岡田茂吉 眼病 [上体の中部]『岡田先生療病術講義録』下巻(一)昭和11(1936)年7月 | 岡田茂吉を学ぶ

眼病 [上体の中部]『岡田先生療病術講義録』下巻(一)昭和11(1936)年7月

 この前は上体の上部の話でしたが、今日は上体の中部であります。

 眼 病

 一番の眼目は眼で、眼にも種々な病気がある。又この眼病は割合多くて治り難いのでありますが、眼そのものの病気としては治り難い事はない。しかし誤れる療法の為に助かる眼も駄目になってしまう場合がよくあるのであります。

近眼

 近来非常に多いのは何といっても近眼であります。有難くない事には、日本は今――世界一の近眼国だという話です。

 そうして近眼は、多く乱視を伴うものであります。
 それではいかなる原因かと申しますと、初め頸髄から延髄付近の両側に水膿が溜結する。その為に血管が圧迫され、眼の営〔栄〕養、つまり血液の送流が妨げられる結果、眼の営〔栄〕養不足を来すので、それが為視力が弱り遠方が見えない。ちょうど衰弱した人に遠路を歩かせる様なものであります。それが近眼の原因であって、又乱視は同じ原因で、光線と物体映写の刺戟に眼の方が負けるのであります。

 よく乱視の人は日向を見るとまぶしがるのは、光線の刺戟に堪える力が乏しいからであります。

 薮睨(やぶにら)みなどはやはりこの類(たぐい)であります。
 
遠視は近限とは違う。

 近眼の方は、眼は確かではあるが、栄養不良の為ですが、遠視は老齢等の為、眼自体の衰弱であります。

 近眼は近来非常に多く、特に小学生に沢山あります。

 それはなぜかというと、体内にある毒素即ち主に天然痘の残存毒素が小学校へ入って頭を使い始めると、その為に頭脳に向って延髄付近に集溜し固まる結果、前述のごとく眼の栄養不良を来し近眼になるのであります。

 昔は近眼などほとんど無かったであろうと想います。もっとも近代文明は活字の文明とも言うべく、どうしても細い字を読まなくてはならない。それも別の原因をなしているのは勿論であります。

 又、今日まで『天然痘の残存毒素』が判らぬ為に、近眼の原因も判らぬのは止むを得ない事であります。

若くして遠視

 又若くして遠視なる人もあります。これはどういう訳かというと、老人の死霊が憑った場合であります。

鳥目

 鳥目というのがありますが、これも矢張り鳥の霊が憑るので、夜は見えない。それに引換え獣は昼間より夜の方が割合見える。猫などその代表者でありましょう。

 本来、日本人は鳥的人種で、西洋人は獣的人種であります。

 大体、近眼乱視などは栄養不良が原因でありますが、他の眼病は全然違うのであります。

 他の眼病というのは、水膿や毒血が眼球へ集溜する、これが原因であります。

トラホーム/濾胞性結膜炎

 眼病で一番軽いのはトラホームであります。これは瞼(まぶた)の裏へブツブツが出来る。これは主に上瞼に多く下瞼は少いのであります。

 それによく似たので濾胞性結膜炎というのがある。これはトラホームの反対で下瞼に多く粒も細い。小学校などでよく言われる病気でトラホームより治りいいのです。

 トラホームのブツブツはよく手術しますが、これはニキビを一つ一つ潰すようなものであります。この手術をした後一、二年位はいいが復(また)出る。手術しては出来又手術しては出来しつつ段々悪化してゆくのが多いのであります。

 本療法で施術すると非常によく治る。どんなトラホームも治ります。普通は一週間か二週間で治ります。

 上瞼を一寸上へ上げただけで真赤になっているから判ります。

 悪化して来ると眼がゴロゴロします。もっと酷くなると、強い痛みで夜も眠られない程になります。そうして眼の水晶体を擦(こす)るので磨(すり)硝子のようになり、段々見えなくなるのであります。

