岡田茂吉 癌 『アメリカを救う』 昭和28年1月1日発行 | 岡田茂吉を学ぶ

癌 『アメリカを救う』 昭和28年1月1日発行 ※胃癌(御蔭話)

 この病気は肉食病といってもいい位のもので、これを根本的に説明してみると、最初造物主は人間を造った時、その食物としては穀物、野菜、獣鳥肉、魚等夫々人体に適合した物を造られ、それを食う事によって、健康で生を営み得るようにされたのである。勿論住んでいる風土、気候や人種別にも適応するようになっているのは勿論で、それが自然である。従って米国に於ける大いなる沃野と、其処に生産する穀類、野菜、獣鳥肉等が豊富であるのも植物性と動物性植物を適当に食えという訳である。また日本は陸地が狭く、海に取り巻かれているのは、魚肉を多く食えというのである。

 処がその様な自然の実体を、科学という魔法使が打ち壊してしまい、人体を単なる物質扱いにした結果形而下的には進歩発達はしたが、形而上の存在である人間の生命迄も形而下に引き下し、栄養学等という飛んでもない学問を作り、皮相なる分析上から獣肉を推奨したのであるから、今日の如く肉食過多に陥ったのである。処が元来獣肉には一種の毒素が含まれており、この毒素が漸次集積し固結したものが真症癌であるから、自然はこの肉毒中和の必要からも野菜があるので、穀類は別とし副食物としては相当量野菜を交ぜなくてはならないのである。そうすれば決して癌は発生しない。としたら米国などは肉と野菜と半半位が丁度いい訳である。何よりも菜食多量の民族には癌はない筈である。近来日本に於ても癌はあるにはあるが、米国とは比較にならない程少数であるのは、全く日本は生活が低く、肉食が少ないからである。

 次に注意したい事は、単に癌といっても真症と疑似との別がある。即ち右にかいたのは真症であるが、実は疑似の方がズッと多く、この点日本も米国も大差ないであろう。この疑似癌の原因は、無論悪性な薬毒の一種であるから、薬を廃止する事によって無くなるのは勿論、罹病の場合薬を廃め菜食を多くすれば長くは掛かるが少しずつ治ってゆくから、左程心配はない訳である。

胃癌全治して二十カ月の今日

   佐賀県杵島郡武雄町若宮
             帰一中教会 永吉範行(47)

  
 昭和二十五年三月二十六日、突然の来客に応対して色々話を聞いておりましたところ、杵島郡北方町字久津具、原秀一様(58才)が実は胃癌との事、「ぜひ来て頂きたい」と申されましたので、行って見ましたが大分重態のようでした。それに一回の浄霊で、「こんな事で良くなるものか」と本人が思われたのか、断られたため、入信者でもない人だし、もし万一の事があったら面白くないと思っていた私の事ホッとした気持で帰りました。それから四日後の三十日の晩に再び秀一様の子供様二人連れで支部(当時の教導所)に参られ、「全く申し兼ねますが二十七日以来医者に御願いしておりますが、四日間での衰弱が急速なため、医師も驚いたのか、家族の者に『一度立会いをさしてくれ』との事で、『それは立会いされてもよいが、立会いしたらどうなりますか』と尋ねたら『当然入院して切開手術を致さねばなるまい』との事に『手術をしたら大丈夫ですか』と問えば、『手術しても保証は出来ない』との事、『それでは手術しても、せずにも、どうせ助る見込みがないようでしたら手術は見合わせます』と言って医師を断りましたので、死んでも思い残しはないから、今度だけはぜひ神様にお縋りすると本人から申しますので、誠にわがままですけれどお願い致します」と言って来ましたので三十一日に行き「三日間だけ来て上げますから、その後もぜひと思われるようでしたら申して下さい。それでないと三日間で後は参りません」と言っておきましたら、三日目に「後も来て下さい」との事又三日間の日切りして行きましたが、その二日間は一日に牛乳五勺も咽喉を通らず、冷汗は絶え間なく出るので、今日は忌中の紙を戸口に貼ってあるのではなかろうか、又翌日も今日は貼ってないだろうかと家につくまでは気にしながら三日間行きましたが、三日目計六日目には大変楽になっておりましたので、どうやら安心致しまして、この様子では命を取り止めるのではないかと思いました。と同時に明主様の御霊徳と言い、御浄霊の偉大さと言い、全く人智では計り知れないところがある事を痛感しました。なお日増に元気が出て来られましたので、後は又四日間続けて合計十日間行ってやり、十日目に私は「明日から別府にお参りして来ますから、三日間は参られないけれど、今度別府より帰って御宅へ来る頃は、寝ていたくはない位の気持になっておられると思います」と申してその日は帰りました。そして四月十三日再び行って見ましたところ、ちょうど私が家の前に近づいた時、本人は奥様に縋って、小便に立っておられましたので、想像通り大分良くなったなあーと自分の事のように喜びまして本人に会ってみますと本人はもとより家族の者の喜びは筆舌に尽されませんでした。又ちょうどその日は隣家の○○という人が、同じ胃癌で、近所の噂では「原さんと○○様とどちらが先に死ぬか」とまで話に出ていたその人は、病院に行き手術を受けられたのが、その日(十三日)朝病院で死亡され、戸板に乗せられて自宅に帰られたとの事、誠に人間の一生というのは、どこで差がつくか判りません。その後は時々浄霊に行っておりましたが、その年の秋の農繁期より発病前と変らぬ仕事をしておられ、全快後は一年八カ月の今日に至るも、何事なく元気で働いておられるのを見ましても、御浄霊により恢復したのは、再発の心配皆無の事が判ります。なお全快直後に御報告申しあげるべきはずのところ、果して一年後にも何事もないかを確めて、との本人の意志により、約二十カ月後の今日まで御報告を延した事につきましては、重々御詫び申し上げますと共に、入信日浅きお方の御参考にもなる事と思い、ここに御報告さして頂きます。
 明主様有難うございました。
  (昭和二十七年二月一日)

