法を採用すべきかというに、それに就て最良の方策は漸減的手段を執る事である。何となれば然毒の根元は薬毒である以上、薬剤廃止によって直に効果を顕わす訳にはゆかないからである。相当の時を要する以上、右の方法によって時を待つより手段はないのである。

  然し乍ら本療法に依(よ)る時然毒は自然的減少の結果よりも数倍の速度を以て消滅するのみか、天然痘に罹患するも普通一週間位にて治癒するから種痘廃止に対する危惧は無用といっても過言ではないのである。

タイトルとURLをコピーしました