 原因は、涙に毒素があって粘膜を刺戟し、一種の発疹をするのであります。

 涙にも涎(よだれ)にも唾にも鼻汁にも、有毒と無毒とがあります。肥厚性鼻炎や口唇が糜爛(びらん)するのは皆有毒の為であります。

 歯が悪くなるのは、唾に毒素があるからであります。

 唾液や鼻汁、涙の毒素は、未だ判っていない様であります。

 涙に毒素がある為に瞼の裏が荒れる。その毒素の弱いのが濾胞性結膜炎の原因で、酷いのがトラホームと思えばいいのであります。

 なぜ涙に毒素があるかというと、

 元来、涙は眼を保護するもの、あるいは眼を清潔に洗う為のもので、水分即ち一種の漿液であって、眼へ出る前一旦涙嚢(るいのう)に溜るので、その場合その人に毒素が多い為、漿液として通過する際それが混入するのですから、本療法で眼とその辺一帯と、後頭部及び後頸部を浄化すれば涙が無毒になるから治るのであります。

 次にいろいろな眼病があります。

角膜炎とか結膜炎、糜爛性結膜炎、白内障、底翳(そこひ)等


 角膜炎とか結膜炎、糜爛性結膜炎、白内障、底翳(そこひ)等でありますが、吾々の方では眼病の種類は問題ではない。何となれば治療法が同一だからであります

 底翳なども皆、膿や毒血の集溜固結によるものであります。

 黒底翳は、一番重いとされております。これは眼底へ黒い毒血が凝結するので黒く見え、青底翳は青く見えるので、これは膿の青いのが溜るのであり、白底翳は膿の白いのが溜るから白く見えるのであります。

 白底翳が一番治りいいというのは、白い膿が一番弱性だからで、青いのはそれより悪性なもので、毒血はこれ以上の悪性であります。

 癌なども膿と毒血のと両方あるが、毒血が頑固であります。

 白内障は、眼球へ膿が集溜するんで、これは必ず治るのであります。

 白内障や白青底翳は治るが、黒底翳は難しいものであります。

 眼の玉が白くなっているのが白内障で、眼球そのものが、まるで田螺(たにし)を茹(ゆ)でたようになります。

 早期に膿が固まらない内ですと容易に治りますが、時日を経過して固まったもの程日数がかかるのであります。

 目星(めぼし)も非常に治りいいもので、大抵の目星は一週間位で治ります。これは普通は一つですが数個のもあります。

 眼を診査するには、最初前額からこめかみ辺へ掌を触れ、熱ければ毒素があるので、その他眉の辺上瞼等を押し痛む人は眼球に毒素が溜っている証拠ですから、治療は眼を中心に頭部、顔面、後頭部等を浄血すればよいのであります。

 頬の方の耳の際(きわ)を押して痛む人は、顔面神経に故障があります。

 元来人間は上部即ち頭部、頸部、肩部付近に滞溜する毒素は主に後部でありますが、絶えず鼻耳口などから排泄されようとしている。それは後方には穴がないから、孔のある前の方へ流動するのであります。それの表れとして、眼を使う時は眼へ毒素が集溜され眼病になるのでありますが、実はその際の眼は、毒素排泄の役目を遂行せんと一時自分の家へ集溜さした様なものでありますから、時日の経過によって目脂等で排泄され浄化されるのであります。

 しかし、その事が判らないと、患者に対し極力眼を使わせない様にしますが、本当に治す意味から言うと眼を使ってもよい。なぜなれば、そうすれば排泄すべき毒素をより速く眼に集溜させるからであります。

 出来るだけ毒素を寄せて排泄さした方がよいのであります。

 眼鏡は、出来るだけかけさせない方が好いので、これは胃病の場合の胃の薬と同じ事で、眼鏡の力を借りるから眼の力は退化するのであります。

 次に、眼の養生法をお話致しましょう。

 それは寝ていて本を読むのは極悪い。以前、眼の悪い患者を治療していた時、なかなか治らぬので、ふと気が付いて、寝ていて本を読むのではないかと訊(き)くと″そうだ″と言うので、そこでよく説いて、それをやめさせてから良くなった事があります。