愈々駄目だと思った胃癌より救われた喜び

   佐賀県神埼郡東背振村大字大廻
           帰一中教会 古川三郎(54)

 私は現在ごく田舎の一農夫であります。若い時は種々な役人生活をしておりましたが、昭和八年より郷里で農業に従事しております。慣れない労働のためか又は若い時に大酒を飲んだためか、胃病に悩まされ常に薬を離した事がありませんでした。ちょうど二十五年六月より病気は急に悪化し、労働に堪えないようになりましたので、あちこちと病院通いは勿論、人に話されないような草根木皮を服用したり、その暇には神様参りを致しましたが一向に効果なく、身体は衰弱するのみで、精神まで萎縮しました。ある日『民間家庭療法』という著書を読んでおりましたところ、私の病状が胃癌そっくりの症状でありますので、二十五年八月保健所で診察を受けましたところ、胃癌だと直接言われましたので、私は吃驚仰天死刑の宣告を受けたような気になりました。このような気持は経験者でない限り分らない悲しみと思います。右のような状態で、私もいよいよ駄目だと絶望的な気持になりましたものの、子供等の将来の事が心配でなりません。親が子を思う事は誰しもの事でありましょうが、死病を担いでいる親の心は又格別の事であります。故に私は田畑、山林、家屋等の家財台帳やその他必要事項を記録し、家の沿革史として子供等の将来の参考資料として残す事にしたのであります。しかし元来勝気な私はどうかして病気を征服したいと色々と苦悩し、神経衰弱の一歩前までになりました。しかし神仏はまだ私を見捨て給わなかったのでしょう。二十六年正月、ある用件で隣村の中牟田様方を訪れましたところ、偶然にも光明如来様の御利益を承り、しかも中牟田様は既に入信しておられかつ又、幸にも佐世保支部より矢川先生が御出になっておられましたので、早速御浄霊を御願いし、続けて七回の御浄霊でほとんど恢復(かいふく)にむかい、その後とぎれとぎれに四回程御願いしましたところ完全に恢復し、本年は春の副業から麦の穫入、田植と働き、今では体重も病気前と変らないように肥え、悩み続けた過去を考えますと無駄な事ばかりだったと思います。全く光明如来様の御利益が不思議でならず、ただ感謝の心持で一杯であります。ただ今では一家円満農業に励んでおる次第であります。光明如来様は私の身体を造り直して下さいました。なお絶望していた気持まで朗らかに更生さして戴きましたが、私のごとき田舎者の無学では感謝の意志さえ表示出来ませんので、以後はこの有難い光明如来様の御手におすがりして、病気や貧乏の色々ごたごたのない立派な自由国を作りたいと思います。終りに光明如来様へ御導き下さいました中牟田様、矢川先生に御礼を申し述べ、あわせて私と同じ様な病で悩んでおられる御方がありましたら、ぜひ一日も早く御利益を御受けなさるよう御奨め申し上げます。
 明主様誠に有難うございました。
 (昭和二十六年十二月一日)

タイトルとURLをコピーしました