岡田茂吉 御垂示録1号 昭和二十六年八月一日 ③ *然毒と薬毒、聖地 | 岡田茂吉を学ぶ

御垂示録1号 昭和二十六年八月一日 ③ *然毒と薬毒、聖地

       《お伺い》 「痛みは全て薬毒だとお教え頂いて居りますが、母親が三年間無医薬で出来た子ですが、痛みが出ますのは然毒で御座居ましょうか」

      《御垂示》之は然毒でなくて薬毒です。然毒が薬毒だから、之は古いんだから、かゆいんで す。痛いのではなくて、かゆい方です。

     《お伺い》 「一代位では取れませんで御座居ましょうか」

     《御垂示》 然毒は一代位では駄目です。数代ですね。天然痘は、古いのは極くかゆいんです。 新しいのは、かゆいのと痛いのです。

      《お伺い》「種痘致しませんと、天然痘の様に出て参りませんでしょうか」

      《御垂示》 必ず、とは言えません。少ないのと、多いのとあるから、

      《お伺い》「疥癬が済んで居りますのは――」

      《御垂示》 疥癬が然毒ですから、済んでるのは出ませんよ。疥癬のひどいのは天然痘の様ですから。

       《お伺い》 「地上天国の幻燈をお写しになられましたが、あれをお借り致しまして、他の無肥料の写真、十国峠の景色と一緒に写しました処、地上天国のを写させて頂きますと、観音様のお姿が拝されたと言うので御座居ます。他の無肥料や十国峠の景色には見えないそうです」

      《御垂示》不思議はないですがね。だから、全然気分が違いますね。

タイトルとURLをコピーしました