 元来人間は、横になれば眠る事に決っている、横になって本を読むのは天理に外れてる。本を読むのは起きて机にでも向うのが本当であります。ですから眼の悪い人には、それを訊いてみる必要があります。

 又、電車の中で読むのは、見ている物が動くので極わるい。夜電車内で電灯の薄暗い光で読むのは殊に悪い。私は先に大森から東京へ通っていた事がありますが、退屈するので新聞など読んだが、ドシドシ視力が衰えるのでそれに気が付き止めた事があります。

 眼は洗うという事がありますが、これも感心出来ない。それは涙程結構なものはない。硼酸(ほうさん)などで洗うと一時良いようですけれど、眼に薬を入れるから薬が沁みる。その薬が時日の経過によって毒素になるからで、長く眼を患い、いつも眼がクシャクシャしている人は薬の中毒が多いのであります。

 三月程前に、眼科医で眼病となり、二ケ月半程あらゆる最新の治療をしても治らなかったのが、私の所へ来て一週間ですっかり治った人があります。その時の記録を御本人が書いてくれましたから、それを読んでみます。

     (原文のまま)
「私は明治二十六年以来四拾年以上眼科専門医として開業医生活を続け今日に及んだ者です。故に実地医家として専門治療には相当に自信あるつもりです。

 しかるに本年三月十三日入浴の際不幸、石鹸かぶれの為、翌十四日より左右眼瞼(がんけん)内外眥(さい)部に僅かの糜爛(びらん)を起しいささか痛みを感ぜしも敢(あえ)て意とせず毎日業務に従事せり。しかるに数日の後には病勢急に増進、上下眼瞼全部に湿疹を起し、眼瞼縁炎と共に日夜殊に夜間の掻痒(そうよう)はなはだしく、毎夜安眠する能(あた)わず実に閉口致しました。申すまでもなく自分の専門的治療故いろいろの薬品を使用し、その他静脈注射やら太陽灯やら種々に手当致すも更に無効否薬液乱用の結果か病勢益々悪化するばかりです。

 勿論三月末より休業、某大病院に某博士の診察も受け、その指示に依って治療もし、又四月中旬には某医の特別注射療法も受けたるも、病勢少しく軽快するかと思えば両三日後には又忽(たちま)ち逆転するのみならず、余りに攻め付けたる為――遂に病は眼球結膜及び角膜に炎症を及ぼし、四月末には視力〇・一即ち十分の一という心細き有様となりました。それまでの実験上、最初良薬と思いしものが数日の後にはいずれも反って有害となり、又皮膚も結膜も非常に敏感となり、いかなる薬も刺戟はなはだしく耐ゆる事能わず、と申して薬を用いねば一種言う能わざる痛むがごとき乾燥感に堪え難く、拠(よんどころ)なく日夜何回となく無数にただ麻酔薬の点眼を続くるの止むなきに至りました。

 五月初めに至り、未だ嘗(かつ)て実験せし事なき病状の変態にあるいは他に何か障りにてもなきかと六日――某祈祷者を訪(おとな)い伺を立てしところ、昨年夏本命に当る地所を修築せし方災の為とてその方災除けの御祈祷を受け、七日間にて治すると言われ毎日通う内、幸に痛感去り眼瞼皮膚の病状大いに軽快夜間安眠を得るに至り、視力も一旦〇・五に恢復し大いに感謝しつつありしが、二、三日にして又〇・三に減じ、なお祈祷を続くる事二週三週、ついに意を決して恥しさを忍んで五月三十一日半蔵門に岡田仁斎先生の治療を受くるの止むなきに至る。

 しかるに翌六月一日になって諸症状大いに軽快視力〇・七に恢復、二日には〇・九、六日に全視力を得るに至る。その恢復の速き事実に驚くの外なし。しかも毎日業務に従事しつつなお且つかくのごとし。

 六月十一日、治療を受くる事僅かに八日にして二ケ月半余も悩みし頑固なる悪疾も忽ち全快するに至る。実に有難く嬉しく感謝しつつ恥しき実験談を皆様に御報知致す次第であります。」

