岡田茂吉 御教え集6号 昭和二十七年一月二十五日 (狐霊の眷属) | 岡田茂吉を学ぶ

御教え集6号 昭和二十七年一月二十五日 (薬毒に狐霊が憑く)

        (お  伺)  石崎アツ子(三十八歳)十三年前に石崎家に嫁入りし、それ迄非常に元気でありましたが、(唯、十八年前姙娠腹膜炎とかで手術した事が御座います)石崎家に参りましてより、年中眩暈がしたり頭痛がしたり、子宮が悪いという有様で、薬を飲み注射をし、又鍼灸を、知らぬ事とは言い乍ら沢山の薬毒を注いで居ります。昭和二十五年八月体がきつく、食欲なく又体が冷くなり、医診では別に悪い所はないとの事で御座います。死の一歩手前迄来た感じが致しておりましたが、教会にて御浄霊を戴く様になり大分調子が良くなり、八月二十八日入信させて戴きました。其頃狐霊が出、以前お参りした事のある近所の稲荷さんの眷属で、殺す目的で憑つている事を知りました。先生方の御浄霊で、この狐霊は一応解決がつきましたので、二十六年五月には熱海にお参りさせて戴き、其後すつかり健康を恢復した様に思われましたが、最近またまた頭が痛かつたり、背中が痛かつたり、又息切れ、動悸がひどく、苦しむ日が多くなり、一月十八日夜教会の座談会の終り頃に、呼吸が苦しく、背中や頭が痛み出し、先生の御浄霊を戴いているうちに狐霊が出て「殺す迄は幾ら苦しくても頑張る」と言つておりました。長男は八年前二歳の時心臓麻痺で、石崎家の父は七年前六十六歳の時腹膜炎で死亡しております。父の兄弟も概ね若死しております。母は後妻で、十五年前四十九歳の時脳貧血で死亡し、実家の方では母は精神病で自殺、弟二人妹一人結核で若死しております。又父在世中十数年間古物商を営んでおり、其時買つた道具類の中に稲荷が三体(西條稲荷、祐徳稲荷、正一位稲荷)棚の上に放つてありましたが、入信後軒下に粗末乍らお祀りしてあります。右御垂示の程御願い申し上げます。

    〔御  垂  示〕

      之がおかしいですね――悪い処がないならば苦しい筈がない。悪い処が解らないと言えば正直で良いです。悪い処がない処じやない。体がきつく――悪い処がなければ、そうなる筈がないじやないですかね。余りにインチキ過ぎるんです。もう少し旨くやったら良い。処が、それに人間が瞞されるんですからね。実に、今の人間の頭と言うのは、何うかしている。実際、本当の迷信ですね。その迷信が、こっちを迷信と言うんだからね。脳貧血――じゃないですね。脳貧血は絶対に死ぬものじゃないですね。随分色んな事があるんですね。之も薬毒病ですよ。それから、狐霊が憑くと言う事は、霊が曇っているから霊が憑くんです。曇りのない霊には憑けないんですね。そこで、霊が曇っていると言う事は、薬毒で霊が曇るんですからね。結局、薬毒で狐が憑く様にしたんですからね。ですから薬毒さえ取れば良いんです。息が苦しく――と言うのは、背中にある薬毒が溶けかかったんです。それから、背中や頭が痛み――と言うのは、この辺(延髄)にある薬毒に浄化が起ったんです。結構なんで心配しなくても良い。それがあるから、狐霊が憑くんです。その薬毒を取っちやえば、狐霊も憑けない。狐霊が殺すと言うが、そんな事が出来る訳がない。神様がなかったら何うか知らないがね。之はお祀りしてあるんですね。大丈夫ですよ。こんな事して、からかうんですよ。ですから、心配しないで、良く光明如来様にお願いして――そうすれば段々良くなりますからね。それから、頭と背中を主に御浄霊するんですがね。押せば解るんですがね。誰が浄霊しているんですか。

        「小倉支部の花田と申します者で御座います」

      力が入り過ぎるんです。だから、溶けが悪い。こう言うのは、直き溶けるんですがね。それから道具屋していて、お稲荷さんを三つ買っていて、棚に上げていた――ああ言う事は大した事はないんですよ。前からお祀りしているんじゃないからね。道具屋ですからお宮も買うでしようからね。それを怨むと言う事は、狐の方が悪いんだから、一寸はあるでしょうが、兎に角理窟に合つていれば良いんです。人間が悪いのならだがね。だから、蛇が害をするのを殺しても、何でもないんです。蛇が何にも害をしないのを、人間が殺すと、相当やられますよ――之は、人間の方が悪いからね。そう言う理窟を考えるんです。そう言う霊的の事はちゃんと理窟が立っているもので、理由さえあれば決して心配要らない。

タイトルとURLをコピーしました