 この記録にある通り、一週間で眼はすっかり治りましたが、最後に瞼の糜爛だけが残りました。私はこれは薬の中毒だと言うと、その人も「自分もそう思っている」と言いましたが、要するに薬の中毒だけが残ったのであります。

 そうして眼を治療する場合は、指を触れる訳にはゆかぬから全然患部に触れないで*空中を擦(こす)るのと吹くだけで治るのであります。



 眼は人体の日月でありますから、日月を隠すのは雲で、これを吹き払うのは風である様に、その雲を吹き払う意味で強く吹き、そして周囲も出来るだけ浄化するのであります。

 眼は後の方をよく治療するのです。眼の悪い人に限り、眼の裏の方が非常に凝っているものでこの辺をよく浄化するのであります。

 次に、婦人においては、産後七十五日は決して眼を使ってはなりません。産後悪くしたのは一生涯治らない。ですから産後だけは充分眼を大事にしなくてはならないのであります。

 又、薬の中毒で悪くなる事もあります。以前六百六号の注射をした為に全然失明した人もありましたが、これは薬が原因ですから仲々治らない。少しは良くなるがとても治らないから、これは二、三年経ってから来なさいと言ってやりました。二、三年経つと薬剤は膿になるから、膿になってから溶し易いのであります。

 霊的の眼病も多くあります。これはほとんど蛇の霊で、以前私はその蛇の霊を祀って治したものですが、非常によく治ります。

 これは蛇を殺す場合によく頭を潰すので、その際眼をも潰し盲蛇になるので、その死霊が人間に憑ると人間の眼が見えなくなるのです。私は今まで祀って沢山治したのでありますが、今は忙しいのと誰もが出来ない事と迷信視せられる懼(おそ)れがある等でやめております。

 以前、鶴を殺した人に鶴の霊が祟(たた)って、嘴(くちばし)で眼球を突つかれて失明したという話を聞いた事があります。これは事実あるべき事であります。

 そうして蛇の祟る場合は、どういう訳かというと、祖先の死霊が霊界で蛇になり一家を守っている。それは家門へ対する執着の為であります。

 元来蛇は、執着の物質化ともいうべきものであります。それを知らずに殺すと、元来が祖先であり、執着者であるから非常に怒るので、それが子孫へ祟るのであります。そういう蛇はほとんど青大将で、昔から旧い家の土蔵などによく居りますが、皆それで、これは絶対に殺してはならないものであります。

 鍛冶屋などで、よく火華(ひばな)が飛んで眼が悪くなりますが、これも時が経てば必ず自然に治癒されるものですから、放っておいてよいのであります。

 又、瞳の見当違いの人があります。これは某大実業家の令嬢でしたが、生来酷い薮睨みで、眼が見当違いなので、踊りの場合など顔の位置が調わない。それを治療した所一ケ月位で全治し、踊りの際顔の位置が正しくなったと言って喜んで居りました。これは、眼を動かす筋を水膿溜結が妨害して居ったものであります。

 又、眼を開けているのが苦痛なので、自然眼を塞ぐ人があります。これは額の辺に水膿が溜結しているから、これが為重くなるのであります。

 バセドー氏病で眼が飛出る事がありますが、これは後の方でお話致します。

 色盲は、人間以外の霊が憑く為であります。畜生や鳥の霊などは想像も付かぬ程に物体が変って見えるのであります。

 馬などは、人間が非常に大きく見えるといいます。ですから馬が暴れた時、人間が両手を拡げると必ず停るというのであります。で、畜生は人間の様にあらゆる色彩を見る事が出来ない。それは人間の様にあらゆる声音言葉が現わせないのと同じ訳で、動物の音声は一種か二種より現わせない。そのごとく色彩も一種か二、三種より判らないのであります。

 又面白い事には、毒素が眼へ集溜した場合白眼の方は紅くなり、黒眼の方は白くなるのであります。

 特に、眼病の治療日数は、最初において言明する事は不可能でありますから、まず一週間位治療し、その効果によって判断すべきであります。

*空中を擦(こす)るのと吹く ・・・・当時の治療法と思われます。

タイトルとURLをコピーしました